ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

2018年上半期に本当に買ってよかったものまとめ!【Amazon/楽天】

f:id:gurattoki:20180623065007j:image

こんにちは、ぐらっとです。

2018年ももうすぐ半分が終わるということで、Amazonと楽天で上半期に買ってよかったものをまとめてみました。

この記事に載っているモノでさらに詳しく知りたいと思った方は、それぞれのモノに関するレビュー記事へのリンクもありますので、そちらにアクセスしてみてください。

2018年上半期に買ってよかったもの 

それでは2018年上半期に買ってよかったものをカテゴリ別に紹介していきたいと思います。

文房具

トラベラーズノート パスポートサイズ

f:id:gurattoki:20180414060328j:plain

まずは革製のカバーがめちゃくちゃ気に入っているトラベラーズノート。いつもバッグに入れて持ち歩いていますが、やっぱり紙のノートっていいなと思いますね。

革の経年変化も楽しめつつノートとしての機能としてもかなり秀逸です。

スケジュール帳や無罫ノートなど、いろんなリフィルで自分好みにカスタマイズできるのでおすすめのノート。

デルフォニクスインナーキャリング

f:id:gurattoki:20180623203213j:image

こちらはバッグインバッグで使っているキャリングケースになります。主に目薬は常備薬、イヤホンなんかを入れて使っています。

それ以外にもガジェットケースとしても優秀で、ぼくの持っているサイズでAmazonのKindleがぴったり収まるくらいのサイズ感。

ポケットの数も多いので使い勝手は間違いありません。

カメラ関連

ソニー DSC-RX100

f:id:gurattoki:20180427131741j:plain

カメラ関連ではじめに紹介するのは、ソニーの高級コンデジであるRX100シリーズの初代機です。

ぼくは一眼レフカメラも持っているのですが、このコンパクトさに惹かれて購入したもの。

現在RX100シリーズは6機種が併売されていますが、初代機でも写りは十分良くて買ってよかったと思っています。

いつでも大きさをきにせず持ち歩けるのはほんと最高。

RX100 偏光(PL)フィルター

f:id:gurattoki:20180506185511j:plain

つづいては、さっき紹介したRX100にとりつけるフィルターです。

これをカメラにとりつけることで海面や滝などの反射やなどを抑えられて、よりキレイな写真を取ることができるという優れもの。

あとは晴れの日などで露出オーバーでの白飛びを避けるためにこのフィルターをつけてRX100を使っています。

NDフィルターほどではないかもしれませんが、効果は感じますね。

マンフロット ミニ三脚 POCKET S

f:id:gurattoki:20180602064509j:plain

次はコンパクトな三脚。こちらもRX100にとりつけています。

f:id:gurattoki:20180602064623j:plain

この三脚はとりつけていても、全くかさばらないので普段からつけた状態のまま。

夜景を撮りたいときや、手持ちではなくどこかにカメラを置いて写真を撮りたいときなんかは活躍してくれています。

革製品

土屋鞄 ウルバーノ マネークリップ

f:id:gurattoki:20180313224613j:plain

初めてのマネークリップとして選んだ土屋鞄のウルバーノ マネークリップ。とにかく質感が最高な逸品です。

カード収納できるポケットも多数あって、革の質感も好みだった点がこの土屋鞄のマネークリップを購入した理由です。

購入して数ヶ月経ちますが、ぼくは買ってよかったと感じています。

土屋鞄 ブライドルBOXコインケース

f:id:gurattoki:20180401115248j:plain

マネークリップを買った後に買ったコインケース。

ぼくは出来る限りカード支払いで済ませているのですが、どうしても現金を使う場面が出てきます。

そんなときにマネークリップだと小銭があふれてしまうのでこちらのコインケースを購入しました。

ブライドルレザーで質感もよくて、これからの経年変化が楽しみなモノのひとつです。

ビジネスレザーファクトリー ポーチM

f:id:gurattoki:20180520183904j:plain

こちらのレザーポーチ、なんと2,500円で買えちゃうという優れモノ。

普通に革製のポーチを買おうと思ったら10,000円近くするはずですが、このお値段で買えるのは企業努力の証でしょう。

このブランドのモノは全般的にかなりお手頃な価格なので、革製品デビューにはもってこいのオススメブランドです。

ファッション

ビルケンシュトック サンダル ギゼ

f:id:gurattoki:20180623064829j:image

ブログでは紹介していなかったのですが、ビルケンシュトックのサンダルも2018年上半期に買ってよかったモノのひとつ。

夏場はサンダル派なのですが初のビルケン。使い始めは少し固いような気がしたものの、使っていくうちに自分の足に馴染んでいい履き心地になってくれました。

かなり長持ちしてくれるというレビューを見るので、多少高くても十分に元はとれるはず。

書籍

ここからはブログでは紹介していなかった書籍関連を2冊だけ紹介しておきたいと思います。

お金2.0 新しい経済のルールと生き方

f:id:gurattoki:20180623195627p:plain

 

書籍のひとつめがお金2.0。

話題になった本でいろんな方がおすすめしていたので読んでみたのですが、「価値主義」という考え方がとても面白いという点と、現状の経済に関して学ぶことができたのでぼくにとっては有用な本でした。

ぼくはこの手の本はあまり読んだことない素人だったのですが、それでもわかりやすい解説だったので、普段こういった本を読まない方でも試しに読んでみると面白いかも。

モノマリスト本 思考と暮らしをシンプルに 人生を変えるモノ選びのルール

f:id:gurattoki:20180623064941j:image

2冊目に紹介したいのは、通称モノマリスト本と呼ばれる本。

ブログ「monograph(モノグラフ)」を運営されている堀口さんの著書で、著者の考え方であるモノマリストについてやお気に入りのモノたちが紹介されています。

ぼくは以前からブログの方も読ませて頂いていてこの本には、モノマリストである堀口さんの考えが凝縮されていると感じました。

ときめくモノをあつめよう。とはモノグラフのサブタイトルですが、まさにその言葉どおりの一冊になっていますね。

まとめ

こんな感じで2018年上半期に買ってよかったものを紹介してみました。

この記事を書いていて思ったのは、ガジェットがメインのブログながらも上半期はほとんどガジェットを買っていないということ。

下半期は9月頃に発表されるであろう新型iPhoneを購入したいと思っているので、それに伴ってガジェット類をたくさん紹介できるように仕事を頑張ろうと思います。

今度は下半期に買いたいものの記事でも書こうかなぁ。笑

最後まで読んでいただきありがとうございました。