ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPad Air 4 1週間使用レビュー|iPad Pro 2018年モデルとの比較も

f:id:gurattoki:20201028071550j:image

こんにちは、ぐらっとです。

この記事では大幅アップデートされたiPad Airシリーズの最新モデルである第4世代iPad Airをレビューしてみたいと思います。

開封からの外観レビューと実際に使用してみた感想、さらにはiPad Pro 11インチの2018年モデルとの比較も行っていますので、購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

iPad Air 4 外観レビュー

f:id:gurattoki:20201027071358j:image

まずは外観レビューということで実際に届いたiPad Airを開封するところから。

f:id:gurattoki:20201027071416j:image

やはりこの開封の瞬間がわくわくの最高潮。

f:id:gurattoki:20201027071425j:image

外箱はカラフルでかなりポップな印象ですね。

f:id:gurattoki:20201027071449j:image

ペリペリを剥がして開封します…

f:id:gurattoki:20201027071410j:image

ついにiPad Air 4とご対面。

今回からiPad Proシリーズと同様にベゼルレスのデザインになっています。

f:id:gurattoki:20201028071405j:image

内容物はiPad Air 4本体と充電アダプタ、そしてUSB-C to Cケーブルにスタートガイドとなります。

充電アダプタは20w対応でiPhone12シリーズでも最速充電可能な仕様。

iPhone 12からはアダプタが同梱されないのですがiPadは継続ですね。

ここでぼくが今回購入したiPad Air 4の仕様を紹介しておくと、カラーはスペースグレイでストレージ容量は64GB、そしてWi-Fi+Cellularのモデルを購入しました。

この組み合わせにした理由は後々詳しくお話していきます。

f:id:gurattoki:20201027071445j:image

ぼくの場合、開封してまずやることといえばディスプレイの保護。

ということで、あらかじめ購入していたガラスフィルムを貼りました。今回貼ったのはNimasoというメーカーのフィルムです。

iPad Pro 11インチと共用で実際に貼ってみたところ、特に違和感もないので問題なく使えそうですね。

f:id:gurattoki:20201027071438j:image

ここからは外観をチェックしていきます。

まずは背面から、Cellularモデルのためアンテナ線はありますがその他はWi-Fiモデルと同様です。

カメラは一眼、その他特筆するような点はないですが、このエッジのあるiPad Proと同じ形状はやはりぼくの好みです。

iPad Air 4はポップなカラーが多くて、スペースグレイはあまり人気なさそうだったんですが、スマートキーボードとの組み合わせで使うことを考えると一択な気がします。

f:id:gurattoki:20201027071402j:image

続いて上面側はこんな感じ。

スピーカー穴自体は2つありますが、実際はこの上面と底面に各1つずつしかスピーカーはないので、1つのスピーカーから音が出るものと思われます。

f:id:gurattoki:20201027071351j:image

また今回のiPad Air 4で新たに導入された電源ボタンのTouch IDがこの黒いボタンです。

通常の電源ボタンより一回り大きいですね。触ってみるともちろん押し込みも可能でした。

f:id:gurattoki:20201027071354j:image

こちらは底面側で、なんといってもiPad Airシリーズでは初めてUSB-C端子に対応しています。

この点は正直かなり大きくてApple製品のLightning端子がUSB-Cに切り替わることを願っている方は多いはず。

f:id:gurattoki:20201027071421j:image

側面をみると、SIMスロットとApple Pencil接続用の磁気コネクタがありますね。

f:id:gurattoki:20201027071442j:image

もう一方の側面は特に何もなし、ここまでで外観のチェックは終了です。

f:id:gurattoki:20201027071435j:image

ということで初期設定を完了させました。ここからちょっと趣向を変えてiPad Pro 11インチとの比較をしていきたいと思います。

iPad Air - Apple(日本)

iPad Pro 11インチ 2018モデルとの比較

f:id:gurattoki:20201027071540j:image

ここからはぼくが今まで使っていたiPad Pro 11インチ 2018モデルと外観を比較してみたいと思います。

スペースグレイがAir、シルバーがProになります。

f:id:gurattoki:20201027071543j:image

全体的なデザインは大きく変わりません。カメラは一眼でベゼルレスなデザイン。

AirはCellularモデルのためアンテナ線のラインが入っています。

f:id:gurattoki:20201027071537j:plain

左:Pro 2018 右:Air 第4世代

ベゼル幅は見比べると結構違いますね。

Air単体で使っているとそこまでベゼルが太いとも思わないので、まあこの感じ方は個人差あると思います。

f:id:gurattoki:20201027071552j:image

実際に図ってみると2mmくらいの違いに見えます。これを大きいと見るかそうでもないとみるか。

f:id:gurattoki:20201027071546j:image

ぼくの場合はこうやって実際にディスプレイを見比べてもそこまで違うと思わなかったですね。 

じっくり見比べると違うけど、実使用上はディスプレイサイズに不満を感じることはなさそうかなという印象です。

iPad Air 4を実際に1週間使ってみた感想|iPad Proとの比較も

f:id:gurattoki:20201028071550j:image

実際にiPad Air 4を使い始めて1週間が経過したので、使ってみての感想をまとめていきたいと思います。

ぼくの使用スタイルとしては、Smart Keyboard FolioとApple Pencilはそこそこに使って、メインは動画視聴や電子書籍を読んだりする感じです。

そしてiPad Pro 11インチ 2018モデルからの乗り換えになります。この乗り換えの理由は単純でCellularモデルがほしかったから。

屋外で回線接続を気にせずに使えるCellularモデル、金銭的に問題ないなら絶対におすすめですね。

ちなみにもともとはiPad Pro 2018年モデルの整備済み品のCellularモデルを狙っていたんですが、なかなか手に入らずにいたところでiPad Airの新モデルが登場したためにAirのCellularモデルを購入したというわけです。

f:id:gurattoki:20201028071114j:image

そんなわけでiPad Pro 11インチ 2018モデルで使っていたSmart Keyboard Folioはそのまま流用できます。カメラ穴もぴったりなので違和感なし。

互換性も問題もなく普通に使えています。

スピーカーはProの方が優秀

f:id:gurattoki:20201027071413j:image

iPadを一番使う用途としては動画視聴なんですが、これは特に不満なく使えていますね。

iPad Proとの比較でいくとスピーカーの数が違って、Proが4スピーカーに対してAirは2スピーカーということもあり差を体感する程度には違いはありますね。

具体的にいうと同じ音量にして比べるとProは4スピーカーで余裕がある音なんですが、Airは同じ音量でも本体が震えていて余裕のない感じがわかります。音自体もやはり滑らかさが違うのが体感できるレベル。

ただ、Air単体で聞いている限りはこれじゃ内蔵スピーカーは使えないとかそういったレベルではないので、音質を重視する動画でない限りは普通に楽しめるかなと思います。

音質を重視したい場合はスペーカーでもイヤホンでも外部に任せればいいですし、Airのスピーカーも許容範囲内かなと思いますね。

Pencilの使用感もProとは違うものの許容範囲

f:id:gurattoki:20201027071432j:image

続いてはPencilなんですが、Air単体で使っている限りはApple Pencil 第2世代対応で全く問題ない使用感で快適に使えています。

ただもともと使っていたiPad Proと比べると追従性が落ちているのは正直体感できるレベルです。

ProMotionテクノロジーで120Hz出るiPad Proと比べると単純にヌルヌル感は落ちますね。

そうは言ってもメモ書きや画面タッチなど普通の使い方をする限りはなんの問題もないという印象です。

全般的な満足度はかなり高い

f:id:gurattoki:20201028071114j:image

ここまでいくつかの視点でフォーカスして書いてみましたが、全体的な使用感はかなりよくて買ってよかったと思っています。

A14の最新チップを搭載していて、ブログを書いたり、動画を視聴したりする程度の使い方ならカクつくようなことも全くありません。

ちなみにストレージは64GB、今までもiPadは最小構成のストレージを選択してきましたが困ったことはありません。クラウドを活用すればこれでもまったく問題ないですね。

もちろん、動画編集や写真をバリバリにいじりたい方なら話は別ですが、ぼくはストレージ容量を増やすくらいならアクセサリを揃えたい派って感じです。

結論としてはiPad Proほどの機能性はいらないけど、ベゼルレスデザインやApple Pencil第二世代が使えること、豊富なカラバリそしてUSB-C対応などAirを選ぶ理由は結構多いと思っていて、iPadの中でもちょうどいい立ち位置にあるのがiPad Airなのかなというのが実際に使ってみた感想です。

まとめ

f:id:gurattoki:20201028071550j:image

こんな感じでiPad Air 4をレビューしてみました。

Cellularモデルを安価に手に入れたいという目的でProからの買い替えを決めたわけですが、今までProモデルを使っていた身からするとPencilの使い心地やスピーカーの音質など若干気になる点もあります。

ただ、ぼくの場合はそこまでクリエイティブな使い方をするわけではないので、必要十分だという感じがしています。

ぼくも含め、無印iPadでも大半の方は満足できる気はしますが、デザインの面やUSB-C対応、その他細かい機能差でAirを選択するのは全然ありだと思っています。

これからはAirをいろんなところに持ち出してガシガシ使っていきたいですね。

また実際に長期使っていく中で気づいたことがあれば紹介したいと思います。

iPad Air 4と使っているアクセサリー 5つまとめて紹介する - ぐらっと記

次はこちら:iPad Air 4を持ち運べるサコッシュ

f:id:gurattoki:20201004155612j:plain

少し前に買ったポーターのサコッシュ、iPad Air 4がぴったり収納できるサイズ感でめちゃくちゃ重宝しています。

iPadを持ち歩きたいけどちょうどいいバッグがないって方、これおすすめですよ。

iPad Pro 11インチ/iPad Air 4が入るサコッシュ|ポーターのコッピをレビュー - ぐらっと記