ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

フルメタルケースのGショック「GMW-B5000-1JF」レビュー|所有欲を満たす最高の質感!

f:id:gurattoki:20180902193424j:image

この質感がGショックでも味わえるとは…!

こんにちは、ぐらっとです。

このところネットショップで毎日、そして時計屋さんにも行く度に探していたメタルボディのGショックをついに手に入れたので紹介したいと思います。

とにかく所有欲を満たしてくれる仕上がりなので、Gショック好きにはたまらない逸品ですよ。

Gショック GMW-B5000シリーズ

f:id:gurattoki:20180902190039p:plain

今回ぼくが買ったのはG-SHOCK誕生35周年記念モデルの「GMW-B5000-1JF」。

バンドを含めてフルメタルの「GMW-B5000D-1JF」とフルメタルケースでバンドがウレタン素材の「GMW-B5000-1JF」がラインナップされています。

限定品ではないけれども、発売開始からずっと品薄が続いているシリーズで、今回たまたま近くの時計屋さんで見つけたので即購入しました。

もともとバンドも含めたフルメタルの方が欲しいなと思ってたんですが、実物を見るとウレタンバンドとメタルケースがマッチしていて、結果的にウレタンバンドモデルを購入しました。

 

GMW-B5000-1JFレビュー

それではさっそくレビューしていきたいと思います。

f:id:gurattoki:20180902193536j:image

外箱は普通のGショックと同じですね。

f:id:gurattoki:20180902193530j:image

中にさらに箱が。取扱説明書と保証書も同梱されています。

f:id:gurattoki:20180902193424j:image

中の箱を開けると…ついにご対面です!

f:id:gurattoki:20180902193533j:image

f:id:gurattoki:20180902193540j:image

反転液晶なのもぼくとしてはかなり高評価したいポイント。フルメタルの方だと一般的な液晶画面なので、反転液晶が好きなら迷わずこちらを選ぶべし。

メタルケースでありながら耐衝撃性はそのまま保持しているので、ガシガシ使えるのもポイント。

f:id:gurattoki:20180902193850j:image

裏蓋はこんな感じ。スクリューバックで裏蓋さえもカッコイイ。

f:id:gurattoki:20180902193847j:image

バンドはウレタン製で装着性は普通のGショックと変わりありません。

主なスペックもここで紹介しておきます。

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • スクリューバック
  • 無機ガラス
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: ステンレススチール
  • メタルバンド(ステンレススチール)
  • タフソーラー(充電システム)
  • 駆動時間:機能使用時-約10ヵ月 パワーセービング-約22ヵ月
  • ケースサイズ : 49.3×43.2×13mm
  • 質量: 96g

 

メタルケースの質感が最高すぎる

f:id:gurattoki:20180902193704j:image

なんと言ってもこの質感!普通のGショックにはない高級感でたまりません。

シルバーに反転液晶は個人的にはかなりツボで、ほんと素晴らしい。完全に惚れました。笑

当初ウレタンバンドは安っぽく見えるかなと思っていたのですが、実物を見ると安っぽさは感じられず、むしろアクセントになっていていい感じです。

GW-M5610と比べてみる

f:id:gurattoki:20180902193605j:image

同じスクエアデザインのGW-M5610-1BJFと比べてみるとこんな感じです。

GMW-B5000-1JFは見た目の高級感を感じますし、ディスプレイの視認性もいい気がします。

実はこのGMW-B5000-1JF、視認性にもこだわって液晶画面を作っているそう。気づきにくい点ですが、こうやって比べてみるとよく分かります。

また、重さはGMW-B5000-1JFの方が2倍ほど(96g vs 52g)なので、ずっしり感がありますね。

それでもフルメタルモデルやその他の金属バンドの腕時計と比べれば軽いので、使いやすさとしては十分なレベルだと感じます。

まとめ

f:id:gurattoki:20180902193424j:image

こんな感じでメタルケースのGショック「GMW-B5000-1JF」をレビューしてみました。

ここまでの内容をまとめると以下のような感じ。

  • メタルケースの質感が最高!
  • ウレタンバンドとの相性よし
  • 外観以外も高評価(視認性高し)
  • 品薄なのが難点

GMW-B5000シリーズはとにかく品薄なので、時計屋で定価以下(20%OFF)で見つけられたのが幸運でした。

ただ、限定モデルではないので根気よく探せばいつかは手に入れられるはずです。

ぜひみなさんにもこのメタルケースの質感を感じてもらいたいですね。

お気に入りの1本になること間違い無しです。