ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

フルメタル仕様のGショック「GMW-B5000-1JF」がめちゃくちゃ気になるという話

こんにちは、ぐらっとです。

なんとなく雑誌を見ていたときに見つけた時計。ひと目見ただけでその魅力に惹きこまれました。

G-SHOCK DMW-B5000-1JF

その時計はG-SHOCK(ジーショック)。G-SHOCKといえばウレタンバンドで軽量感のあるイメージを持つかもしれません。

そんな中見つけたのはフルメタル仕様のG-SHOCKです。

f:id:gurattoki:20180708133525p:plain

2018年4月に発売されたこの「DMW-B5000-1JF」というモデル。

界隈では話題になったみたいなんですが、ぼくはその存在を知らず今さらながらにかなり気になっています。

f:id:gurattoki:20180708134318j:plain

いわゆるノーマルなG-SHOCKは持っているのですが、このフルメタル仕様のG-SHOCKは男心をくすぐりますね。

フルメタルでありながらG-SHOCKらしさはそのまま

f:id:gurattoki:20180708134031j:plain

 このフルメタルなG-SHOCK「GMW-B5000-1JF」ですが、一般的なG-SHOCKとなんら変わりない機能性を持っています。

f:id:gurattoki:20180708134102j:plain

 耐衝撃性はもちろんのこと、ソーラー電池による稼働などその機能性は損なうことなく、見た目の高級感を足し合わせたモデルというわけです。

このフルメタルで高級志向な外観でありながら、実はG-SHOCKだというギャップがたまらない。G-SHOCK好きとしては、どうしても買いたくなっちゃいますよね。

ここで一応、主なスペック載せておきますね。

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • スクリューバック
  • 無機ガラス
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: ステンレススチール
  • メタルバンド(ステンレススチール)
  • タフソーラー(充電システム)
  • 駆動時間:機能使用時-約10ヵ月 パワーセービング-約22ヵ月
  • ケースサイズ : 49.3×43.2×13mm
  • 質量: 167g

まとめ

こんな感じでフルメタルG-SHOCK「GMW-B5000-1JF」を紹介してみました。

発売当初から品薄のようで、2018年7月現在で定価(約6万円)で手に入れるのは難しい模様。

しかし、限定販売モデルというわけではないので気長に待てば、定価で手に入れることはできるようなので、そのチャンスを待ちたいなと思っています。

手に入れたらもちろんブログで紹介するつもりです。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。