ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

フルメタルのGショック「GMW-B5000D-1JF」がめちゃくちゃ気になるという話

【更新:2018年9月26日】

こんにちは、ぐらっとです。

なんとなく雑誌を見ていたときに見つけた時計。ひと目見ただけでその魅力に惹きこまれました。

この時計の特長や魅力を紹介していきたいと思います。その魅力に惹きこまれること間違いなし。

▽実際に購入したレビュー記事はこちら

G-SHOCK GMW-B5000D-1JF

その時計はG-SHOCK(ジーショック)。G-SHOCKといえばウレタンバンドで軽量感のあるイメージを持つかもしれません。

そんな中見つけたのはフルメタル仕様のG-SHOCKです。

f:id:gurattoki:20180708133525p:plain

2018年4月に発売されたこの「GMW-B5000D-1JF」というモデル。

界隈ではかなり話題になったみたいなんですが、ぼくはその存在を知らずに今さらながらかなり気になっています。

f:id:gurattoki:20180708134318j:plain

いわゆるノーマルなG-SHOCKは持っているのですが、このフルメタル仕様のG-SHOCKは男心をくすぐりますね。

フルメタルでありながらG-SHOCKらしさはそのまま

f:id:gurattoki:20180708134031j:plain

このフルメタルなG-SHOCK「GMW-B5000D-1JF」ですが、一般的なG-SHOCKとなんら変わりない機能性を持っています。

f:id:gurattoki:20180708134102j:plain

 耐衝撃性はもちろんのこと、ソーラー電池による稼働などその機能性は損なうことなく、見た目の高級感を足し合わせたモデルというわけです。

このフルメタルで高級志向な外観でありながら、実はG-SHOCKだというギャップがたまらない。G-SHOCK好きとしては、どうしても買いたくなっちゃいますよね。

ここで一応、主なスペック載せておきますね。

  • 耐衝撃構造(ショックレジスト)
  • スクリューバック
  • 無機ガラス
  • 20気圧防水
  • ケース・ベゼル材質: ステンレススチール
  • メタルバンド(ステンレススチール)
  • タフソーラー(充電システム)
  • 駆動時間:機能使用時-約10ヵ月 パワーセービング-約22ヵ月
  • ケースサイズ : 49.3×43.2×13mm
  • 質量: 167g

GMW-B5000-1JFはバンドがウレタン製

f:id:gurattoki:20180828220714p:plain

ケースがフルメタル仕様でありながら、バンドがウレタン製になっているのが「GMW-B5000-1JF」です。

バンドの素材が違うという点のほか、反転液晶を採用することで、よりクールな雰囲気に仕上がっていますね。

これはこれでカッコイイので気になる存在。

なお、2018年9月現在でこちらのGMW-B5000-1JFの方が在庫は見つかりやすく、定価以下で手に入る可能性は高いですね。

実際にAmazonや楽天では定価とほぼ変わらない価格で販売されています。

フルメタルにブラックモデルとゴールドモデルが追加!

f:id:gurattoki:20180926065606j:plain

2018年9月にフルメタル仕様にブラックとゴールドモデルが追加されました。しかし、いずれも限定ではないものの、すでに品薄状態。

しかし通常販売ですのでいつかは購入できると思いますので、気になる方はネットショップや店頭をちょこちょこチェックしてみてください。

  • GMW-B5000GD-1JF(ブラックモデル)
  • GMW-B5000GD-9JF(ゴールドモデル)

まとめ

こんな感じでフルメタルのG-SHOCK「GMW-B5000D-1JF」を紹介してみました。

発売当初から品薄のようで、2018年7月現在で定価(約6万円)でも手に入れるのは難しい模様。

しかし、限定販売モデルというわけではないので気長に待てば、定価で手に入れることはできるようなのでそのチャンスを待ちたいなと思っています。

手に入れたらもちろんブログで紹介するつもりです。

▽実際に購入したのでレビュー記事書きました!

f:id:gurattoki:20180902193533j:plain

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。