ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

【EOS RP レビュー】コンパクトでフルサイズ。ちょっと贅沢な選択。

f:id:gurattoki:20200121190505j:image

こんにちは、ぐらっとです。

この記事では、ぼくが現在メインカメラとして使っている、EOS RPをレビューしていきたいと思います。

個人的には初めてのフルサイズカメラ、ブログ用のモノ撮りメインに使ってるのですが、もちろんそれ以外にもいろんな場面で撮っています。

というわけで、ぼくが実際にEOS RPを使ってみて感じたことをつらつらと書いてみました。

EOS RPの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

▽EOS RPのファーストインプレッションはこちらの記事からどうぞ

【レビュー】Canon EOS RPファーストインプレッション。初めてのフルサイズはやっぱりいい。 - ぐらっと記

CANON EOS RPレビュー

f:id:gurattoki:20200116203901j:plain

さっそくEOS RPのレビューに入っていくわけですが、作例もぼちぼち載せつつ、使用感をまとめてみてます。

ボケ量はフルサイズならでは

f:id:gurattoki:20190814143208j:plain

まずはやはりフルサイズ機ということで、今まで使っていたAPS-C機と比べるとボケ量が全然違いますね。

使っているレンズによるところが大きいのはもちろんなんですが、そうは言ってもやはりこの「ボケ」がフルサイズ機を使う理由のひとつであることは間違いありません。

ぼくの場合、EOS RPのキットレンズにもなっているRF35mm F1.8を基本つけっぱなしで使ってるんですが、このレンズがまたコンパクトでよく写るんで気に入ってます。

室内でのブツ撮りも全然いけますし、こどものポートレートももちろんオッケー。

RF35mmはEOS RPを買うなら必須のレンズだと言えますね。

フルサイズなのに取り回しやすいサイズ感

f:id:gurattoki:20200116203725j:plain

EOS RPのサイズ感に関しては、フルサイズに手を出してみようかという決め手にもなった点でもあるんですが、とにかくコンパクト。

RPを購入する前に使っていたEOS Kiss X7と比べても、勝るとも劣らないコンパクトさはほんと恐るべしです。

重さもボディのみであれば485gと500mlのペットボトル程度の重さなので、ほんとに素晴らしいの一言。

f:id:gurattoki:20190813073253j:plain

個人的にはフルサイズ機のネックは価格の面ももちろんありますが、「でかくて重い」が一番の懸念だったんです。

EOS RPはその問題を解決してくれるカメラだったんですよね。

やっぱり持ち出しやすさってかなり重要で、どんなに良いカメラでも持ち歩きたくならなければ何の意味もないわけですよ。その意味においてEOS RPは写りとサイズ、バランスの取れたカメラだと感じています。

また、バリアングル液晶を搭載しているフルサイズ機はおそらくEOS R,RPくらいだと思います。

撮影の幅が広がるという意味でも、EOS RPは良いカメラだと言えるのではないでしょうか。

高スペックではないけど必要十分

f:id:gurattoki:20200116203708j:plain

EOS RPはそのサイズ感、価格などから考えてフルサイズの入門機的な位置づけにあるのは間違いないかと思います。

そのため、連射速度や画素数など上位機には劣っているのも事実。

でも連射が必要な場面ってスポーツ撮るときくらいでそんなに毎度あるわけじゃないですし、画質についても普通に撮って出しでPCで見るくらいであれば、全く不満はありません。

それこそ上位機であれば、連射性能も画素数も向上するのは間違いないんです。

でも上位機は価格もさることながら、サイズが大きく重くなることが正直受け入れきれない。というのがぼくの個人的な意見です。

なのでEOS RPはちょうどいい選択肢と言えるのではないでしょうか。

f:id:gurattoki:20200116203829j:plain

ボディが軽ければ、多少レンズが重くてもカバーできますしカメラの大きさって言うのはやはりかなり重要な要素だと思いますね。

f:id:gurattoki:20200116203840j:plain

こんな感じで片手で撮るのも全然余裕ですし。

f:id:gurattoki:20200116203916j:plain

バリアングル液晶なのでローポジションでの撮影も問題ありません。

f:id:gurattoki:20200116204008j:plain

ケーキの質感もしっかり描写していて、暗い場所でもしっかり撮れます。

フルサイズの余裕でしょうか、まあこれはRF35mmという明るいレンズで撮っている恩恵もあると思いますが。

f:id:gurattoki:20200116204021j:plain

RF35mmはハーフマクロということで寄りの撮影ももちろんオッケー。

テーブルフォトもどんとこいです。

f:id:gurattoki:20190813073231j:plain

こうやって改めて撮った写真をみているとRF35mm、めっちゃいいんですよね。EOS RPとの相性はほんと抜群なのでEOS RPを買うならマストバイだと思います。

f:id:gurattoki:20200116204044j:plain

これは初日の出を撮ったもの。めっちゃ寒かったけど良い写真撮れたので満足。

f:id:gurattoki:20200119173848j:image

f:id:gurattoki:20200119173851j:image

f:id:gurattoki:20200119173855j:image

最後は動物園で撮った写真です。

この時はEF24-105mm IS STMを使ってみたんですが、アダプタ込みでも重さはそこまで気になりませんでしたね。

ただ動物園はやっぱり標準ズームだと望遠が足りないので、次は望遠ズームで挑戦しようと思ってます。

まとめ

f:id:gurattoki:20190813073224j:plain

こんな感じでEOS RPについていろいろと思っていることを書いてみました。

日常を切り取るにはちょっとだけ贅沢なカメラ。

個人的にはフルサイズデビューに最適なカメラだったと思っていて、これからもこのEOS RPにはお世話になるだろうなと思っています。

これからもよろしく、EOS RP。

次はこちら:EOS RPのために買ったアクセサリー

f:id:gurattoki:20190901181702j:plain

関連してEOS RPのために購入したアクセサリーに関する記事を。

これからEOS RPを買おうと思っている方、もっとEOS RPをかっこよくしたい方ぜひ読んでいただけると嬉しいです。

EOS RPと一緒に揃えたいアクセサリーまとめ。【実際に買ったもの】 - ぐらっと記