ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPad用Magic Keyboardレビュー|いいモノだがハマる人は限られる高級キーボード

f:id:gurattoki:20210505075207j:plain

こんちには、ぐらっとです。

ついに買ってしまいました、iPad用のMagic Keyboard。

以前から気になる存在だったんですが、ここに来てどうしても購入欲を抑えきれずに手元に迎えてしまいました。

実際に使ってみて感じたのは使う人を選ぶキーボードだなということ。

この記事ではぼくが実際に使ってみて感じたことをまとめてみましたので、みなさんの購入の参考になれば幸いです。

iPad Magic Keyboard レビュー

f:id:gurattoki:20210430131831j:image

ということでMagic Keyboard、開封していきたいと思います。

Magic Keyboardのレビューはネット上に溢れているとは思うんですが、ぼくははじめて開封するので、少しだけお付き合いくださいませ。

f:id:gurattoki:20210430131835j:image

ぼくがMagic Keyboardを購入したのは、2021年モデルのiPad Pro発表のタイミングで、ホワイトのMagic Keyboardも発売が決まっていたんですよね。

もちろんホワイトも気になりつつも、どう考えても汚れが目立つであろうということで安定のブラックを購入しました。

f:id:gurattoki:20210430131844j:image

実際に開封した現物をみると完全なブラックではなく、薄めのブラックって感じですね。

f:id:gurattoki:20210430131802j:image

表面は装飾も一切なくて、とてもシンプル。

f:id:gurattoki:20210430131805j:image

背面はAppleのロゴが入っていて、カメラ部がiPad Proの形状にあわせるために大きくくり抜かれていますね。

f:id:gurattoki:20210430131853j:image

ぼくが使っているのはシングルカメラのiPad Air 4なので、ちょっと不格好な感じになってしまいます。

f:id:gurattoki:20210430131821j:image

メインとなるキーボードはこんな感じです。

現行MacBookと同じシザー式になっているので、普段MacBookを使っている方は打ち心地も変わらずに使えるわけですね。

f:id:gurattoki:20210430131818j:image

Magic Keyboardの一番の特徴としては、やはりこのトラックパッドでしょう。

iPad用のApple純正キーボードでは唯一トラックパッドが搭載されているので、よりPCライクにiPadを扱えるようになりました。

f:id:gurattoki:20210505091806j:image

また、バックライト付きなので薄暗い場所でもしっかり視認できて、快適にタイピングできるのも特徴のひとつですね。

f:id:gurattoki:20210430131847j:image

あとは地味ながらもありがたいのがこのヒンジ部分にあるUSB-Cポート。

このポートはiPad本体のポートとは違って外部入力には対応していませんが、パススルー充電に対応しているので、ここからiPad本体の充電は可能です。

これでiPad本体のポートが開くので、そちらはSDカードを読み込んだりSSDを挿したりいろいろとつかえるわけですね。

また、Magic Keyboardを取り付けた状態でiPad本体にケーブルを挿すと、ケーブルが浮いたような状態になって見栄えもよくないので、キーボード側で充電できるのは嬉しいポイントです。

f:id:gurattoki:20210430131759j:plain

キーの配列はこんな感じ。左右両端のキーは無理やり押し込んでいる感がありますが、これはiPad本体のサイズに合わせる関係で致し方ないかと。

ちなみにこれは11インチiPad Pro、iPad Air 4用Magic Keyboardのキー配列で、12.9インチ用モデルとは若干キーのサイズが異なっています。

Smart Keyboard FolioとMagic Keyboardの比較

f:id:gurattoki:20210430131814j:image

続いて、ぼくが今まで使っていたSmart Keyboard Folioと比較してみましょう。

まずひと目見て思ったのはカラーがだいぶ違うということ。

Smart Keyboard Folioはブラックと言うよりはグレーな色味で、個人的にはMagic Keyboardのカラーのほうが好みですね。

f:id:gurattoki:20210430131827j:image

キー配列も若干異なっていて、ぱっと目についたのは右下にあるカーソルキーの左右キーの大きさ、その他も細かいところが違っているのがわかります。

キーの構造も異なるため、打鍵感の違いもかなりありそう。この点はのちほど使ってみた感想の部分でまとめて紹介したいと思います。

Magic Keyboardを使ってみた感想

f:id:gurattoki:20210430131838j:image

そしてここからはMagic Keyboardを使ってみた感想的な部分をつらつらと書いていきたいと思います。

結論からいうと、ぼくは結構気に入ったんですが使う人を選ぶかなという印象で、全員におすすめできるモノではないという感じ。

使い方によって、Magic KeyboardなしではiPadは使えませんってなる方もいれば、他のキーボードの方が使いやすい方もいるだろうなってアイテムです。

どの辺でそう思ったのか、詳しくみていきたいと思います。

iPadをPCとして使うならMagic Keyboardが最強

f:id:gurattoki:20210430131850j:image

まずはいい点に関してはiPadをPCのように扱いたいのであれば、Magic Keyboardが最強だと思います。

キーボードに加えてトラックパッドまで備えた一体型のキーボードなので、もはやPCと変わらない感覚で使えますし、iPadのスペックがあれば下手なPCよりも快適に使える場面もありますね。

ということでブログなど、キーボードを使って文字をアウトプットするという作業に特化するのであれば、MacBookと同じような感覚で作業できてしまう点がMagic Keyboardの優れたポイントですね。

f:id:gurattoki:20210430131754j:image

キーボードは現行MacBookと同じシザー式で、打鍵感も変わらないので気に入っています。

比較として挙がるSmart Keyboard Folioと比べてみると、好みが分かれるかもしれませんがしっかりした打鍵感を得られるのはMagic Keyboardの方だと思いますね。

あとはトラックパッドを備えていることでディスプレイに触れる必要がなくなるので、指紋で汚れないのも地味にありがたかったりします。

f:id:gurattoki:20210430131824j:image

ちょっと気になるイマイチなポイントとしては、キーボード自体を360度回転させることができず平置きができない点。

その点、Smart Keyboard Folioは360度開くので、装着したまま平置きもできて自由度が高いんですよね。

Magic KeyboardはApple Pencilを使いたい時なんかは、取り外して運用せざるを得ないのがちょっと気になる点です。

まあ単純にiPadを取り外せばいいだけなんですが、それが地味にめんどくさいので使う人を選ぶと思いますね。

単純にキーボード+トラックパッドの使い心地を優先するのであれば、Magic Keyboardが最高というのは揺るぎません。

ただその他の場面での使いやすさが削がれることをどう考えるかという感じで、間違いなくいいモノであると思いますが、万人にはおすすめできないかなと感じましたね。

まとめ

f:id:gurattoki:20210430131810j:image

こんな感じでiPad用のMagic Keyboardをレビューしてみました。

iPadをPCのように扱えるという意味では価格に見合ったキーボードであることは間違いありません。

ぼくもMacBookのサブ機としての使うことが多いので、このMagic Keyboard自体はかなり気に入って使っています。

ただし多くの方はiPadの使い道をPCのように使うだけではないと思うので、そのあたりは自分の用途をしっかりと考えた上でどのキーボードを購入するか決めた方がいいと感じましたね。

ということで万人にすすめられるアイテムというわけではありませんが、iPadを買ったら一度は憧れるMagic Keyboardを使ってみた感想でした。

次はこちら:持ち歩き用のガジェットポーチに

f:id:gurattoki:20210408173311j:plain

iPadを外に持ち運ぶことが多い方におすすめしたいちょっと高級なポーチ。

GANZOというレザーを扱っているブランドのポーチなのですが、レザーと高級ポリエステルの組み合わせがとてもマッチした所有欲を満たしてくれるアイテムなんです。

詳しくは以下のレビュー記事をチェックしてみてくださいね。

ガンゾ「NALYA スクエアポーチ」レビュー|レザーとポリの組み合わせは新境地でした - ぐらっと記