ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

Macbook用レザースリーブ Drip「Leather MacBook Case」が質感最強でした。

f:id:gurattoki:20200705185305j:image

こんにちは、ぐらっとです。

最近買ったMacBook Air用にケースを探していたんですが、まさに至高と言えるケースを見つけちゃいました。

それが今回紹介する「Leather MacBook Case」です。

革製品好きな方なら間違いなくおすすめできるアイテムなので、外観や使用感をレビューしてみました。みなさんの購入検討の参考になれば幸いです。

Drip「Leather MacBook Case」レビュー

f:id:gurattoki:20200705185232j:image

さっそく今回購入したMacBookのレザースリーブをレビューしていこうと思うわけですが、その前に少しだけ販売元のDripについて紹介しておきましょう。

Dripは自分たちが欲しいモノを造るという観点で、モノづくりを行っている企業さんなんです。

経営者である堀口さんと平岡さん、お二人ともにブログやYouTubeでも活動されており、そのコンテンツも非常に魅力的で人気を博していますね。

インフルエンサー/ブログマーケティングサービス「drip」

f:id:gurattoki:20200705185241j:image

ここからは本題に入って、Leather MacBook Caseをレビューしていきますね。

さっそく開封すると不織布に包まれたレザースリーブが…!

新しいモノを手に入れて開封する瞬間は何者にも代えがたいワクワク感があります。この瞬間がまさに至高。

f:id:gurattoki:20200705185222j:image

ついにレザースリーブとご対面。今回ぼくはモカというブラウン系のモノを購入しました。

このモカのほかは、ブラックとこげ茶系のアメリカーノという3色展開のカラバリになっています。

f:id:gurattoki:20200705185252j:image

このレザースリーブ、熟成レザーという素材を使っています。

熟成レザーは何度もオイルを染み込ませることで、長年使ってきたかのような味のある質感を使い始めから楽しめる素材なんですよ。

ぼくはこの熟成レザーを使ったアイテムをいくつか持っているのですが、どのアイテムもいい味出していて、お気に入りのアイテムのひとつです。

f:id:gurattoki:20200705185255j:image

スリーブの内側はフェルト素材を使っています。柔らかな触り心地でMacBookをしっかり保護してくれそう。

f:id:gurattoki:20200705185219j:image

そしてこのレザースリーブのひとつの特徴かもしれませんが、外側にはロゴが一切入っていないですよね。

そしてどこにロゴがあるのかというと内側にひっそりと刻印されています。

このあたりは製作者のこだわりが感じられて非常に共感します。ミニマル大好きなぼくとしてはこの時点でお気に入り決定しましたね。

実際にMacBook Airを収納してみる

f:id:gurattoki:20200705185238j:image

ここからは、実際にMacBook Airを今回購入したスリーブに収納してみたいと思います。

ぼくの使っているMacBook Airは2020年モデルのゴールド。MacBook本体と似たカラーということで、ぼくはモカを選んでみました。

今回のレザースリーブのカラバリの中では、最も経年変化が楽しめそうだという点もモカを選んだ理由のひとつです。

f:id:gurattoki:20200705185301j:image

こんな感じでゴールドとモカの組み合わせの相性はよさげですね。

f:id:gurattoki:20200705185258j:image

すっぽりMacBook Airが収まりました。こちらのレザースリーブは13インチのMacBook AirとMacBook Proに適したサイズ感になっています。

使い始めは若干窮屈で押し込むような感じになるんですが、徐々に革が柔らかくなって使いやすくなっていくはずです。

そのへんの変化も革製品ならではの楽しみですよね。

f:id:gurattoki:20200705185246j:image

表面は新品状態でも革製品特有のシワなどがあったりするんですが、そこが革製品の良さでもあって、使い始めの段階でも自分だけのモノ感を得ることができます。

f:id:gurattoki:20200705185229j:image

使っていくと写真のようにMacBookのゴム足に沿って入った跡が入っていました。こういった感じで、革に癖がついていくのもひとつの楽しみだと思っています。

f:id:gurattoki:20200705185305j:image

ぼくの持っているDripの革製品と並べてぱしゃり。

どれもモカカラーのアイテムですが、少しずつ色艶が違ってみえるのもまた楽しくていいなーと思ったりします。

こうやってケースだけでも楽しめる存在って革製品だからこそだと思うんですよね。

だって化学繊維のケースなら、ただ劣化するだけでなんだか味気ない。革製品ならそんなこともなく、むしろ味が出てきて非常に良いアイテムになると言い切れますよ。

Leather Macbook Case|Drip

まとめ

f:id:gurattoki:20200705201758j:image

ということで、MacBook Air用のレザースリーブ「Leather MacBook Case」をレビューしてみました。

ケースとしてはやはり高価ではありますが、その価格に見合った満足感を得られるアイテムだと感じました。

この「Leather MacBook Case」以外のケースに、単体で所持しているだけで所有欲を満たしてくれるスリーブ的なアイテムって、そうそうないと思うんですよね。

そして、そのよさがこのLeather MacBook Caseにはあると感じました。ほんとに買ってよかったと思えるMacBook関連アイテムですよ。

次はこちら:革製品好きならこちらもぜひ

f:id:gurattoki:20200531140311j:plain

関連して、ぼくが普段使っている革製品をまとめて紹介した記事も紹介させてください。

こちらは記事タイトルの通り、日常で使っている革製品について書いたものになります。写真のなかに少しでも気になるモノがあれば、ぜひチェックを。

普段使っているお気に入りの革小物7つをまとめて紹介します。【2020年】 - ぐらっと記