ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

夏でも使えるGRAMASのApple Watchレザーバンドをレビューしてみる

f:id:gurattoki:20200702060301j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

夏場に革バンドを時計につける。そんな水と油のような存在を見事に融合させた存在を見つけてしまったので、この記事で紹介していきたいと思います。

革好きとしては、手を出さずにいられないワクワク感が抑えきれずポチっていました。

ということで、実際に購入して1週間ほど使ってみた感想をつらつらと書いていきたいと思います。

GRAMAS Apple Watch用 レザーバンド レビュー

f:id:gurattoki:20200702060241j:image

今回ぼくが手に入れたApple Watchの革バンドは「坂本ラジヲ」というメーカーが展開しているブランドのもので、Apple WatchのバンドのほかApple製品を中心にケースやバッグ類などもラインナップされています。

GRAMAS Italian Genuine Leather Watchband for Apple Watch (40/38mm)

GRAMAS Apple Watch用 レザーバンド 外観

f:id:gurattoki:20200702060213j:image

さっそく開封して詳しくチェックしていきましょう。

今回、バンドのカラーはネイビーを選択しました。

ちなみにカラバリとしては、このネイビーの他にもブラック、レッド、アイボリーがあり、全4色展開となっています。

f:id:gurattoki:20200702060216j:image

バンド全体をみるとこんな感じ。革の素材は牛革のイタリアンレザーを表面に使用しています。

f:id:gurattoki:20200702060246j:image

裏面はカラーが反転してブラックカラーです。こちらは汗や水に強いPUレザー(合成皮革)を使用しています。

これによって、夏場でも使いやすいバンドに仕上がっているというわけです。

もちろん全面レザーの方が質感は上がると思いますが、それだと夏場や湿気の多い場所では使いにくいので、個人的にはこの組み合わせが気に入りました。

f:id:gurattoki:20200702060252j:image

裏面にはGRAMASのロゴが型押しされています。PUレザーの質感も思っていたよりはいい感じ。

f:id:gurattoki:20200702060249j:image

コバ面は表面のカラーとあわせて丁寧に処理されており、質感を高めてくれています。

全体的な印象としてはめちゃめちゃ高級感があるというわけではないものの、しっかりとした処理がなされていて、約4,000円で買えることを考えれば価格以上の質感だと感じました。

Apple純正のレザーバンドと比較してみる

f:id:gurattoki:20200702060234j:image

ここからはApple純正のレザーバンド「モダンバックル」と質感などを比較してみたいと思います。

ちなみにモダンバックルはGRAMASのレザーバンドと比べると4倍ほどの価格になるので、そこも加味してご覧ください。

全体をみるとモダンバックルのほうがマグネット式のためかなりコンパクトに仕上がっていますね。

f:id:gurattoki:20200702060258j:image

表面の質感という意味では評価が分かれるところかと思いますが、個人的にはGRAMASの質感も悪くはないですが、やはりモダンバックルのほうが上かなという感じはします。

ただし、モダンバックルはフルレザーで雨や水濡れに弱いので、GRAMASの雨や夏場の湿度を気にせず使える面はかなり惹かれますよね。

GRAMAS Apple Watch用 レザーバンドを実際にとりつける

f:id:gurattoki:20200702060223j:image

それではApple WatchにGRAMASのレザーバンドを取り付けてみましょう。

このバンドを外した状態のApple Watchってなんかかわいいですよね。笑

f:id:gurattoki:20200702060237j:image

実際に取り付けてみるとこんな感じ。Apple Watchはアルミのスペースグレイモデルになります。

f:id:gurattoki:20200702060255j:image

カラーリング的にはネイビーよりもブラックのほうが統一感は出そうですが、ブラックのレザーだと、さきほど紹介した純正のモダンバックルバンドと被ってしまうのでネイビーを選択してみました。

f:id:gurattoki:20200702060301j:image

文字盤のカラーをあわせてみると、Apple Watch本体とバンドがさらにマッチしていい感じに仕上がった気がします。これはいいな。

f:id:gurattoki:20200702060219j:image

実際つけてみた感想としては最初は革が硬いかなという印象でしたが、一週間ほど使うと腕に馴染んできて違和感なく使えていますね。

タイミング的に夏場の使い始めで、汗をかくこともあるんですが今のところ革の状態は変わりありません。

内側をPUレザーにしているのはかなり効果的と思いますね。

総じていうと、やはり汗をかく季節でも使いやすいレザーバンドというのはかなり高評価できるんじゃないかと感じました。

まとめ

f:id:gurattoki:20200702060301j:image

こんな感じでGRAMASのApple Watch用レザーバンドをレビューしてみました。

実際に使ってみても思ったのは、夏場でも使いやすいレザーバンドってなかなか希少だということ。

どうしても夏場は汗をっくのでスポーツバンド系のスポーティなタイプか金属製の素材に偏りがちなんですよね。

そんな中夏でも使いやすいレザーバンドが4,000円ほどで買えるとなれば、ひとつ買っておいて損はないんじゃないかと感じました。

ぜひみなさんも一度チェックしてみてくださいね。

次はこちら:愛用しているレザーアイテムたち

f:id:gurattoki:20200531140311j:plain

関連して普段ぼくが使っている革製品について、まとめて紹介した記事がありますので、よろしければぜひチェックしてみてもらえると嬉しいです。

普段使っているお気に入りの革小物7つをまとめて紹介します。【2020年】 - ぐらっと記