ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

普段使っているお気に入りの革小物7つをまとめて紹介します。【2020年】

f:id:gurattoki:20200531140311j:image

こんにちは、革製品大好きブロガーのぐらっとです。

この記事では、ぼくの使っている革製品のうち、普段からよく使っている小物類をまとめて紹介してみたいと思います。

どのアイテムもお気に入りでおすすめできるモノばかりなので、きっと皆さんの目にも留まるはず。

ぜひ最後までチェックし、参考にしていただければ幸いです。

実際に使っている革小物7つをまとめて紹介

f:id:gurattoki:20200531140324j:image

今回紹介する革小物を全部まとめるとこんな感じです。

カラーはブラウン系かブラックのいずれかで、こうやってみると好みがはっきりしているのがよくわかる気がしますね。

それではさっそく全てのアイテムをチェックしていきましょう。

革小物その1:クッシーノ カメラケース|Ulysses

f:id:gurattoki:20200531140336j:image

まずトップバッターで紹介するのはこちらのカメラケースです。

Ulysses(ユリシーズ)というカメラ関連のレザーアイテムを作っているブランドの『クッシーノ』というアイテム。

f:id:gurattoki:20200531140347j:image

使い始めて1年半ほど経っているのでキズも結構入っていたりするんですが、これもいい味を出していてめっちゃ気に入ってます。

革の質感は見た目に反して柔らかくて、カメラをしっかり保護してくれています。

f:id:gurattoki:20200531140403j:image

ちなみに中のカメラはRICOHのGRIII。このカメラとセットで毎日カバンに入れて持ち歩いています。

高級コンデジをお持ちの方なら、ぜひおすすめしたいアイテムです。

【レビュー】ユリシーズの「クッシーノ」は革の質感が最高で高級コンデジにぴったりのカメラケース - ぐらっと記

RX100・G7X・GR用レザーカメラケース クッシーノ

革小物その2:レザークリップ|Drip

f:id:gurattoki:20200531140416j:image

続いてはケーブル類をまとめてくれるクリップを紹介したいと思います。

これはぼくの好きなブロガーの堀口さんが手掛けているDrip社が発売しているモノ。

普段からいくつかケーブルを持ち歩いているので、互いに絡まるのを防止してくれる便利なアイテムです。

地味ですがこういったアイテムも革製品を使うことで、経年変化が楽しめるモノが増えるんですよね。

まだ使い始めたばかりですが、今後が楽しみなアイテムのひとつだったりします。

レザークリップ|Drip

革小物その3:Presso モカ|Drip

f:id:gurattoki:20200531140432j:image

こちらもDrip社の革小物で、おそらく同社で一番のヒット商品であろう『Presso』というコンパクトな財布です。

一年以上使っていて、今はサブ財布としてカードケース的に使っている感じ。

カラーはモカというブラウン系のものを買ったんですが、購入当初と比べるとだいぶ深みのある色合いになってきていて、自分だけのモノって感じで所有欲を満たしてくれています。

f:id:gurattoki:20200531140447j:image

サイズはiPhoneと比べてもこのコンパクトさで、キャッシュカード類とほぼ同じサイズというミニマルさ。まさにキャッシュレス時代にぴったりの財布です。

革は熟成レザーという素材を使っていて、使い始めからしっかりとした素材感を楽しむことができます。

主な使い方としてはカードメインで札はおまけ程度、小銭は別に持ち歩くといった感じ。

キャッシュレスで現金はほとんど使わない生活に移行したいという方には、おすすめの財布です。

PRESSo 一年使用レビュー|キャッシュレス生活には必需品のミニマル財布。 - ぐらっと記

革小物その4:Presso Noir コードバン|Drip

f:id:gurattoki:20200531140501j:image

こちらはさきほど紹介した『Presso』の上位モデル『Presso Noir』です。Noirにはいくつかモデルがあるのですが、ぼくが使っているのはコードバンを使ったモノ。

写真をみていただければわかる通り、革の宝石とも呼ばれているコードバンですので光沢が最高です。

f:id:gurattoki:20200531140512j:image

まだ使い始めて半年ほどでそこまで変化はない気がしていますが、これから使い込んでいくことでどう変化していくのかが非常に楽しみな逸品です。

構造自体はPressoシリーズで共通なので、サイズはコンパクトで最低限の容量を確保しつつ最高級の革を使ったアイテムということですね。

普段はこの財布を胸ポケットに入れて持ち歩いています。

質の良さとコンパクトさを兼ね備えているお気に入りの財布ですね。

PRESSo Noir 開封レビュー。コードバンでコンパクト、まさに理想の財布。 - ぐらっと記

Presso Noir|Drip

革小物その5:CHIP|Drip

f:id:gurattoki:20200531140523j:image

財布繋がりで小銭入れもあわせて紹介しておきましょう。

こちらもDrip社が販売しているアイテムで、最小の小銭入れを謳った『CHIP』という小銭入れです。

f:id:gurattoki:20200531140535j:image

みてわかる通りに500円玉がギリギリ入るサイズ感で、とにかく小さいのが特徴ですね。

それでいてさきほど紹介した『Presso』と同じ熟成レザーを使っているので、経年変化がしっかり楽しめるというアイテムです。

ぼくは『Presso』と同じカラーでモカを買ったのですが、使用期間の違いで少しだけ色合いが違っていて、それもまた革製品の醍醐味を感じられて面白い。

革製で最小レベルの小銭入れ「CHIP」を1週間使ってみたので質感や使い勝手をレビュー。 - ぐらっと記

革小物その6:SACCHETTO2 L|GANZO

f:id:gurattoki:20200531140548j:image

普段からよく使っているポーチのうちの1つが、このGANZOのサケット2です。

このポーチはいつも品薄でネットではなかなか買えなかったところ、たまたまGANZOの店舗で見かけた際に衝動買いしたもの。

カラバリがブラウン、ネイビー、ブラックとあるんですが、経年変化も楽しめそうだったのでこのブラウンを選んでみました。

ぼくの使い方としては、さきほど紹介したミニ財布と小銭入れを入れてバッグに入れて使う感じですね。

f:id:gurattoki:20200305205458j:plain

ポーチの中身が使用頻度高くないので、まだまだ変化も少ないんですが、このポーチもこれからが楽しみなアイテムです。

ちなみにGANZOのアイテムはいいお値段するものが多いんですが、こちらのポーチは1万円以下で買えるので入門アイテムとしては最適かも。

ただどうしても品薄なので、気になる方はマメにチェックするのが吉かと思います。

GANZOのレザーポーチ「サケット2 ポーチ」購入レビュー|所有欲をも満たしてくれる逸品。 - ぐらっと記

革小物その7:pocket M|Hender Scheme

f:id:gurattoki:20200531140600j:image

最後に紹介するのはエンダースキーマというブランドのポーチ『Pocket M』というアイテムになります。

こちらはスエード素材でくたっとした触り心地が最高で、ずっと触っていたくなるくらい個人的にお気に入りのアイテムのひとつです。

f:id:gurattoki:20200531140611j:image

このポーチの中にはガジェット類をいろいろ詰め込んでバッグに入れています。

以前はINCASEのオーガナイザーを使っていたんですが、味気ない気がしてこのポーチを使うようにしてみたところ、非常にいい具合に収まってくれて満足感も高まっています。

これまた品薄でなかなか手に入らないので、見つけたら要チェックですね。

エンダースキーマのレザーポーチ「pocket M」は触り心地が最高に魅力的。という話 - ぐらっと記

まとめ

f:id:gurattoki:20200531140311j:image

こんな感じで、ぼくが普段使っている革小物をまとめて紹介してみました。

どれもおすすめのモノばかりなので、ここで紹介したアイテムの中で詳しく知りたいモノがあれば、個別記事の方もチェックしてみてくださいね。

今回紹介したモノは全体的に品薄傾向みたいなので、在庫をみつけたらラッキーかもです。

ぜひみなさんも気になった革製品を手に入れて、日々をレザーアイテムで彩りましょう。

次はこちら:革製品とガジェット好きブロガーのカバンの中身

f:id:gurattoki:20200320223832j:plain

関連してぼくが普段使っているカバンの中身に関する記事を。

今回紹介した革製品もたくさん登場しますので、よろしければこちらもぜひチェックしてみてくださいね。

【2020年】ガジェットと革製品好きなアラサー男子のカバンの中身。 - ぐらっと記