ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

軽量極薄のiPhone SE2用ケースならDeffの「DURO」一択だと思う2つの理由

f:id:gurattoki:20200802110444j:image

こんにちは、ぐらっとです。

ぼくの愛用しているiPhone SE2にとりつけるケースを紹介してみたいと思います。

今回紹介するケースは、Deff(ディーフ)というブランドが発売しているアラミド繊維を使った超軽量ケース「DURO(デューロ)」です。

個人的にはミニマルなiPhoneケースの決定版だと思っているので、みなさんの参考になれば幸いです。

Deff iPhone SE2ケース「DURO」レビュー

f:id:gurattoki:20200802110404j:image

さっそく開封していきたいましょう。

まずDUROは宇宙船や防弾チョッキなどにも使われる、アラミド繊維という素材で作られています。

ちなみにiPhone SE2のケースって、ものによってiPhone 7,8用をそのままiPhone SE2にも販売されていて微妙なサイズ感の違いがあったりするんですが、このDUROはiPhone SE2用に設計されたものなので安心して使うことができますね。(iPhone 7,8でも使用可能です)

iPhone SE2ケース DURO 外観チェック

f:id:gurattoki:20200802110358j:image

さっそくDUROの外観をチェックしていきましょう。

カラーは現状ではブラックのみ、iPhone7,8用だといくつかカラバリがあったので、今後展開があるかもしれません。

f:id:gurattoki:20200802110347j:image

素材は冒頭でも話したとおり、アラミド繊維を使っています。この素材のおかげで軽量極薄なケースとなっているわけですね。

質感に関しては高級感があるとまでは言えませんが、安っぽさは感じられません。触った感じはマットで比較的すべりにくい印象です。

f:id:gurattoki:20200802110434j:image

iPhone本体を収納する内側はこんな感じです。

上側のみマイクロファイバーが貼られているんですが、この理由はのちほど分かります。

f:id:gurattoki:20200802110343j:image

このケースの特徴としては何度も言っていますが、とにかく薄くて軽いこと。

f:id:gurattoki:20200802110354j:image

そしてただ単に薄くて軽いだけじゃなくて、側面もしっかり保護されているのが高評価のポイントなんです。

f:id:gurattoki:20200802110429j:image

他のアラミド繊維を使ったケースだと、側面の保護がイマイチなものが多くて微妙だなと思っていたんですが、これはその点を解消してくれているんですよね。

f:id:gurattoki:20200802110448j:image

その辺の比較はこちら。

f:id:gurattoki:20200802110441j:image

左が今回購入したDUROで、右は以前からiPhone 7に使っている中華メーカーのアラミド繊維のケースです。

カラーはほぼ同じなんですが、側面をみてもらうと明らかに違いがあります。

DUROを購入した理由1:側面の保護

f:id:gurattoki:20200802200936j:image

今回購入したDUROは、本体上下の側面まできっちり保護されているんですね。これがDUROを買うに至った一番の理由です。

この上下面に関して言うと、アラミド繊維系のケースだとくり抜かれている場合が多いんですよ。でもDUROはここもしっかり保護してくれる。

f:id:gurattoki:20200802110437j:image

iPhone SE2に実際に取り付けてみるとこんな感じです。

f:id:gurattoki:20200802110432j:image

上下面ともしっかり保護してくれています。

f:id:gurattoki:20200802110451j:image

サイドボタン周辺は大きくくり抜かれていますが、ここはどのメーカーのものも同様です。

実際に手に持った感じでいくと、ケースなしの状態と同じとまではいきませんが、一般的なケースと比べれば明らかに薄いということは体感できます。

重さに関しては約10gほどなので、ケースの有無で重さは変わらないといってもいいレベルですね。

DUROを購入した理由2:カメラ部分が出っ張らない

f:id:gurattoki:20200802110444j:image

それとDUROを高評価したい理由の2つ目が、カメラ部分が出っ張らないということ。

f:id:gurattoki:20200802110434j:image

これが地味によくて、アラミド繊維系のケースは薄いがゆえにカメラ部分が出っ張るものがほとんどなんですが、DUROはケース上側にマイクロファイバーを敷くことでフラットにしています。

デザイン性としても実用性の面でも高評価したいポイントですね。

f:id:gurattoki:20200803070042j:image

ということでぼくがこのDUROを購入するに至った理由は、側面の保護機能の優秀さとカメラ部分がフラットになっている点の2つ。

価格は5,000円ほどするので決して安くはありませんが、デザイン性も機能性も優れているので、アラミド繊維のケースで迷われているならこのDUROを推したいですね。

まとめ 

f:id:gurattoki:20200802110444j:image

こんな感じでiPhone SE2用に買ったDeffのアラミド繊維ケース「DURO」をレビューしてみました。

使ってみての感想として価格面以外は非の打ち所がないので、軽くて薄いミニマルなケースを探している方には自信をもっておすすめできるアイテムです。

DURO、気になっている方はぜひ一度使ってみてほしいですね。

あとは現在ブラック1色のカラバリに展開があればもっといいと思うので、ぜひ期待したいと思います。