ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

革製で最小レベルの小銭入れ「CHIP」を1週間使ってみたので質感や使い勝手をレビュー。

f:id:gurattoki:20190717203231j:plain

こんにちは、革製品好きブロガーのぐらっとです。

この記事では革製かつ最小の小銭入れ「CHIP」について実際に1週間使ってみての使い勝手やその質感などをまとめてみました。

実際このCHIP、質感も使用感も満足の一品なので、革製の小銭入れをお探しの方にはおすすめできるアイテムですよ。

CHIPって?

f:id:gurattoki:20190717203131j:image

まずは「CHIP」ってなに?というところから。

CHIPはブロガーの堀口さん(https://number333.org/)と平岡さん(https://www.fukulow.info/)のおふたりが経営するDripが発案した小銭入れ。

なお今回はMakuakeというクラウドファンディングサイトで支援を募って先行販売されたものを入手しました。※一般販売の日程はまだ未定

株式会社ドリップは「モノとヒトとの文脈を紡ぎ出す」をテーマに製品のPRを行うマーケティング会社です。若年層を中心とした読者を抱える人気ブロガーが多数集まりモノの魅力を深く浸透させるお手伝いをしています。

引用:drip

このCHIPは、キャッシュレス時代に合わせた小さな財布のパートナーに。そんな思いが込められた小銭入れなんですよ。

最小の小銭入れ CHIP レビュー

f:id:gurattoki:20190717203231j:image

それではさっそくCHIPをレビューしていきたいと思います。外箱もめっちゃコンパクト。

f:id:gurattoki:20190717203237j:image

開封するととっても小さな小銭入れが。

f:id:gurattoki:20190717203217j:image

今回購入したCHIPのカラーはモカ。ブラウン系の色合いですね。

f:id:gurattoki:20190717203222j:image

このCHIP、もちろん本革を使用。

素材は熟成レザーを採用しており、使い始めの段階から長く使っていたかのような革の味わいを楽しめる材質です。

f:id:gurattoki:20190717203249j:image

ファスナーは安定のYKK製。

この点、やっぱりYKKと聞くと安心感ありますよね。どこぞのよくわからないメーカー製だとファスナーからダメになるパターンがあったりしますからね。

f:id:gurattoki:20190717203245j:image

ファスナーを開くとパックンフラワーのような見た目になります。笑

f:id:gurattoki:20190719190749j:image

CHIPのサイズは500円玉と比べるとこんな感じ。ほんの少しだけゆとりのあるサイズで収納枚数は100円玉で10枚、500円なら8枚とのこと。

普段からキャッシュレスな生活を送っているのであれば、必要十分すぎる容量です。

f:id:gurattoki:20190717203228j:image

実際に小銭を10枚くらい種類問わず入れてみた様子がこちら。膨らみは感じられますが、しっかり収納できていますね。

 

CHIPを1週間使ってみた感想

f:id:gurattoki:20190717203317j:image

CHIPの使用感ですが、概ね想像していたとおりいい製品です。

このサイズなので、どこに入れてもかさばることもありません。

ポケットに入れると、小銭単体を入れているのとほとんど変わらないサイズ感でありながら小銭がまとまるのでめっちゃ助かります。

f:id:gurattoki:20190717203235j:plain

ちなみにモカでは、プルアップ(オイルの移動による変色)が起きると注意書きがありましたが、今のところ色の具合はそんなに気になる感じではありません。

たしかにシワは最初からあるんですが、それが革製品ってもんでしょうからね。

むしろぼくとしては味があっていいとすら思うわけです。はい。

サイズ感は最高に最小なので言うことない

f:id:gurattoki:20190717203253j:image

サイズ感はほんとに最小で言うことありません。

ご覧の通りめっちゃ小さいですね。写真一番右はiPhone XSですが、比べてみれば一目瞭然です。

ちなみに真ん中の財布は同じくDripが発案、発売している、キャッシュレス時代に向けた財布「PRESSo」というのですがこちらも最高で、記事の最後に紹介しているのであとでチェックしてみてくださいね。

PRESSoとCHIPが干渉してキズが入りやすい

f:id:gurattoki:20190717203226j:image

これは同じくDripが開発した最小の財布「PRESSo」を持っている方に限るかもしれませんが、PRESSoとCHIPはどちらも同じ場所に入れて持ち運ぶことが多いと思うんです。

二つ合わせてもコンパクトですからね。

そのときにどうしても気になるのが、CHIPのファスナーがPRESSoに干渉してキズがつくこと。

ファスナーがある以上はこのへん致し方ないのですが、キズが入るのが気になる方は別々の場所に入れて持ち歩くの方が間違いないですね。

 

まとめ

f:id:gurattoki:20190717203235j:image

こんな感じで最小の小銭入れ「CHIP」をレビューしてみました。

この小銭入れはほんと革命的。今まで使っていた小銭入れの半分以下のサイズでありながら、容量も自分の使い方なら必要十分。

これで革製とくればもう文句ありません。

とにかく小さい革製の小銭入れをお探しの方にはおすすめのアイテムですよ。

まだ一般販売の日程は未定ですが、販売が始まればこの記事にも追記したいと思います。

Makuake|小さな財布のパートナー。最小※のミニマル小銭入れ「CHIP」

次はこちら:超コンパクトな財布「PRESSo」

f:id:gurattoki:20181222215133j:plain

記事中でも紹介したPRESSo。

ミニマルな財布でこの財布を使ったら、もう大きな財布には戻れないと思うくらいに快適です。

こちらはすでに一般販売されているので、気になる方はぜひ以下のレビュー記事をチェックしてみてください。

ミニマルでありなあがら実用的な財布|PRESSoを一週間使ってみたのでレビューしてみる。 - ぐらっと記