ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

【日帰り観光】のどかな自然を堪能できるうきは市|実際に行ってみたのでそのプランをご紹介!

f:id:gurattoki:20180722100030j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事では福岡県うきは市の日帰り観光プランをご紹介していきたいと思います。

ぼくが実際に行ってみたコースなので、時間なども参考にしていただけるはずですよ。

福岡県うきは市

うきは市は福岡県南東部にあり、大分県との県境に位置する町。

果物の名産が多く自然豊かな町並みで、観光スポットも多く楽しめる場所です。

福岡県 うきは市ホームページ

うきは市日帰り観光プラン

それでは、ここからうきは市の日帰り観光プランを実際に行ってみた道のりに沿って、紹介していきたいと思います。

なお、基本的に車が必須となりますので、自家用車がない場合はレンタカーなどが必要です。

白壁の町並み

まず向かったの白壁の町並みというスポット。

うきは市の中心部にある筑後吉井地区と言う場所で昔ながらの白壁が並ぶ町並みを堪能することが出来ます。

雰囲気はとても良かったのですが、この日は35℃を超える猛暑日。歩いているだけで汗があふれてきました。

夏場は熱中症対策が必須ですね。

f:id:gurattoki:20180722100030j:image

f:id:gurattoki:20180722100026j:image

f:id:gurattoki:20180722100019j:image

とってもいい雰囲気でランチスポットやカフェも何軒か見かけました。

f:id:gurattoki:20180722100015j:image

f:id:gurattoki:20180722100034j:image

f:id:gurattoki:20180722100011j:image

調音の滝

つづいて向かった先は調音の滝というスポット。

夏にぴったりの涼を感じられる場所です。

滝までの道のりは山道になるので、少しだけ狭い道もあります。

駐車場はいくつかありますが、時期や時間帯によっては少し待つことになるかも。

f:id:gurattoki:20180722100152j:image

自然を感じられる場所です。夏場は流しソーメンや流水を使ったプールもあるので、家族連れにもオススメ。

f:id:gurattoki:20180722100156j:image

f:id:gurattoki:20180722095927j:image

調音の滝がオススメスポットな理由のひとつに、滝のすぐそばまで近づけるという点があります。

f:id:gurattoki:20180722100147j:image

実際に行ってみると分かるんですが、滝のそばはめちゃくちゃ涼しいです。

まさに天然クーラー。最高でした。

 

ランチは「まぁぼや」へ

ここでランチタイム。今回は麻婆豆腐専門店のまぁぼやというお店に行ってきました。

まぁぼやは、うきは市では有名なお店で休日ともなると開店前に行列ができるくらいの人気店。

ぼくも開店時間である11時の10分前くらいには到着したのですが、それでもぎりぎり待たずに入店できるくらいでした。

必ず行きたいという方は、早めの到着が必須ですね。

店名 まぁぼや
営業時間 11時〜15時
定休日 不定
席数 22席(4人用と2人用テーブル)
駐車場 あり

f:id:gurattoki:20180722100240j:image

お店の外観。さきほど紹介した白壁の町並みに並ぶお店なのですが、おしゃれな雰囲気で周りの雰囲気とマッチしていました。

f:id:gurattoki:20180722100233j:image

メニューはこちら。ぼくは麻婆豆腐得セットを注文しました。

辛さは3段階から選べますが辛いのは苦手な方は少を選ぶのが無難です。

f:id:gurattoki:20180722100228j:image

15分くらい待ったところで麻婆豆腐が運ばれてきました。

味はほんとに最高で今まで食べた麻婆豆腐の中で一番と言えるうまさ!ただし、辛さが普通でも結構辛かったので、ここは気をつけておいたほうがいいでしょうね。

 

つづら棚田

続いてはつづら棚田です。

日本の棚田百選にも選ばれている見応え十分なスポット。

つづら棚田に向かう際の注意点としてはとにかく道が狭いこと。

完全に山道でこんな道をいくのかというような道を進むので、運転が苦手な方はちょっと注意です。

でもたどり着いたら絶景が待っているので、行ってみる価値はありますよ。

ちなみに駐車場はないので、少し開けた場所に駐めることになります。

f:id:gurattoki:20180722100329j:image

日本の原風景って感じで、心が洗われる気持ちです。

f:id:gurattoki:20180722100325j:image

f:id:gurattoki:20180722100320j:image

こちらのつづら棚田は彼岸花が咲く9月頃が一番人気らしいのですが、あの道の狭さで車が行き交うと考えるとちょっと躊躇してしまうかも。

夏場は人が少ないのか他には車はほとんど見かけませんでしたので、意外とオススメの時期かもしれませんよ。

町の駅「うきは」

f:id:gurattoki:20180725164157j:image

最後に向かったのは道の駅「うきは」です。

この道の駅、なんと九州一の評価らしくぼくが行った午後二時くらいもかなりの人で賑わっていました。

住 所 福岡県うきは市浮羽町山北729-2
電話番号 0943-74-3939
営業時間 09:00~18:00
休館日 第2火曜日

主に地元で採れた野菜や果物、惣菜が販売されていて、価格的には相当安かったですね。

他にもソフトクリームが名物らしく売り場には行列ができていました。

今回は食べられませんでしたが、もし次に行ったときには食べてみようかな。

まとめ

こんな感じで福岡県うきは市の日帰り観光プランを紹介してみました。

のどかな自然を満喫できたので、都会の喧騒を忘れて自然を満喫したいと言う方にはオススメの町です。

今回改めて思いましたが、こういった旅ではやっぱりスマホが活躍しますよね。ナビとしても有用ですし、ランチ情報もすぐ探せますもんね。

そんなスマホのお供にオススメなのがAnkerのモバイルバッテリー。

これひとつでコンセントからの充電もスマホへの充電もできちゃう優れモノです。ひとつ持っているだけで旅が快適になりますよ。

最後まで読んでいただきありがとうございました。