ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPhone 13 mini エアージャケットケースをレビュー|iPhone本体のカラーを楽しむならこれ

f:id:gurattoki:20211002162052j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

今回はiPhoneケースの定番のひとつであるパワーサポートのiPhone 13 mini用エアージャケットケースをレビューしてみたいと思います。

iPhoneケースは各シリーズで純正レザーケースや極薄ケース、さらには耐衝撃ケースなどいろいろと使ってきました。

その中でiPhoneを買い替えても、継続して使っているケースのひとつがエアージャケットケースになります。

実際の使用感をレビューしていますので、購入の参考になれば幸いです。

iPhone 13 mini エアージャケット クリアケース レビュー

f:id:gurattoki:20211002144058j:image

エアージャケットといえば、iPhoneの発売とともに長く愛されてきた日本国産のケース。

iPhone 12 miniでエアージャケットを使っていて、質も高くて使いやすいケースだったのでiPhone 13 mini用も買ってみようということで購入してみました。

f:id:gurattoki:20211002144049j:image

カラーはもちろんクリア、iPhone本体のカラーを楽しむためにはこれ一択です。

ぼくはApple純正のレザーケースも使っているので、季節や気分によって併用を考えています。

f:id:gurattoki:20211002144040j:image

このケースのいいところといえば、やはりシンプルさでしょう。

メーカーロゴも余計なカラーリングもないミニマルなクリアケース。

f:id:gurattoki:20211002144044j:image

一切のムダを省きながらも一定の保護性能を有しているという点において、このケースの上にでるものはそうそうないと思いますね。

f:id:gurattoki:20211002144054j:plain

左:iPhone 12 mini用 右:iPhone 13 mini用

以前使っていたiPhone 12 mini用と並べてみました。

デザインとしてはカメラ部分と厚みが違うくらいですが、使い込んだ経年変化によるものなのか、iPhone 12 mini用は全体的にうっすら黄色がかっているようにみえますね。

f:id:gurattoki:20211002144717j:image

iPhone 13 miniに装着してみました。

iPhone本体はスターライトというホワイト系のカラーなんですが、やはりクリアケースだと本体のカラーが非常に映えますね。

この感じは純正レザーケースでは味わえませんよね。

f:id:gurattoki:20211002144047j:image

純正レザーケースは質感は最高なんですが、iPhone本体のカラーはほとんど隠れてしまう点だけがネックなので、その置き換えとしてエアージャケットを選ぶ価値は十分にあるでしょう。

f:id:gurattoki:20211002144038j:image

側面をみるとボタン類は露出していて、押しやすさはまずまず。

f:id:gurattoki:20211002144036j:image

カメラ部分は出っ張り部分も保護できるよう、ケースも同様に出っ張っています。

f:id:gurattoki:20211002144056j:image

Lightning端子は太めのケーブルでも挿せるよう、ある程度の広さで切り欠かれていますね。

f:id:gurattoki:20211002144100j:image

ディスプレイ側はちょっとわかりにくいですが、縁の部分はせり出しています。

f:id:gurattoki:20211002144033j:image

ただディスプレイ面には干渉していないのでフィルムを貼っても問題はなさそうですね。

実際にぼくはガラスフィルムを貼っていてもまったく問題なくて、ケースも普通に使えています。

f:id:gurattoki:20211002144042j:image

背面はiPhone本体とケースが張り付いて見栄えが悪くならないように、細かい凹凸がついています。

リンゴのロゴマーク部分をみてもらうと小さな粒のような模様がみえると思います。

これによって張り付き対策としているわけですね。

f:id:gurattoki:20211002144051j:image

気になる点とあげるとすると、テーブルなどに置いた際にカメラ部分が出っ張っていてぐらつくという点くらいでしょうか。

これはiPhone 13シリーズのカメラの大きさによるものなんですが、純正ケースでも同じく出っ張ってしまいますし、全体を平らにしようとすると全体が厚くなってしまうので仕方ない部分なのでしょうね。

まとめ

f:id:gurattoki:20211002144031j:image

こんな感じでiPhone 13 mini用エアージャケットをレビューしてみました。

欠点らしい欠点のないミニマルさ、iPhone本体のカラーを楽しみたいという方には間違いなくおすすめのケースです。

価格は3,000円しない程度なので、ケースとしては高くもなく安くもなくといった価格帯でこの満足感なら十分すぎますね。

クリアケースをお探しの方はぜひこのエアージャケットを試してみてもらえればと思います。

ブロガーのガジェットポーチの中身を紹介してみる【2021年9月版】 - ぐらっと記