ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPad mini 6 Smart Folio レビュー|気になるポイントはひとつだけ

f:id:gurattoki:20211016220450j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

今回はiPad mini 6の純正アクセサリ、Smart Folioをレビューしていきたいと思います。

iPad mini 6のケースは純正ではSmart Folioしかラインナップされていないことから、購入を検討している方が多いはず。

実際に使ってみた結論としては、全体的な使用感はさすが純正といった感じで満足できるものでした。

気になるポイントも含め、実際に使ってみた感想をまとめていますので購入検討の参考にしていただければ幸いです。

iPad mini 6 Smart Folio レビュー

f:id:gurattoki:20211016144709j:image

ということでさっそく届いたSmart Folioを開封していきたいと思います。

カラーはブラック、もともとは今回の新色であるダークチェリーのカラーでAmazonにて購入していたんですが、いつまで経っても届く気配がなかったので、Apple公式から納期の短いブラックを購入したという感じ。

アクセサリがカラーによって1ヶ月ほど待つ状態が続くというのは驚きですね。数が少ないのか、はたまためちゃくちゃ売れているのかわかりませんが。

f:id:gurattoki:20211016144714j:image

開封すると中身はケースのみ、特に付属品はありませんでした。

f:id:gurattoki:20211016144656j:image

背面はAppleのロゴが入っていて、公式感がありますね。

f:id:gurattoki:20211016144712j:image

内面に関しては全面が起毛素材になっていて、本体にキズがつかないようになっていますね。

f:id:gurattoki:20211016144720j:image

さっそくiPad miniに取りつけていきたいと思います。

Smart Folioはマグネットで接着する仕組みでケースにはめ込むようなものではないため、着脱はかなり簡単。

それでいてしっかり接合しているので、意図的に剥がそうとしない限り外れることはなさそうです。

f:id:gurattoki:20211016144659j:image

このSmart Folioで唯一気になるのは、側面が保護されないという点。

ケースタイプであれば側面もしっかりと保護されるのですが、マグネットで貼りつける仕様ではめ込みを簡略できる代わりに側面の保護がないことをどう考えるかですね。

f:id:gurattoki:20211016144701j:image

底面も同様に保護はありません。

f:id:gurattoki:20211016144717j:image

Apple Pencilの取り付けには全く影響しなくて、その点はさすが純正といった感じですね。

f:id:gurattoki:20211016144706j:image

このSmart FolioとApple Pencil、さらにガラスフィルムをあわせた iPad mini 6の総重量が446g。

フル装備でこの軽さはやはり iPad mini 6の魅力ですね。

実際にSmart Folioを使ってみた感想

f:id:gurattoki:20211016144743j:image

ここからは実際の使用感をまとめていこうと思いますが、まずSmart Folio自体が本体よりも品薄なんじゃないかというくらいに入手困難な状況にありました。

その結果、本体を手に入れてから10日ほど経ってようやく入手することができたという状況。

Smart Folioが届くまではケースなしで裸運用していたので、奇しくもケースの有無による使用感の違いも感じられました。

そのあたりもあわせて紹介していきたいと思います。

f:id:gurattoki:20211016144746j:image
まず思ったのは、想像以上に軽くて薄いのでiPad miniの特徴を損わずに保護の役割を果たしてくれるという点。

ぼくがiPad ProでMagic Keyboardを使っている影響で軽く感じる面もあるかもしれませんが、Smart Folioは想像以上にいいものだなと感じています。

f:id:gurattoki:20211016144752j:image

次にスタンドとしての使用感ですが、一番メインどころになる横向きでの使用は安定感もあって動画視聴などには最適です。

この状態でブラウジングなどの際に頻繁にタップするとなると、ディスプレイの上の方をタッチするときの不安定さが少し気になるかもしれません。

基本的には動画を視聴するときなど、ほとんどディスプレイに触れずに済むようなシチュエーションでは大活躍してくれること間違いなしです。

f:id:gurattoki:20211016144754j:image

ペンを使った作業の場合はスタンドの向きを変えて角度を緩やかにして使います。

これが以外と安定感もあって非常に気に入りました。ちょっと想定していた以上によくて正直驚いています。

お絵かきや文字を書いたりする際は、この向きが活躍してくれそうですね。

f:id:gurattoki:20211016144749j:image

iPad miniを手持ちで使う際にもSmart Folioの良さを感じていて、裏面に内側の起毛素材がくることで、滑り止めになって持ちやすさがアップするんですよね。

裸運用の際でもそこまで持ちにくい感じはしなかったんですが、Smart Folioを使うことでさらに持ちやすくなりました。

ここまでざっくりと使ってみた感想を書いてみましたが、不満らしい不満といえば側面の保護が薄いくらいでそれ以外は非常に満足感の高い製品だと感じましたね。

iPad miniのサイズだとMagic Keyboardが発売される可能性も低いでしょうし、Smart Foolioが安定の選択肢になりそうだなというのがぼくが実際に使ってみての感想です。

まとめ

f:id:gurattoki:20211016144720j:plain

こんな感じでiPad miniのSmart Folioについてレビューしてみました。

総じてかなり満足感も高くて、これはiPad miniとセット買いして損はしない非常に良いアイテムだと感じましたね。

これからiPad miniを購入される方やケース選びに迷っている方、側面の保護さえ妥協できるのであれば、Smart Folioを選んでおけば間違いないですよ。