ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

とにかく薄い!iPhone SE用ケース"エアージャケット”レビュー

f:id:gurattoki:20180210201439j:image

 

こんにちは、ぐらっとです。

今回は、ぼくが現在使用しているiPhone SE用ケース”エアージャケット”を新しく購入したのでレビューしてみたいと思います。

今まで使っていたApple純正レザーケースと比べ、今回購入したケースはとにかく薄くて、ケースなしでの運用と変わらないくらいの感覚です。

Apple純正レザーケースにも十分満足していたのですが、その純正ケースもちょっと飽きてきたので、気分や季節によってケースを変えたりしたい。と思っていろいろと探した結果として”エアージャケット”に行き着いたわけです。

ぼく自身このケースに満足していますので、その理由を紹介していきたいと思います。

 

この”エアージャケット”をざっくりいうと…

  • ケースはつけておきたいけど、とにかく軽量、コンパクトにしたい方
  • 純正ライクでミニマルなiPhone SE用ケースを探している方 ※特にホワイト(純正ケースにはホワイトの展開なし)

こんな方にはオススメできるケースです。

 

 

iPhone SE用ケース ”エアージャケット” レビュー

というわけで、さっそくレビューしていきたいと思います。

開封の儀

f:id:gurattoki:20180210201609j:image

ぼくが購入したのはホワイト。今まではブラックのケースだったので真逆のカラーになります。ホワイトは汚れとかが気になって敬遠していたのですが、とあるきっかけでホワイトがめちゃくちゃ気になって今回はこちらを選びました。

ちなみに、iPhone SE用の”エアージャケット”には

  • クリア
  • クリアブラック
  • ラバーホワイト(本色)
  • ラバーブラック

以上の4色が展開されています。

f:id:gurattoki:20180210201627j:image

内容物は以下のとおりです。

  • エアージャケット本体:1個
  • AFPクリスタルフィルム:1枚
  • アンチグレアフィルム:1枚
  • 超極細繊維クリーナークロス:1枚
  • フラッシュガード PAT.P.:2個

引用: POWER SUPPORT(パワーサポート)

ぼくの場合、フィルムはすでに他のものを貼っていて、今のところ不要ですので予備として持っておきます。 

f:id:gurattoki:20180210201649j:image

ケースはこちら。ホワイトということで当然ながら真っ白です。メーカーロゴなんかもなくて、シンプルな作りになっています。

今まではブラックのケースを使っていたので、スマホケースのカラーとしては、ぼくとしてはかなり新鮮です。笑 

カメラ部分のみがフラッシュガードで黒くなっていますね。

f:id:gurattoki:20180210201702j:image

内側は、ツルツルなのでiPhone取り付け時にはゴミなどがないことを確認して取り付けるようにしましょう。そうしないとキズがつくかもしれませんので。

 

iPhone SEへ”エアージャケット”を取り付ける

f:id:gurattoki:20180210201743j:image

さっそくiPhone SEへエアージャケットを取り付けてみました。iPhone本体はシルバーなので前面はホワイト一色に。統一感があっていい感じです。

f:id:gurattoki:20180210201901j:image

続いて裏面です。ミニマルで統一感のある外観になりました。

f:id:gurattoki:20180210201919j:image

あとはボタン周りを見ていきたいと思います。

基本的にすべてケースのボタン部分はくり抜かれているので、iPhone本体のボタンが露出しています。押しにくさはなく、ボタン位置にきっちりケースがフィットしていますね。

f:id:gurattoki:20180210201933j:image

電源ボタンはケースのくぼみが深いので、ちょっと押しにくいかもしれません。ぼくとしては許容範囲ですが。 

f:id:gurattoki:20180210201946j:image

ライトニングケーブルとイヤホンジャック接続部。イヤホンジャック部分は6.5mmまで接続可能とのことで、接続性を重視してなのか一部ケースが欠けているような形状になっていますね。

とにかくケース自体が薄い!いいこともあれば… 

このケース、ほんとにとにかく薄いです。それが特長であるわけですが、それにより犠牲になるであろう点が保護性能です。

f:id:gurattoki:20180210202010j:image

お分かりいただけるかと思うのですが、iPhone本体のディスプレイとケースの高さはつらつらなので、貼っているガラスフィルムがケースの高さより上に飛び出しているようです

もちろん全面保護されているのですが、この薄さですので耐衝撃性に関してはあまり期待しないほうがよさそうです。

f:id:gurattoki:20180210201729j:image

手に持ってみた感じでは、純正ケースよりもコンパクトになった感覚があります。ほぼ何もつけていない状態と同じくらいでしょうか。

また、iPhone SEはケースを何もつけないとすべって持ちにくかったのですが、このケースをつけていれば滑るような感覚はなく、片手で操作していても滑らせてしまうことはなさそうですね。

おまけ:Apple純正ケースと比較してみる 

f:id:gurattoki:20180210202027j:image

最後にApple純正のレザーケースと外観を比較してみたいと思います。カラーは相対するブラックとホワイトです。

f:id:gurattoki:20180210202044j:image

サイズとしては若干ですが、純正レザーケースの方が大きいです。ほんとに少しなのですが持ってみるとサイズの違いを感じますね。

f:id:gurattoki:20180210202057j:image

こちらの写真で厚みの違いもわずかですが確認できます。

純正はレザーケースであることを考えれば破格の薄さだとは思いますし、その他のポイントを含めても、ぼくとしてはエアージャケットも純正レザーケースも甲乙つけがたいです。

 

▽Apple純正のレザーケースが気になる方は、以下の記事へ。

まとめ

f:id:gurattoki:20180210202311j:image

こんな感じで、iPhone SE用ケース”エアージャケット”をレビューしてみました。

タイトルに書いたとおり、とにかく薄いので、軽量かつコンパクトです。せっかく小型なサイズであるiPhone SEなので、その良さを消さないケースとしてこの”エアージャケット”はオススメできますね。

ホワイトということでやはり汚れが気になりますが、そこはまた使っていくうちに変化が現れたら記事にしたいと思います。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。