ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

電動式だからワンタッチで開閉できる!車載スマホホルダー レビュー【Auto One】

f:id:gurattoki:20180503124144j:image

こんにちは、ぐらっとです。

この記事では、電動式のスマホホルダーについて紹介しています。

いままで車の中でのスマホの位置と言えば、ズボンのポケットかバッグの中でしたが、このスマホホルダーを買ったことでスマホの定位置を作ることができました。

最近はGoogle Mapsなどの地図アプリをナビ代わりに使う方も多いと思います。そういった方におすすめの電動式スマホホルダー。

ここではホルダーの使い方と実際に使ってみた感想をレビューしてみます。

電動式車載スマホホルダー Auto One

f:id:gurattoki:20180503124126j:image

それではさっそく開封していきたいと思います。いままでスマホホルダーって使ったことはなかったので、ちょっとワクワク。笑

ちなみにこのスマホホルダーはクラウドファインディングのMakuakeというサイトで出資して購入したモノになります。価格は初期割引ありで約2,400円。

2018年5月現在、まだ一般販売はされていませんのでご了承ください。

「サッ」とセンサーで電動キャッチ!スマート車載スマホホルダー【Auto One】 | クラウドファンディング - Makuake(マクアケ)

f:id:gurattoki:20180503124202j:image

内容物はこちらの通りです。

  • ホルダー
  • ホルダー土台
  • ホルダー充電用Micro USBケーブル
  • 取扱説明書

f:id:gurattoki:20180503124220j:image

取扱説明書を見ながらまずは組み立てます。

f:id:gurattoki:20180503182650j:image

とりあえず組み立ててみたところです。

f:id:gurattoki:20180503182712j:image

角度調整は支点の部分で行います。一定間隔ではなくフリーな角度調整が可能なようです。

f:id:gurattoki:20180503182728j:image

アームの部分も長さ調整が可能になっていますね。

5cmほどは伸縮するので、車内の設置場所が少し離れてしまっても、このアームを調整することで長さを調整できます。

f:id:gurattoki:20180503182746j:image

スマホホルダーとして最重要部と言うべき吸着部。強力なゲルを使用しており、傾斜のある場所でも使用できるとのこと。

また、水洗いすることにより吸着力が復活するとのことなので、ホコリなどがついて吸着力が弱まったときは試してみようと思います。

その他主なスペックは以下の通り。

可動幅 5.5 〜 11 cm
アーム可動域 180度
アーム調整長さ 5.1 cm
内蔵バッテリー 250mAh
待機時間 約30日
充電時間 約1.5時間
充電口 Micro USB

なお、このスマホホルダー単体でスマホの充電機能は備えていませんのでご注意を。ただし充電口となるスマホ下部は開口しており、通常の充電は可能です。

 

スマホのセット・取出し方法

続いては、実際にスマホをホルダーにセットしてみます。

ホルダーのロック解除

f:id:gurattoki:20180503183118g:plain

まずはスマホを保持するホルダーのロックを解除するところから。ホルダーの上部に触れると反応してロックが開くのですが、そのとき「ジーッ」という機械音がします。

スマホをセット(ホルダーロック)

f:id:gurattoki:20180503183238g:plain

続いてスマホをホルダーにセットするだけでセンサーによってロックがかかります。これで無事に取付け完了。

ちなみにスマホを背面向きでセットしているのは、どう頑張っても画面に自分が写り込んでしまうからです。笑

スマホをホルダーから取り出す(ロック解除)

f:id:gurattoki:20180503183305g:plain

最後にスマホをホルダーから外す際は、スマホを掴みながらホルダー上部をタッチするとロックが解除されます。

使い方はざっとこんな感じで、すべてワンタッチずつで動作が完了します。

実際にホルダーを使ってみた感想

スマホホルダーを実際に使ってみたのは初めてだったのですが、1週間ほど使ってみた感想としては以下の通りです。

ナビを使う際に便利

ぼくの乗っている車は、ナビをつけているもののもう10年位前に買ったナビなので、地図が古い状態です。

だいたいの目安はその車載ナビで事足りるのですが、細かい部分や新しい道などがないので、最近はスマホでGoogle Mapsをナビとして使用することも増えてきました。

今までは車載ナビを見ながらスマホの案内音声を聞くような感じだったのですが、ホルダーがあることで、スマホ側を設定すればスマホで案内画面を確認できます。この点はかなり便利になりますね。

充電時のスマホ置きにちょうどいい

車でスマホを充電するときって置き場がなくていまいちスマートさに欠けていました。でもホルダーに設置しておけば、スマホ充電時の置き場としては最適ですよね。

ダッシュボード上なので発熱が心配

よく考えれば買う前からわかることなのですが、夏場にダッシュボード上へ置いておくことによる発熱が少し心配です。

運転中はエアコンが効いていると言えど、どうしても高温になってしまいますよね。今回5月上旬に1時間くらい使ったときもGoogle Mapsでナビとして使用していたところ、若干ですが発熱していたので気になります。

まあ夏場は普通に使っていてもスマホって熱くなるので、車内に放置とかしなければ大丈夫だとは思いますが。

 

まとめ

f:id:gurattoki:20180503182650j:plain

こんな感じで電動式の車載スマホホルダー「Auto One」をレビューしてみました。

初めての車載スマホホルダーでしたが、Google Mapsなどのナビを活用するにはもってこいのモノですね。

吸着力は今のところ問題ありませんが、あとは夏場に暑い車内でどうなるかがポイントになりそう。この点は今後確認して行きたいと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。