ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。その他気になることもたまに書きます。

【カメラ】レンズフードの必要性について考えてみた話。

こんにちは、ぐらっとです。

さっそくですが、一眼レフカメラなどのレンズには、後付けで取り付けるレンズフードというものがあります。
高級なレンズであれば、あらかじめ付属している種類もあるそうですが、僕の所有しているレンズには付属しておらず、別途購入が必要です。
僕の場合は、レンズフードをつけているレンズもあれば何もつけていないレンズもあります。

一番初めに一眼レフカメラを購入したとき、色々とカメラに必要となる備品についても調べました。SDカード、画面保護フィルム、レンズフィルター、レンズフード、清掃用品、保管容器など必須なモノからあった方がいいレベルのモノまでたくさんです。
その中で今回はレンズフードについて、もう一度考えるきっかけがあったので記事にしてみました。

 

 

 

新しく購入したレンズにフードをつけようと思い調べてみる

僕は最近新しいカメラレンズを購入しました。

gurattoki.hatenablog.com

 

そのレンズにもレンズフードを取り付けようと思い調べてみたところ...

 

f:id:gurattoki:20170823191326j:plain

写真引用:キヤノン:EF LENS|レンズアクセサリー

 

純正品だとなんと約5,000円。フードはプラスチックの成形品なので、そこまで高くないだろうという気もしますし、最初からレンズに付属品としてくれていてもいいくらいだと思うのですが...。
ということで、見た目がかっこよくなるから、なんとなく保護できそうだからではなく、必要性を真面目に検討してみた次第です。

 

やはりレンズフードは必要?


レンズフードは、一般的にレンズ本体の保護と写真をキレイに撮るためという目的がありますね。

今回、僕が新しく購入したのは望遠ズームレンズです。色々と調べてみると比較的大きなレンズで伸縮もしますので、やはり、ふとしたときに周りのモノに当たってしまう可能性が高いようです。こういった際にフードを取り付けていれば、レンズ本体ではなく、フードに接触するのでレンズを守ってくれるというわけですね。
また、写真の出来栄えにもフードが影響することがあります。フードをつけていないと余計な光が写真に写り込んでしまったりして、思った通りの写真が撮れないこともあるようです。 

参照:レンズフレア - Wikipedia

 

また、フード自体も各々のレンズにあったモノでないと、フード自体が写真に写り込んでしまったりするようです。

まとめ

もともと必要だという認識がある状態で調べているからかもしれませんが、改めて調べてみる限りでは、いい写真を撮るためには、やはりレンズフードは必要なモノに感じます。

 最後まで読んで頂きありがとうございました。