ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPhone SE愛用者がiOS12についていろいろと調べてみた話【2018秋リリース】

f:id:gurattoki:20180606210213j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

先日のWWDC18。ソフトの発表のみでハードの発表はなかったことから残念に思っている方が多いかと思います。ぼくもその一人でiPhone SE2が発表されるのでは?という噂があったので、期待していたのですが見事に空振り。

毎年の恒例で秋くらいには新機種も発表されるのでしょうが、iPhone SEの後継機はない可能性が高そうですし、次の機種を買おうかどうか検討中です。

と、前置きはこれくらいにしてWWDC18で発表されたソフト面の刷新であるiOS12について調べてみましたので、iPhone SE使用者の目線から書いてみたいと思います。

iOS12の特長

f:id:gurattoki:20180606205815p:plain

ここからはiOS12の特長について、わかっていることを順に記していきます。

なお、iOS12の対象となるのはiPhone5S以降の機種でiOS11と同様の処置になっています。

iOS 12 Preview - Apple

全体的なパフォーマンスの向上※特に旧機種

iOS12の目玉と言えるであろうポイントは、このパフォーマンスの向上と言えるでしょう。AppleのiOS12に関するページでも真っ先に紹介されています

明かされている具体例としては下記の通り。

  • カメラへのアクセススピードが70%アップ
  • キーボードの表示スピードが50%アップ
  • アプリ起動スピードが2倍に

これらが実現するなら、実際に使ってみても違いを体感できるレベルのはずなので楽しみですね。

 

Face Timeを32人まで同時に行うことができる

FaceTimeは要するにテレビ電話のこと。それを32人まで同時に行うことが出来るようになるわけです。

これによってテレビ会議のような使い方が出来るようになるのでしょうね。

複数人でのFaceTimeはいずれできるようになると言われてなかなか実現していなかったので、待望の機能という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

Animojiが進化|Memojiで自分の顔を作れる ※iPhone SEは対象外

Animojiは現状ではiPhone Xでしか使えない機能ですが、このAnimojiにMemoji(ミー文字)という機能が追加され自分の顔からキャラクターを作成できるようになります。

まあこれをどのくらい使うかと言われると、iMessageとFaceTimeで使えるだけみたいなので、個人的にはなくてもいいような気がしますね。。

iPhoneを日々どれくらい使っているのか記録してくれる

現代人にはなくてはならないモノといっても差し支えないiPhone(スマートフォン)。

そんなiPhoneを毎日どのくらい使っているのかモニターできる機能が搭載されます。

この機能により、最近このアプリ使いすぎじゃない?とiPhoneが知らせてくれるようになります。

また、一定時間以上のアプリ使用を制限することも可能なようなので、子どものスマホゲームやり過ぎなどを制限するなんて使い方もありえますね。

iPhone SEでもiOS12の恩恵は受けられる?

f:id:gurattoki:20180225065854j:plain

ここまでiOS12の新機能について書いてきましたが、iPhone SEユーザーとしてはiOS12の恩恵を受けられるのかどうかが最も気になるポイントです。

実際にインストールしてみないとなんとも言えませんが、やはり旧機種のパフォーマンス向上を謳っていることを考えると、かなりの恩恵を受けられるのではないかと思っています。

iOS12でも快適に動作してくれるのであれば、最新機種に買い換える必要はなさそうです。

iPhone SEのサイズ感は他のシリーズにはないので、後継機が出ないのであればそのまま使い続ける方が多いでしょう。

 

まとめ

f:id:gurattoki:20180210201743j:plain

こんな感じで、iOS12について書いてみました。

iPhone SEは旧機種の部類に入るかと思いますので、パフォーマンスの向上がどのくらい効果があるのか気になりますよね。

iOS12のリリースは秋頃とのことなので、それまで楽しみにしておきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。