ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。その他気になることもたまに書きます。

パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS530」を購入!使ってみた感想など。

こんにちは、ぐらっとです。

今回はパナソニック(Panasonic)の衣類スチーマー「NI-FS530」についてレビューしてみたいと思います。購入理由や実際に使ってみた感想などを紹介します。

衣類スチーマー NI-FS530

このスチーマーですが、普通のアイロンのようにアイロン台を必要とせず、衣類をハンガーに掛けたままスチームできるという優れもの。

スチーマーの種類は、プレス仕上げ(NI-FS530)とやんわり仕上げ(NI-FS330)の2種類あります。

f:id:gurattoki:20171018191800j:image

参照:衣類スチーマーTOP | アイロン/衣類スチーマー | Panasonic

プレス仕上げ(NI-FS530)

  • アイロン面:フラット形状
  • 立ち上がり時間:約24秒
  • ヒーターの自動オフ機能:有り
  • カラー:ダークブルー、ピンクゴールド
  • 脱臭、除菌効果あり

やわらか仕上げ(NI-FS330)

  • アイロン面:ラウンド形状
  • 立ち上がり時間:約30秒
  • ヒーターの自動オフ機能:無し
  • カラー:ピンクブラック
  • 脱臭、除菌効果あり

主な特長を見た感じ、プレス仕上げ(NI-FS530)の方が上位機種の位置付けと考えて良さそうです。

 

購入した理由

ぼくは今までアイロンを持っていなかったのですが、それはアイロン台も含めかなり場所をとってしまうという理由でした。その点、このスチーマーであればアイロン台がなくても使えます。
また、クリーニングに出してしっかりプレスする程ではないにしても、シャツなどのシワを少し伸ばしたいという、ぼくの希望する用途にぴったりだったのも購入に至った理由のひとつでしたね。

 

さっそく開封【レビュー】

f:id:gurattoki:20171018192342j:image

さっそく開封してみたいと思います。ぼくは上位機種となる「NI-FS530」を購入しました。カラーはダークブルーを選択。

f:id:gurattoki:20171018192351j:image
内容物としては、スチーマー本体と専用のカップ、スチーマーを置くスタンドと説明書になります。

f:id:gurattoki:20171018192650j:image

f:id:gurattoki:20171018192657j:image

使い方としては、専用カップに水道水を入れてスチーマーのタンクに水を入れます。

f:id:gurattoki:20171018192828j:image

f:id:gurattoki:20171018192835j:image

あとはコンセントを刺して電源を入れるだけです。 

使ってみた感想

まだ少しだけしか使っていないのですが、ざっくり以下のような感想です。

シワはそれなりにとれる

慣れていない状態でやっただけなので、確実なことは言えませんが、まあそれなりにきれいになる。という感想です。

下記に参考までにスチーム前後の写真を載せておきます。一枚目がスチーム前、二枚目がスチーム後のものです。

f:id:gurattoki:20171018202408j:image

f:id:gurattoki:20171018202420j:image

f:id:gurattoki:20171018210248j:image

f:id:gurattoki:20171018213404j:image

f:id:gurattoki:20171018203418j:image

f:id:gurattoki:20171018203431j:image

水は一枚ずつスチームする毎に補給

長袖のシャツを例にすると、一枚毎に水を補給する必要がありました。タンク自体が小さいので、致し方ないところではありますね。

本格的に何枚も使用することは想定されていないと思いますので、ある意味当然ではあります。

 

 

まとめ 

こんな感じで、パナソニックの衣類スチーマー「NI-FS530」について書いてみました。本格的なアイロンには劣りますが、ハンガーに掛けたまま短時間でシワ取り、脱臭などが出来るのでおすすめできる商品だと思います。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

【あわせて読みたい】

家電製品などによくある保証期間の延長って必要なのか考えてみた話。【延長保証】 - ぐらっと記