ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

フジフイルム「X100F」ファーストインプレッション|所有欲を満たしてくれる最高のカメラになりそう

f:id:gurattoki:20190629081059j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

ついに買っちゃいました。X100F。

この記事では、前々から欲しいと思っていてようやく手に入れたフジフイルムのハイエンドコンデジ「X100F」のファーストインプレッションをつらつらと書いていきたいと思います。

2017年に発売されたカメラですので、今更感はあるかと思いますがその辺はご了承ください。

フジフイルム X100F ファーストインプレッション

どんなアイテムも開封が一番の楽しみ

f:id:gurattoki:20190629081046j:image

どんなモノでも開封の瞬間ってめっちゃわくわくしますよね。それが待望のアイテムだったらなおさらに。

f:id:gurattoki:20190629081043j:image

外箱もかっこよい。

f:id:gurattoki:20190629081029j:image

内箱には「X」の文字。細かいとこもこだわりを感じます。

f:id:gurattoki:20190629081051j:image

内箱を開けると取説関連が。これは後でじっくり読もう。

f:id:gurattoki:20190629081048j:image

さらに開封していくとやっとX100F本体が姿を現してくれました。はやる気持ちを抑えつつ内容物を確認しましょう。

f:id:gurattoki:20190629081031j:image

というわけで内容物はご覧の通り。ストラップは多分使わないし、充電はMicro USB経由でいけるので充電器周りも使うことはないかなぁ。

でも、もしものことを考えて付属品はちゃんと保管しておきます。

そして主なスペックはこちら。詳細についてはフジフイルムのホームページを確認ください。

FUJIFILM X100F : 主な仕様 | 富士フイルム

有効画素 約2,430万画素
センサー X-Trans CMOS III (APS-C)
焦点距離 f=23mm (換算35mm) ※単焦点
開放F値 F2
最短撮影距離 約10cm
撮影可能枚数 約270枚(EVF) 約390枚(OVF)
寸法 126.5mm×74.8mm×52.4mm
重さ 469 g

 

フジフイルム X100F 外観レビュー 

f:id:gurattoki:20190629081023j:image

ここからはX100Fの外観をチェック。

レトロな雰囲気を感じさせるデザインですよね。このいかにもカメラって感じが好き。

f:id:gurattoki:20190629081056j:image

ちょっとだけ斜めから見てもやっぱりかっこいい。

インテリアとして飾るでも買った価値があると思わせてくれるレベル。もちろん使いますが。

f:id:gurattoki:20190629145251j:image

カメラの一番のポイントとも言える軍艦部分。

左側はフジフイルムのロゴとX100Fという機種名のみ。右手側に操作系を集中させているようですね。

ダイヤル関連はフジフイルムXシリーズ伝統のスタイルで、直感的な操作が可能です。

f:id:gurattoki:20190629081020j:image

左手側の側面にはフォーカスモード切り替えスイッチがあります。

f:id:gurattoki:20190629081035j:image

右手側には外部接続の端子類。Micro USBからの充電が可能なので、緊急時はモバイルバッテリーからも充電もできて何かと便利です。

f:id:gurattoki:20190629081040j:image

カメラ背面はこんな感じです。

こちらも右手の方に操作系が備えられています。正直まだ使いこなせてませんが慣れれば便利そう。

X100Fのサイズ感

f:id:gurattoki:20190629081026j:image

手持ちの同じくフジフイルムのカメラ「XF10」と比較してみました。大きさでいうと一回りX100Fが大きいことが分かるかと思います。

XF10もコンデジでありながらAPS-Cセンサーを搭載しており、コンパクトでいいカメラなんですよ。

それなのになぜ同じフジフイルムのX100Fを買ったかというと、フジ独自のセンサーやふわふわの描写に惹かれたわけです。ここは話すと長くなるのでこの辺りで。

▽XF10のレビューはこちら

【作例あり】フジフイルム XF10 レビュー|APS-Cコンデジで写りよし。欠点もあるがこの価格なら文句なし。 - ぐらっと記

f:id:gurattoki:20190629081059j:plain

コンデジといってもそのサイズは一般的なイメージよりは大きめ。

ポケットに入れて持ち運ぶというよりは、バッグに忍ばせるというのが正しいでしょうね。

X100F、かっこよい

f:id:gurattoki:20190629081054j:image

現状のX100Fはこんな感じになっています。かっこよい。

どんなアクセサリーをつけているかについては、こちらの記事を参照ください。

FUJIFILM X100F用に揃えたアクセサリー9つ!実際に買ったものだけを紹介する! - ぐらっと記

X100Fをちょっとだけ使ってみた感想

まだ少しだけしか使えていませんが、撮ってみた写真を載せておきます。

f:id:gurattoki:20190629081245j:image

開放で撮影するとふわふわの描写になると聞いてはいましたが、ほんとにその通り。ピントが甘いような独特とも言える写りですね。

ちなみにここに載せた3枚の写真はすべて開放で撮っています。

他のカメラでは撮って出しでこんな風にはならないと思いますので、独特な写りであることは間違いありません。この辺は賛否あるようですがぼくは好きですね。

f:id:gurattoki:20190629081243j:image

f:id:gurattoki:20190629161323j:image

ぬいぐるみもふわっと写っています。

ちなみに子どもも何度か撮ってみたんですが、色合いやふわっとした感じがかなり好きで今のところ文句ありません。

これから使っていくうちにもっと好きになりそうな、今までに体験したことのないカメラになってくれそうです。

 

まとめ

f:id:gurattoki:20190629081038j:image

こんな感じでフジフイルムのハイエンドコンデジ「X100F」のファーストインプレッションを書いてみました。

いろんな方のブログでレビュー記事を見たとおり、外観のかっこよさはもちろんのこと、ふわっとした写りも想像通り。

これから長く愛用していけそうなカメラなので、いろいろ写真を撮ったらまたブログに書きたいと思います。

▽X100Fと一緒に買ったアクセサリーはこちら

FUJIFILM X100F用に揃えたアクセサリー9つ!実際に買ったものだけを紹介する! - ぐらっと記

次はこちら:さらにコンパクトなフジのコンデジ「XF10」

f:id:gurattoki:20190405065612j:plain

記事中でも登場したフジフイルムのコンデジ「XF10」、こちらはX100Fよりもコンパクトで取り回ししやすい上に写りもなかなかいい。

さらにXF10はX100Fの半値で買えちゃうというメリットもあって買ってみたカメラです。

別記事で作例もいくつか載せていますので、一度チェックしてみてくださいね。

【作例あり】フジフイルム XF10 レビュー|APS-Cコンデジで写りよし。欠点もあるがこの価格なら文句なし。 - ぐらっと記