ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

土屋鞄のブライドル名刺入れをレビュー。重厚なレザーの質感が最高によい。

f:id:gurattoki:20191105185548j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

みなさんはどんな名刺入れを使ってますか?

ぼくは今まで無印良品の比較的安価な名刺入れを使っていたんですが、もうすぐ30歳になることだし、名刺入れもいいモノを買いたいと思ってじっくり検討した結果、ブライドルレザーを使った土屋鞄の名刺入れを購入。

ということでこの記事では、土屋鞄のブライドル名刺入れをレビューしてみたいと思います。

いい名刺入れを買いたいと思っている方の参考になれば幸いです。

 

土屋鞄 ブライドル名刺入れ レビュー

f:id:gurattoki:20191105185609j:image

さっそく開封していきたいと思います。土屋鞄のロゴが入った外箱。

どの製品を買ってもこの手の箱です。土屋鞄の製品はいくつか持っていて、その度にこの箱を目にするわけですが、新しく手に入れた革製品を見たくて毎度わくわくしちゃいますね。

ブライドル 名刺入れ / 土屋鞄製造所

f:id:gurattoki:20191105185612j:image

箱の中には革製品を取り扱うにあたっての注意書きが添えられています。

f:id:gurattoki:20191105185555j:image

さっそく不織布から取り出していきます。

f:id:gurattoki:20191105185628j:image

ついにご対面。ブライドルレザーを使った名刺入れです。

色は無難にブラックを選択。他にカラーは焦げ茶、ダークグリーンがラインナップされていますが、やはりブラックがどんな場面でも一番使いやすいかなと思いますね。

f:id:gurattoki:20191105185616j:image

まだロウがしっかり残っていて、いかにもブライドルレザーといった存在感を感じさせます。

ブライドルレザーはロウが残っているときの重厚感がいいんですよねー。

f:id:gurattoki:20191105185635j:image

なお内側はヌメ革を使用しており、ブラウン色となっています。

内側もブライドルレザーだったらなお良いんですが、そこはコストの問題なのかデザインの問題なのか分かりませんが、まあ仕方ないかと思ってます。

ブライドルレザー独特の質感

f:id:gurattoki:20191105185638j:image

みてください、この質感。

f:id:gurattoki:20191105185619j:image

この白いロウがほんと好きなんですよね。ブライドルレザーにしかない特徴的な印ですよね。

f:id:gurattoki:20191105185558j:image

内面はソフトヌメ革という素材が使われており、触った感じも確かにソフト。表面のブライドルレザーとは対照的に柔らかな雰囲気を持っていますね。

もちろんヌメ革も経年変化が楽しみやすい素材で悪くはないんですが、やはりブライドルレザーをメインに据えたアイテムなので、ここでヌメ革というのは少し残念ではあります。

f:id:gurattoki:20191105185601j:image

そして地味に気になるコバの状態。ここも丁寧な仕上げで個人的には満足です。

f:id:gurattoki:20191105185544j:image

この重厚な雰囲気がブライドルレザーの醍醐味といっても過言ではありません。

いろいろな革の種類がありますが、見た目に関して言えばブライドルレザーが一番好きな素材ですね。

 

ロウをケアブラシで払ってみる

f:id:gurattoki:20191105185626j:image

それではここからはブライドルレザーの特徴ともいえるロウを払っていきたいと思います。

f:id:gurattoki:20191107201840j:image

ロウを払う為に使うのがこちらのケアブラシ、ブライドル名刺入れに付属していたものになります。

ロウを払うとまた少し違った表情を見せてくれる

f:id:gurattoki:20191105185551j:image

ということでロウを払ってみた結果がこちら。

あまり強くやりすぎると表面に擦った後みたいなものが残ってしまうので、優しく払っていってます。

f:id:gurattoki:20191105185632j:image

なんだか先ほどまでとは全く違う製品のような佇まいに見えますよね。

でもこれはこれで、荒々しさが落ち着いて、少し大人な印象になった気がします。

f:id:gurattoki:20191105185622j:image

もちろんロウの残ったまま、少しずつロウが払われていく過程を楽しむのもブライドルレザーならではの楽しみではあります。

ただ、仕事で使うものなので、ロウの残ったままはちょっとどうかなと思ってほぼ全て払ってしまいました。

f:id:gurattoki:20191105185604j:image

ロウを払うと黒一色でシュッとして見えます。

ロウが表面にあることで重厚かつ無骨な感じが出ていたと思うんですが、この状態にすると洗練された印象に変わります。

このあたりがブライドルレザーの人気の理由なんじゃないかと思いました。

f:id:gurattoki:20191105185606j:image

サイズ感はごく普通の名刺入れと言った感じ。ただ厚みだけが名刺の保管枚数を優先するために厚手になっていますね。

ブライドルレザー最高です。

f:id:gurattoki:20191105185548j:image

いろいろ書いてきましたが、伝えたいことはブライドルレザーはとにかく最高によいという話。

ビジネスで使うアイテムとして考えた場合、ロウが残ったままだと少し荒々しさが強すぎるかもですが、ロウを払ってしまえば上品な雰囲気に仕上がります。

少し高いですが革好きな方には手に入れてみてほしいモノです。

 

まとめ

f:id:gurattoki:20191105185626j:plain

こんな感じで土屋鞄のブライドルレザーを使った名刺入れをレビューしてみました。

非常に質感の高い名刺入れで、仕事中でも革の美しさにふれることができて満足感は抜群。

これから長く相棒として活躍してくれそうな一品です。

安くはありませんが、きちんと手入れすれば経年変化も見せてくれるし、革好きなら理にかなった買い物だと思いますよ。

次はこちら:肌触りのよいレザー、トーンオイルヌメ

f:id:gurattoki:20180917063355j:plain

関連して、こちらも土屋鞄のキーケースをご紹介。

このキーケースの特徴はとにかく革が柔らかいこと。さわり心地良すぎてほんと最高なんです。

車のスマートキーも収納できるので、どんな方にも使っていただけるアイテムだと思いますよ。 

【レビュー】土屋鞄のスマートキーも収納できるキーケース「トーンオイルヌメ ソフトカバー」 - ぐらっと記