ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

【レビュー】サウンドピーツの「TrueCapsule」はコスパに優れた完全ワイヤレスイヤホン!【PR】

f:id:gurattoki:20190630053200j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事では、サウンドピーツ(SoundPEATS)社の完全ワイヤレスイヤホン「TrueCapsule」をレビューしてみたいと思います。

昨今、完全ワイヤレスイヤホン市場はかなり進化していますよね。

ぼくが初めて買った完全ワイヤレスイヤホンはソニーのWF-1000X(当時約25,000円)でしたが、接続安定性などは実際のところまだまだ発展途上な感じでした。

でも最近では数千円台で買えるモノもかなり安定して使えるレベルになっているというのが事実。今回紹介する「TrueCapsule」も実際に使ってみてコスパの良さには驚きましたね。

その辺を詳しくレビューしていきたいと思います。

※なお今回紹介するイヤホンは、サウンドピーツ社より提供いただいたサンプル品となります。

サウンドピーツの完全ワイヤレスイヤホン「TrueCapsule」レビュー

f:id:gurattoki:20190630053138j:image

さっそく届いたイヤホンを開封していきたいと思います。外箱はシンプルな感じ。

f:id:gurattoki:20190630053135j:image

イヤホンケースが登場。サウンドピーツの頭文字「S」がロゴになっているようです。

f:id:gurattoki:20190630053140j:image

内容物はイヤホン本体とケース、充電用のMicro USBケーブル、イヤーピースがサイズ違いで2種(もう1種はイヤホンに取付けられた状態)、最後に取説となります。

f:id:gurattoki:20190630053149j:image

まずはケースのサイズ感をチェック。横に置いているのはiPhone XSです。

完全ワイヤレスイヤホンのケースとしては一般的なサイズになるかと思います。

f:id:gurattoki:20190630053200j:image

ケースを開けてみると、横向きにイヤホンが収納されていますね。

AirPodsなどは縦型の収納ですが、どちらの方がいいというのもないのでまあこんなものと思ってもらえれば。

f:id:gurattoki:20190630053143j:image

イヤホンの外観はご覧の通り、マットブラックでつや消しなので光沢はありませんね。これによって指紋が目立たないのは高評価です。

質感としてはやはりチープさは否めません…が、そこは価格なりといった感じ。

f:id:gurattoki:20190630053147j:image

イヤホンとデバイスの接続は特に苦もなくできました。イヤホンを取り出して、デバイス側のBluetoothをONにすれば認識します。

一度ペアリングしてしまえば、次からはイヤホンを取り出したタイミングでペアリングするのでシームレスに音楽を楽しめますね。

ちなみにIPX5の防水仕様となっているので、少々の雨なら問題なく使えるのは嬉しいポイント。

連続再生時間 約4時間
充電時間(イヤホン) 約1.5時間
充電時間(ケース) 約2.5時間
ケースでの充電 最大5回
接続方式 Bluetooth5.0

実際にサウンドピーツの「TrueCapsule」で音楽を聞いてみる

f:id:gurattoki:20190630053143j:plain

実際に音楽を聞いてみた感想としてはざっくり以下のとおり。

  • 音はドンシャリ寄り、価格を考えれば十分な音質
  • 接続の安定性はかなりいい
  • 耳へのフィット感は悪くない
  • ノイズキャンセリングは無いので遮音性は普通

ということで各々をもう少し細かく書いていきますね。

音質は価格なりだが必要十分

まずは音質に関してですが、低音が強調されている感があります。よくいうドンシャリな感じというのが適切か分かりませんが、中高音域と比べると低音はよく鳴っている印象。

4,000円台という価格を考えれば十分な音質だと思います。

用途としては通勤時など外での使用が多いと思われ、そういった場であればこれだけ鳴ってくれれば個人的には十分ですね。

接続安定性は問題なし

続いては接続安定性。こちらはかなり安定して再生できました。

通勤などでバスや電車、駅でイヤホンをつけっぱなしにしてましたが一度も途切れずという結果。

Bluetooth5.0の恩恵なのかかなりの安定感かと。ここは評価していいポイントですね。

耳への装着感は悪くない

耳へのフィット感に関しては個人差あるかと思うんですが、ぼくの場合は純正のものでもイヤホンが耳から落ちそうになることもなく普通に使えました。

ノイズキャンセリングではないので、外の音は音量次第で聞こえます。その辺は調整次第かな。

手持ちの完全ワイヤレスイヤホンと比較

f:id:gurattoki:20190630053152j:image

つづいて手持ちのイヤホン、AnkerのSuondcore Liberty Airと比べてみます。

f:id:gurattoki:20190630053156j:image

イヤホン自体の形はほぼ同じ。価格はAnkerのイヤホンが約8,000円なので2倍ほどです。

音質はAnkerのSoundcoreが全体的にバランスよくなるのに対して、低音が強い感じは受けます。

トータルで見ると今回紹介したサウンドピーツより価格の分だけ、いい点が多いかなという感じ。それでも甲乙つけがたいですね。

Soundcore Liberty Airのレビューはこちら

まとめ

f:id:gurattoki:20190630053147j:plain

こんな感じでサウンドピーツの「TrueCapsule」をレビューしてみました。

コスパで考えればかなり優秀な部類で、おすすめできるイヤホンといえるかと思います。

完全ワイヤレスイヤホンとしてはじめの1台にするのはもちろん、音質やデザインにそこまでこだわらない場面での使用であれば、選択肢として十分にアリですね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。