ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

Rakuten Mini レビュー。このコンパクトさはサブ端末にぴったり。

f:id:gurattoki:20200603081236j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

今、話題の楽天モバイルから発表された「一括1円キャンペーン」を使ってRakuten Miniを買っちゃいました。

個人的に久々のAndroid、そして超小型端末。

Rakuten Mini、どんなもんかと思いましたが実際に3日ほど使ってみて、なかなかいいスマホでサブ端末として最適化されているなと感じました。

Rakuten Miniを買うならキャンペーン中の今が間違いなくチャンスなので、気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

Rakuten Mini レビュー|サブ端末に最適

f:id:gurattoki:20200531222118j:image

それではさっそく届いたRakuten Miniを開封していきましょう。

ちなみに申し込んでから到着までは中2日。キャンペーン中であることを考えるとかなり早い到着だと思います。

f:id:gurattoki:20200531222133j:image

さっそく開封するとRakuten Mini本体が姿を表しました。

今回ぼくが買ったのはクールホワイトというカラーになります。他にはナイトブラック、クリムゾンレッドの計3色がカラバリとして用意されていますね。

f:id:gurattoki:20200531222036j:image

Rakuten Miniの付属品はACアダプタ、USB-A to Cケーブル、イヤホンジャック変換コネクタと保証書ですね。クールホワイトだと全部白で統一感あります。

Rakuten Mini 外観チェック

f:id:gurattoki:20200531222112j:image

続いては本体をチェックしましょう。

軽くスペックに触れておくと、サイズは106.2*53.4*8.6mmで重さが79gと超軽量でミニマルなスマホです。

ディスプレイは約3.6インチということでとにかく小さいので、メインスマホというよりはサブスマホとして買うものかなという感じ。

ちなみにディスプレイには購入時からフィルムが貼られています。アンチグレアっぽい感じですかね。

f:id:gurattoki:20200531222121j:image

背面はこんな感じで楽天のロゴがど真ん中にあります。デザインとしてはまあ微妙ですが、ぼくはそこまで気になりません。

背面の素材はガラスみたいですね。なおカメラは単眼で、ロゴ以外はシンプルな印象です。

f:id:gurattoki:20200531222049j:image

接続端子はUSB-C。しっかり最新規格なのはありがたいですね。こういったニッチなガジェットってMicro USB端子のパターンが多かったりするので。

f:id:gurattoki:20200531222141j:image

側面は光沢のあるシルバーカラーです。

f:id:gurattoki:20200531222137j:image

サイドボタンは音量調整とディスプレイのオン・オフボタンの2種類になります。

f:id:gurattoki:20200531222128j:image

最近のスマホにしては珍しい気がしますが、ストラップホールがついてますね。小型端末で落としやすいから?でしょうか。

ちなみにこのRakuten Miniはe-SIM対応でSIMスロットはありません。

f:id:gurattoki:20200531222045j:image

実際、手に持ってみるとこれが非常にコンパクトで手になじむんですよね。

手で包み込めるくらいのサイズ感で、これだけでこのスマホの存在価値があります。

▷スペック詳細については公式ページを貼っておきます

Rakuten Mini | スマートフォン | 楽天モバイル

Rakuten Miniを使ってみる

f:id:gurattoki:20200531222108j:image

さっそくRakuten Miniを起動していきましょう。

f:id:gurattoki:20200531222124j:image

久々のAndroid機ということで初期設定も完全にはじめから。

f:id:gurattoki:20200602124151j:image

10分ほどでぼちぼち設定も終わったので使っていきます。

なんかほんとにAndroid久々すぎて忘れてしまった部分もあって、はじめは戸惑いましたがだんだん慣れるもんですね。

f:id:gurattoki:20200531222149j:plain

左からRakuten Mini, iPhone SE2, iPhone XS

まずはディスプレイサイズの確認から。左がRakuten Mini、真ん中がiPhone SE2、そして右側がiPhone XSになります。

こうやってみると、ディスプレイはかなり小さいです。表示領域も明らかに狭いのでスワイプ操作も増えそう。

とは言っても通常の操作や文字入力は問題なくできますし、ブラウジングやSNSチェックくらいであれば多少の窮屈さはあるものの使えるレベルだと感じました。

ちなみにYouTubeの再生も試してみましたが、スピーカーはやはりパワー不足感が否めないので、Rakuten Mini単体で音楽を楽しむといった使い方には向いていないと思います。

f:id:gurattoki:20200531222100j:image

いろんな制約はあれど、iPhone SE2と比べてもこの圧倒的なサイズ感。

サブ端末もしくはルーターとして考えるのであれば、メインスマホとの差別化の意味ではこのサイズが非常に魅力的に感じられますね。

ぼくの場合はiPhone SE2をメイン端末として運用しているので、メインスマホもそこまで大型ではないものの、Rakuten Miniのコンパクトにはかないません。

f:id:gurattoki:20200603081246j:plain

デフォルトのホーム画面はこんな感じで、下にスワイプしていくイメージです。

Androidを触るのが久々で、横にスワイプしてもウィジェットしか見つからないので、アプリってこの1画面だけなのか?って思ってしまうくらいでした。笑

f:id:gurattoki:20200531222041j:image

実際に使ってみての総評としては、サブ端末としては十分合格点を与えられるスマホだという感じです。

このサイズでおサイフケータイ対応、しかもキャンペーン期間中なら1年基本料金無料、そして楽天回線内であればネットも使い放題(楽天回線外だと5GB/月まで)というのは破格でしょう。さらに解約手数料もかからないというおまけつき。

正直言って、とりあえず買っておいて損はない端末だと思います。

まとめ

f:id:gurattoki:20200531222045j:plain

こんな感じで今話題のRakuten Miniをレビューしてみました。

メイン端末として考えてしまうと、ディスプレイの小ささやバッテリー持ちの悪さなど目につく点はあります。

ただそれもサブ端末として考えれば、とにかく小さくて軽い、そしておサイフケータイや最低限の機能を備えていることを考えればとても魅力的にみえてきますね。

キャンペーン期間中であればとにかくデメリットがほぼ見当たらず、損することはないはず。キャンペーンは予告なく終了する可能性もありますので、早めに申し込んでゲットしておくのが吉かと思いますよ。

次はこちら:ガラスフィルムも買いました

f:id:gurattoki:20200604123500j:plain

最初はとりあえず最初から貼ってあったフィルムを使っていたのですが、とある理由から楽天オリジナルのガラスフィルムを購入しました。

ガラスフィルムを検討されている方は、ぜひこちらもチェックしていってくださいね。

Rakuten Miniにガラスフィルムを貼ったのでレビューしてみた - ぐらっと記