ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

Rakuten Miniにガラスフィルムを貼ったのでレビューしてみた

f:id:gurattoki:20200604123500j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事ではRakuten Miniにガラスフィルムを貼ってみたので、その結果を記事として残しておきたいと思います。

Rakuten Mini本体は1円で手に入れた端末ではあるものの、気軽に使うことを考えるとディスプレイだけは保護しておきたいと思って、公式で売っているフィルムを購入しました。

思っていた以上にしっかりしたいいアイテムでしたので、Rakuten Miniとセットで買っておいて損はないモノだと思いますよ。

Rakuten Miniにガラスフィルムを貼ってみた

f:id:gurattoki:20200604123507j:image

というわけで、さっそくRakuten  Mini用のガラスフィルムをレビューしていきたいと思います。

今回購入したガラスフィルムはサードパーティ製ではなく、楽天オリジナルのモノになります。

f:id:gurattoki:20200604123450j:image

外箱をみるとスマホ等のフィルムメーカーとしてはよく耳に入る、ラスタバナナというメーカーが製造しているようですね。

Rakuten Miniにガラスフィルムを貼る理由

f:id:gurattoki:20200604123511j:image

ちなみにRakuten Mini、実ははじめからフィルムが貼ってあるんですよね。

出荷前段階でのキズ防止の意味合いだとはおもうんですが、これがそのまま使えればいいやということで、フィルムは別で買う必要はないと思っていました。

ただ写真の通り、数日使っていると細かなキズが目立ってきて視認性がイマイチな状態になってしまったので、ガラスフィルムを買ってみたというわけ。

f:id:gurattoki:20200604123457j:image

さっそく楽天オリジナルのガラスフィルムをチェックしてみましょう。

今回ぼくが買ったのはRakuten Mini本体と同カラーとなるホワイトのもの。

ディスプレイだけを覆うタイプではなくて、前面すべてを覆う形のフィルムで当然ながらディスプレイの外側だけ色がついていますね。

カラバリはブラックとホワイトの2色となります。

f:id:gurattoki:20200604123442j:image

このフィルムには取り付けガイドが付属していて、このガイドをRakuten Miniに取り付けた状態で上からセットすれば、位置合わせを気にせず貼れるという感じです。

実際にやってみると、このガイドのおかげで非常に簡単にフィルムを貼ることができました。

このサイズなのでガイドなしでもいける気がしますが、ガイドがあるに越したことはありませんからね。

f:id:gurattoki:20200604123445j:image

実際にRakuten Miniにガラスフィルムを貼ってみた状態がこちら。

位置はきっちり合っており、取り付けガイドの精度も問題なさそうです。

f:id:gurattoki:20200604123453j:image

Rakuten Miniに寄ってみました。カメラホールの位置もぴったり。

f:id:gurattoki:20200604123500j:image

最初から貼られていたフィルムはアンチグレアっぽい感じのもので、少し指の滑りが悪い感じがありました。

しかし、このガラスフィルムに変えてからは操作感もいい感じで、これでようやく完成形な感じがしますね。

ガラスフィルムだとやはり触ったときの感触や操作感がかなりアップするので、スマホのフィルムはガラスフィルム一択だとあらためて思わされましたね。

まとめ

f:id:gurattoki:20200604123503j:image

こんな感じでRakuten Miniのガラスフィルムについて簡単にレビューしてみました。

今回買った楽天オリジナルのガラスフィルム、必要十分でとりあえずフィルムを貼っておきたいたいと言う方には手堅い選択肢になるんじゃないかと思います。

とりあえず純正、という安心感が買えると思えば880円なら全然許容範囲のはず。

みなさんもRakuten  Miniを買おうと思っているなら、ひとまず買っておいて損はないアイテムだと思いますよ。