ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

SIMGOT「MT3 PRO」レビュー|有線イヤホンのメリットを感じるコスパの高いイヤホン【PR】

f:id:gurattoki:20200308204022j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事はSIMGOT様よりイヤホン「MT3 PRO」を提供いただき、レビューしたものになります。

実際に使ってみて感じたことや、完全ワイヤレスイヤホン主流の今だからこそ感じる、有線イヤホンのメリットなどをまとめていますので、ぜひ最後までチェックしていってくださいね。

SIMGOT MT3 PROレビュー

まずは開封|外箱もおしゃれ

f:id:gurattoki:20200308204036j:image

さっそくレビューしていくわけですが、最近のガジェット類はほんと外箱からおしゃれになってますよね。

なんか一昔前は製品の絵面と特徴などが載ってたりするイメージだったんですが、どのブランドも洗練されている印象です。

f:id:gurattoki:20200308204101j:image

開封すると一番に目に入ったのはイヤホン本体。

これだけみるとワイヤレスイヤホンのようにも見えますが、これはケーブルと分離した状態なだけで有線イヤホンなのでご注意を。

f:id:gurattoki:20200308204055j:image

さらに中を確認していくとなんだか顔のように見える箱が。

f:id:gurattoki:20200308204026j:image

とまあ余談はさておき、内容物をすべて出してみました。

  • イヤホン
  • ケーブル
  • 収納ケース
  • クイックスタートガイド
  • イヤーピース(バランス/中高音強調型)2種

書き出すとこんな感じで、気になるのはイヤーピースが2種類入っていること。これについては、あとで2種類とも実際に試してみました。

f:id:gurattoki:20200308204012j:image

収納ケースは真っ白でなかなかしゃれ。まあでも別ポーチにまとめて入れちゃうと思うのですが、個別収納したい派の方々には重宝すると思います。

イヤホン本体はカスタムっぽさがよい

f:id:gurattoki:20200308204005j:image

ここからは、イヤホン本体を詳しくチェックしていきましょう。

今回ぼくが選んだカラーはブラック。他にはクリア、ピンク、グリーンがあり、全4色展開されています。

f:id:gurattoki:20200308204015j:image

ケーブルは着脱式でカラーバリエーションはありませんが、スケルトン仕様でカスタムっぽさを感じられるので個人的には好き。

ただ色合いが結構派手なので好みは分かれそう。

f:id:gurattoki:20200308204039j:image

ケーブルの接続部分はこんな感じで、2pin仕様になっています。

イヤーピースは2種×3サイズ

f:id:gurattoki:20200308204042j:image

このMT3 PRO、イヤーピースが2種類付属してきます。

ひとつ目が中高音域を強調するもの、もうひとつがバランス型のイヤーピース。

いずれも3サイズ用意されているので、計6種のイヤーピースが付属しているということになりますね。

f:id:gurattoki:20200308204108j:image

2種類のイヤーピースを比べてみると、形状が少し違うことがお分かりいただけるかと思います。

これによってどのくらい音質が変わるのか聴き比べてみましたので、その結果はのちほど。

f:id:gurattoki:20200308204022j:image

ケーブルにイヤホンを取り付けてみました。

ぼくの場合はカラーをブラックにしたんですが、ケーブルやイヤーピースとの色合いは正直イマイチかも。

実物をみるとブラックもそこまで違和感ないんですけど、やはりイヤホン本体のカラーリングはクリア、ピンクあたりを選ぶのがよさそうな気がします。

なお、詳しいスペックは公式ページを参照ください。

MT3 PRO|SIMGOT

実際にMT3 PROで音楽を聴いてみる

f:id:gurattoki:20200308204058j:image

ここからはMT3 PROを使って、実際に音楽を聴いてみたので感想などをつらつらと書いていきたいと思います。

f:id:gurattoki:20200308204030j:image

まずは装着感について。

実際につけてみた感想としては、装着感はかなりよいですね。実際2時間くらいつけっぱなしで使ってみても耳が痛くなったりすることもなく疲れません。

f:id:gurattoki:20200311211656j:image

ちなみに装着の仕方はこの説明書きのとおりです。ケーブルを耳に架ける感じですね。

f:id:gurattoki:20200308204009j:image

続いては音質に関してなんですが、このMT3 PRO、驚くくらい音質が良かったんですよ。ちなみに今回はすべてiPad mini5へ接続して試聴しています。

提供して頂いている身でこんなこと言うのもあれなんですけど、1万円以下でこの音質って素直にすごいと思いました。

イヤーピースは2種類あるうち、中高音域強調のタイプを使っていこうと思ってます。これは単純に2つを聴き比べて個人的に好きだったというのが理由。

f:id:gurattoki:20200308204104j:image

この中高音域強調タイプのイヤーピースで聴くと、ボーカルはクリアに聴けて、低音も必要十分に鳴ってくれてる印象ですね。

ちなみにバランス型のイヤーピースに関しても触れておくと、中高音域強調タイプと比べると低音の鳴りは強めで、どちらがよいかは個人の好みによると言った感じかな。

あとはこのイヤホン、聴き疲れとは無縁といっていいくらい非常に聞きやすい音質と装着感であることは強調しておきたいと思います。

完全ワイヤレスイヤホンの代表的存在であるAirPods Proを使っている身としても、有線イヤホン、アリだなと思わせてくれるくらいにそのメリットを感じることができました。

有線イヤホンはひとつ持っておくべき

f:id:gurattoki:20200308204018j:image

ぼくの場合、AirPods ProというAppleの完全ワイヤレスイヤホンをメインで使っています。

AirPods Proはノイキャンも搭載していて文句なしのイヤホンなんですが、充電が切れてるパターンも無きにしもあらずなんですよね。

そんな充電不足なんてことを気にする必要もなくて、さくっと音楽が聞けるのが有線イヤホンの良さ。ひとつは持っておいて損はないと思いますよ。

まとめ

f:id:gurattoki:20200308204030j:plain

こんな感じでSIMGOTのMT3 PROをレビューしてみました。

完全ワイヤレスイヤホン全盛と言ってもいい現在、有線イヤホンってなかなか試す機会もなかったんですが、一万円でこの音質が手に入るなら、コスパ的にもひとつ持っておいて全然アリだなだと感じました。

見た目もカスタムイヤホンっぽくて個人的にはかなり気に入ったので、今後も使っていこうと思っています。

気になったという方、ぜひこの音質を体感してみて下さいね。