ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2購入ファーストインプレッション。

f:id:gurattoki:20200419095305j:plain

イヤホン沼はどこまでも深く…。

こんにちは、ぐらっとです。

2020年話題の完全ワイヤレスイヤホン筆頭とも言える、ゼンハイザーのMOMENTUM True Wireless 2、買っちゃいました。

AirPods Proで満足していたつもりだったのですが、このMOMENTUM 2、使ってみるとこれまた非常によいんですよね。

届いたばかりではありますが、ファーストインプレッション的にまとめてみましたので、購入検討の参考になれば幸いです。

ゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2 ファーストインプレッション

f:id:gurattoki:20200418210635j:image

そんなわけでさっそく、MOMENTUM True Wireless 2を開封していきたいと思います。

モノを買ったとき、開封時のワクワク感は毎回たまりません。

f:id:gurattoki:20200418210717j:image

箱をあけるとイヤホン本体が登場。いやーかっこいい。

今回のMOMENTUM 2はブラックとホワイトの2色展開となっており、ぼくはブラックを購入しました。ちなみにどちらかというとブラックのほうが人気みたいです。

f:id:gurattoki:20200418210702j:image

ゼンハイザーのブランドロゴ、個人的にかなり好きなんですよね。なにがいいのか自分でも不思議なくらいなんですが、とにかくいいんです。

f:id:gurattoki:20200418210629j:image

ここで内容物のチェックを。

  • MOMENTUM True Wireless 2 (イヤーピース M付き)
  • 専用ケース
  • USB-A to C コネクタ
  • イヤーピース (XS,S,L)
  • 取扱説明書

以上が内容物になります。

USBケーブルは30cm弱くらいなのでかなり短いですね。

f:id:gurattoki:20200418210655j:image

イヤホン本体はこんな感じ。ゼンハイザーのロゴ部分がパネル式のボタンになっています。

大きさは前作から2mmコンパクト化されているとのこと。のちほどAirPods Proとも比較してみたいと思います。

f:id:gurattoki:20200418210712j:image

イヤホン単体でみると高級感あるとまでは言えない気もしますが、まあ大事なのは中身です。

f:id:gurattoki:20200418210709j:image

完全ワイヤレスイヤホンはこの金属端子部分が指紋とかで汚れやすいので、結構気にして拭き取ったりしてます。あんま気にしなくてもいいのかな。

あとはIPX4対応ということで防滴仕様になっていますので、多少の雨なら気にせず使えるのは心強いですね。

f:id:gurattoki:20200418210730j:image

続いて、ケースのチェックに移りたいと思います。

ケースの外装はファブリック素材。低価格帯だとプラスチック系が多い中、この辺は高級イヤホンならではですよね。

なおイヤホンのカラーによってケースの方も少しカラーが異なっていて、ぼくの選んだブラックだと、ケースは濃いめのグレーになります。

ちなみにホワイトだとライトグレーっぽい色のケースになりますね。

f:id:gurattoki:20200418210658j:image

ケースの背面にはケーブル接続端子。もちろんUSB-Cです。

その端子の両脇に、充電状況を知らせるLED表示とLEDを表示させるためのボタンがあります。

f:id:gurattoki:20200418210727j:image

手に持ってみると完全ワイヤレスイヤホンのケースとしては、ごく一般的なサイズ感かなと思います。

AirPods Proと比べるとやはり大きいですが許容範囲かなという感じですね。

▷スペック詳細はメーカーのHPでどうぞ

Sennheiser MOMENTUM True Wireless 2

MOMENTUM True Wireless 2で音楽を聴いてみる

f:id:gurattoki:20200418210632j:image

さっそくMOMENTUM True Wireless 2を使ってみました。使用環境としてはiPhone XSでApple Musicの音源を再生するのがメインです。

f:id:gurattoki:20200418210639j:image

まずはじめに触れないといけないのは音質の面でしょう。

とにかく思ったのは、今まで使ってきた完全ワイヤレスイヤホンのどれよりも音がいいということ。

ほぼJ-POPメインで聴いてますが、どんな曲でも上質というか、艶があって音の拡がりや伸びが感じられます。

中高音域は個人的には文句なし、低音はもう少し強くてもいいかなと思うんですが、全体のバランスを考えるとこれくらいがいいんだろうなという感じ。

とにかく完全ワイヤレスでこの音質はすごいな、というのが率直な感想ですね。

f:id:gurattoki:20200419095255j:plain

続いて気になるノイキャンに関して。今回のMOMENTUM 2は前作にはなかったアクティブノイズキャンセリングを搭載しています。

この点、実際に使ってみてどうだったかというと、前評判通り、効きはそこまで強くない印象です。

時期柄、室内でしか試せていませんが、音楽OFFでノイキャンのみONにした場合は換気扇の音も少し聞こえる程の効きでした。

ゼンハイザー自身も、ノイズキャンセリングはいい音を聞くための補助といった説明をしているのでノイキャンが目玉機能というイヤホンではない感じですね。

f:id:gurattoki:20200418210650j:plain

あとは外音取り込みモードの感触ですが、これは悪くないですね。

比較的、自然な音の聞こえ方というか多少マイクで拾ってる感はありますが、実用できるレベルだと感じました。

最後に地味にいいなと思ったのが、タッチ操作です。

イヤホンのゼンハイザーロゴ部分をタッチして再生や曲飛ばし、ノイキャン切替えなどを行うのですが、タッチするごとに小さめの音が鳴ってタッチで反応したか教えてくれるんですよね。

これによって自分が何度タッチしたことになっているのかが非常にわかりやすい。これ、思ったとおりの操作が出来ていないってパターンがなくなるので、地味に嬉しい機能です。ぜひ他のイヤホンもそうしてほしい。

ちなみにスマホアプリでイコライザーも使えるんですが、個人的には標準の音質が一番いい気がします。

MOMENTUM True Wireless 2とAirPods Proを比較

f:id:gurattoki:20200418210646j:plain

左:AirPods Pro 右:MOMENTUM True Wireless 2

ここからはちょっと番外編ということで、AirPods ProとMOMENTUM 2の使用感を比較してみました。

まずはケースの比較ですが、この点はAirPods Proの方がコンパクトに収まっていますね。

f:id:gurattoki:20200418210723j:image

イヤホン自体のサイズはこんな感じです。

AirPods Proは耳からうどんと呼ばれる部分があるのでサイズ的には大きくなっていますが、装着感に関してはAirPods Proの方が安定している感じはします。

もちろんMOMENTUM 2もつけてて落ちるといった感じはしないので、これは個人の感覚的なところが大きいかもしれません。

f:id:gurattoki:20200418210706j:image

最後に音質面について、これはもうMOMENTUM 2の圧勝と言ってもいいと思います。

AirPods Proは唯一の課題ともいえるのが音質と思っているので妥当なところでしょう。

ちなみにノイキャンの性能はAirPods Proのほうが上ですが、音楽を聴いているとどちらも生活音などはほぼ聞こえないので、必要十分かなといった感じです。

まとめ

f:id:gurattoki:20200419095305j:image

こんな感じでゼンハイザー MOMENTUM True Wireless 2のファーストインプレッションということで書いてみました。

前評判通り、非常に音質の面で優れているイヤホンというのが率直な感想です。

このイヤホンに関しては、ノイキャンは補助的な機能と思ったほうがいいかと思いますが、総合的にみると非常に完成度の高いイヤホンだと感じました。

価格は36,000円前後と高級といえる価格帯ですが、その価格に見合った価値を提供してくれるのは間違いないと思います。

これからじっくり使ってまたレビュー記事を書くと思いますが、現時点ではほんと不満のないイヤホンですね。