ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

マグセーフ対応スマホスタンド「MOFT」レビュー|これは革命的に便利

f:id:gurattoki:20210103200856j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事ではiPhone 12シリーズで新たに搭載されたマグセーフに対応したMOFTをレビューしたいと思います。

なお、今回はMOFT様より製品を提供していただきレビューしています。

実際に使ってみて感じたことを率直に書いていますので、参考にしていただければ幸いです。

MagSafe対応 MOFT Xレビュー

f:id:gurattoki:20201227210045j:image

それではさっそく開封していきましょう。

ちなみに今回提供いただいたサンプルはMOFT本体とマグネットのマウントがセットになったタイプになります。

f:id:gurattoki:20201227210006j:image

そして今回紹介するMOFTの最大の特徴は、当然ながらマグセーフ対応であるということ。

これがどんな場面で活躍するのか後述しますが、ほんとにめちゃめちゃ便利なんですよ。

f:id:gurattoki:20201227210041j:image

マグセーフ対応MOFTの本体は、こんな感じで角が丸くてかわいらしい見た目になっています。

ちなみに今回紹介しているMOFTのカラーはブルー、ほかにはグレー、ブラウン、ブラックのカラバリも用意されています。

f:id:gurattoki:20201227210009j:image

裏面側はiPhoneとの接着面なのでフラットですね。マグネットがどこにあるかはこれだけ見ても分かりません。

f:id:gurattoki:20201227210018j:image

大きさはiPhone 12 miniと比べるとこんな感じです。

iPhone 12シリーズではminiが最もコンパクトなモデルになるので、miniに適合するサイズにするため、このサイズになっているものと思います。

f:id:gurattoki:20201227210051j:image

実際に取り付けてみるとまさにぴったりなサイズ感で、純正のMagSafe対応レザーケースの上からでも問題なく貼り付きますね。

ちなみにマグネットはある一定のポイントにしかくっつかないので、なにも考えずとも位置決めされます。

f:id:gurattoki:20201227210025j:image

まずはオーソドックスに縦向きでセットしてみました。これが最もよく使われるであろう使い方かと思います。

f:id:gurattoki:20201227210048j:image

ぼくは、普段パソコンやタブレットをさわっているときなんかはこの状態にしています。こうしておくと通知が来たときわざわざスマホを触らずともぱっと見れますし、何かと捗りますね。

f:id:gurattoki:20201227210031j:image

あとは横向きに置くこともできます。

縦でも横でもスタンドになるというのがMOFTの特徴なのですが、iPhone 12 miniの場合はサイズの問題なのか、横向きだと気になるほどではないものの若干傾いた状態になるかなという感じです。

f:id:gurattoki:20201227210014j:image

そしてマグセーフ対応になったことで、新たにフローティングモードという状態で使えるようになりました。

見ていただければわかる通り、iPhoneは横向きで浮いた状態になります。これはマグセーフの画期的な使い方で感心しましたね。

f:id:gurattoki:20201227210037j:image

側面からみるとこんな感じで、まさにフローティングしてます。

f:id:gurattoki:20201227210028j:image

なおスタンド機能だけでなくカードを収納することもできちゃうんです。

公式ページによればカードを最大3枚収納できるとなっており、クレカなどであれば磁気による影響も特にないとのこと。

ただし、磁気を利用するカード類の場合は影響を受ける可能性があるということですのでご注意ください。

f:id:gurattoki:20201227210034j:image

ちなみに従来のMOFT Xと比べてみると少しだけコンパクトになっています。

これによる使用感への影響は特に感じず、小さくなっても特に違和感なく使えました。

実際にマグセーフ対応MOFTを使ってみた感想

f:id:gurattoki:20201227210054j:image

ここからはつらつらと使用感を書いていきたいと思います。

まずはマグセーフによって、今までも便利だったMOFTがさらに進化しているというのが実際に使ってみて感じた率直な感想です。

フローティングモードでiPhoneを浮かせてスタンド化する使い方は特にYouTubeを見るときに重宝しています。

ほかには通常の縦置きにしておいて、通知がきたときにすぐチェックできるといった点は従来のMOFTと同様に便利ですね。

f:id:gurattoki:20201227210022j:image

あとは使わないときにMOFTを気軽に取り外せるのはめちゃ強いです。

やっぱり薄手とはいっても若干の厚みが出てしまうのも事実。特にiPhone 12 miniだと本体が小さいのでその特徴をスポイルしてしまうことを考えると、使わないときに外しておける点はとにかく有りがたいです。

それと磁石の接合力に関してですが、いまのことろ外れたことはありません。Apple純正のレザーウォレットと同等のマグネットを使っているとのことなので安心して使えると思います。

とにかくこのMOFT、マグセーフ対応したことによるメリットがめちゃくちゃ大きいので、iPhone 12シリーズでMOFTを使うならこのマグセーフ対応品の一択だと思います。

まとめ

f:id:gurattoki:20201227210051j:plain

こんな感じでマグセーフ対応MOFTについてレビューしてみました。

提供レビューだからとかそういうのは抜きにして、マグセーフによるMOFTの進化は素晴らしく、とにかくひとつ買っておいて損はないデキだと感じています。

つけっぱなしにしないでいい。というのが一番のメリットとして感じていて使わないときの煩わしさを考慮しなくていいというのは、ほんとよく考えられているなと思いますね。

これからもマグセーフ対応で面白いアイテムが出てくるのを期待したいと思います。