ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

極薄スタンド「Majextand」をMacBook Airに取り付けたら快適すぎてびびった。

f:id:gurattoki:20200809214614j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

この記事ではMacBook Air用に購入したスタンドをレビューしてみたいと思います。

このスタンドを導入してからタイピングもしやすいし、姿勢も矯正されるしでいいことずくめ。

とにかく買ってよかったアイテムだと思っていますので、ぜひ最後までチェックしていってくださいね。

MacBook用スタンド Majextand レビュー

f:id:gurattoki:20200809214632j:image

レビューに入る前に今回購入したスタンド「Majextand」について簡単に説明しておくと「PCにつけっぱなしにできる極薄スタンド」というのが、もっとも的確な表現と言えそうです。

通常、PCスタンドといえばPC全体を支えるタイプが主流ですが、こちらはPCの中央部のみを保持するため、とにかく軽量かつ極薄であることが特徴。

この特徴を踏まえて、さっそくレビューに入っていきたいと思います。

f:id:gurattoki:20200809214646j:image

まずは開封していきます。外装には英語でPCへの取り付け方法などが掲載されていて日本語での説明は別に冊子が付属していました。

f:id:gurattoki:20200809214659j:image

内容物としてはMajextand本体と予備の両面テープ、貼付け前の洗浄用アルコールパッド、そしてゴム足と日本語の取説になります。

予備のテープが入っているのは地味にありがたい気がします。同一機種への貼り直しはもちろん、買替え時も貼り直しできますからね。

それとMajextand本体のカラバリは基本的にMacBookのカラーとのマッチングを考慮しており、シルバー、ゴールド、ローズゴールド、ブラックの4色展開となっています。

Majextnad 外観レビュー

f:id:gurattoki:20200809214655j:image

ここからはMajextandの外観をチェックしていきます。

全体像はこんな感じで上下2つに可動部が分かれており、ここを動かすことでスタンドとしての角度調整ができる仕様になっています。

f:id:gurattoki:20200809214611j:image

寄ってみると、中央部の穴の上に1,2と矢印がありこの順に動かしていくイメージですね。 

f:id:gurattoki:20200809214604j:image

あわせて6段階の角度調整が可能となっています。このあたりの使用感は後ほどお伝えしたいと思います。

f:id:gurattoki:20200809214625j:image

カラーに関しては、ぼくが選んだゴールドとMacBook Airを並べてみると、少し黄色がかったゴールドで色合いは異なりますが、調和はとれているかなといった感じ。

結局のところ裏面に貼るものなので、そこまで気にする必要もないかもしれませんが。

f:id:gurattoki:20200809214649j:image

そしてなんといってもこの薄さ。ここがMajextand最大の特徴でしょう。

厚み1.7mmというスタンドとしては間違いなく最薄。問題ないとは思いつつもとにかく薄すぎて耐久性が心配になるレベルです。

実際にMacBookにMjextandをとりつけてみる

f:id:gurattoki:20200809214619j:image

実際に取り付けてみるとこんな感じになります。カラーはやはり全く同じではないですが、違和感なく使えるレベルかと思いますね。

f:id:gurattoki:20200809214639j:image

なお、このMajextandは極薄といっても若干の厚みがあるため、単純に取り付けただけだと底面がぐらつくので付属のゴム足もあわせて取り付けておきましょう。

ゴム足はもともとMacBookについているゴム足の上から被せる形で取り付けます。

f:id:gurattoki:20200822133904j:image

これで取り付けは完了。

f:id:gurattoki:20200809214642j:image

Majextandを起こしてみると、このようにMacBookに角度をつけることができます。

f:id:gurattoki:20200822135014j:image

一番緩やかな1段階目の角度でこんな感じ。

f:id:gurattoki:20200822135018j:image

一番角度が急な6段階目でこんな感じ。次は実際に使ってみた感想をまとめていきましょう。

MacBook AirでMajextandを使ってみた感想

f:id:gurattoki:20200809214614j:image

実際にMacBook AirにMajextandをとりつけて使ってみた感想としては、「慣れれば」快適そのものという一言に尽きます。

「慣れれば」という点をもう少し深堀りすると、Majextandは角度調整が6段階で可能となっていますが、1段階目の時点で結構な角度がついています。

これがちょっとした罠でなにもつけていない状態から角度ありの状態になると、はじめはタイピング時に違和感があるんですよね。

f:id:gurattoki:20200809214635j:image

ただ数日使っているとその違和感もなくなって、逆にこの方が心地よくなってくる感じがあるんです。

こうなればタイピング時の姿勢が改善されるのはもちろんのこと、PCも底面に空間ができて排熱効率が上がるといういい循環が生まれます。

f:id:gurattoki:20200809214652j:image

ということで、始めのうちは角度にちょっと手こずるかもしれませんが、慣れてしまえば快適なPC環境を作ることができるので、ぼくとしては買ってよかったアイテムだと思っていますね。

まとめ

f:id:gurattoki:20200809214614j:plain

こんな感じでMacBook AirにMajextandを取り付けて、実際に使ってみた感想をレビューとしてまとめてみました。

スタンドとは思えない薄さでデザイン性も損なわないので、まさにMacBookにはぴったりのアイテム。

価格は6,000円ほどするのでスタンドとしては安くはありませんが、これで姿勢改善、排熱効率UPの恩恵に預かれると思えばいい買い物だと思います。

気になる方はぜひ買って試してみてくださいね。

次はこちら:スタンドをつけたまま収納できる本革製のスリーブ

f:id:gurattoki:20200705185301j:plain

今回紹介したMajextandを取り付けたまま収納できるレザースリーブ。

ぼくが使っているモノなんですが、革好きの方なら無条件でおすすめしたいアイテムなので、ぜひこちらの記事もチェックしてみてはいかがでしょうか。

Macbook用レザースリーブ Drip「Leather MacBook Case」が質感最強でした。 - ぐらっと記