ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

LAMY2000 レビュー|高級4色ボールペンを買ってみたら満足感がすごかった話

f:id:gurattoki:20190302184813j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

最近は文房具にもこだわりたいなと思っていろいろと探していて、その中で今回は多機能ボールペンを高級なモノにしてみたので紹介しますね。

今回紹介するLAMY2000は文房具好きの間では長年愛されているモデル。

評判は言わずもがな素晴らしいモノなので、少しでもその魅力を伝えられれば幸いです。

LAMYってどんなブランド?

まずはご存知でない方のためにLAMY(ラミー)がどんなメーカーであるのかお伝えしておきますね。

ラミー(LAMY)は1930年にドイツの古都ハイデルベルクで 家族経営の独立企業として創立されました。

ブランド名として のLAMYは1952年にスタートし、「ラミー 27」万年筆によって その躍進性と先進性が広く知られることになりました。 そして1966年、「ラミー 2000」が登場し、独特のスタイルの ラミーデザインが誕生しました。

引用:LAMYについて | ラミー・LAMY

この説明にもあるようにドイツで生まれたメーカーであり、今では世界的な筆記具メーカーとして名を馳せています。

そんなLAMYの作り出したヒット商品が今回レビューしているLAMY2000なんです。

 

LAMY2000 L401 高級4色ボールペン レビュー

それではさっそくLAMY2000を開封していきたいと思います。

f:id:gurattoki:20190302184439j:image

外箱もしっかりデザインされており、クールな雰囲気で高級感が感じられますね。

f:id:gurattoki:20190302184435j:image

中にはLAMY2000本体と説明書が入っていました。

高級感はさすがの一言

f:id:gurattoki:20190302184509j:image

ということでLAMY2000本体を取り出してみたところです。

軸はブラックでペン先端やクリップはシルバー、シンプルかつミニマルな色合い。

f:id:gurattoki:20190302184606j:plain

ペン先の質感は見てもらえばわかる通り、安価なペンとは違ってやはり素晴らしいの一言でもう言うことありません。

f:id:gurattoki:20190302184537j:image

全体を見てみると、つなぎ目がわからないくらいに非常に精巧に作られていてほんといいです。

f:id:gurattoki:20190302184544j:image

実はここから外れるんですよ?見ためでは全然わからないレベルなので驚きです。

f:id:gurattoki:20190302184505j:image

クリップ部分を拡大すると少しわかりづらいですが「LAMY」と「GERMANY」の文字が確認できます。

メーカー名を表立ってアピールしていないデザインは個人的には高評価のポイント。

f:id:gurattoki:20190302184512j:image

LAMY2000の大きさは多機能ボールペンとしては大きくも小さくもなくて、径は約1cmほどで長さは約14cm。

実際に持ってみても、ごく一般的なサイズ感だと感じました。

しかしなによりも所有欲を満たしてくれるこの質感は最高ですね。これだけで買ってよかったと思わせてくれます。

LAMY純正のリフィルは書き出し時のかすれ具合が気になる

実際に使ってみて感じたことは握りやすさは特に問題ないんですが、書き出し時にインクがかすれるのは気になりますね。

f:id:gurattoki:20190302184540j:image

いろいろとネット上での評判をみてみると、LAMY純正のインクは字がかすれるので、インクを国内メーカーのものに変えているという方が多かったです。

ぼくもLAMY2000に適合する4C規格のリフィル(替え芯)を探した結果、ジェットストリームのリフィルに落ち着きました。

f:id:gurattoki:20190302184624j:image

さすがジェットストリーム。かすれることもなく、書き味はさらさらに。

ただ一点だけ注意したいのが、ジェットストリームには緑のリフィルが無い為、他のメーカーもしくは純正品をそのまま使う必要がある点です。

ぼくは緑を使う機会もそうそうないので、とりあえずそのまま純正を使っていますがパイロットのアクロインキなどが人気のようですね。

まとめ

f:id:gurattoki:20190302184813j:image

こんな感じでLAMY2000の4色ボールペンをレビューしてみました。

高級ボールペンはビジネスの場で使うのはもちろんのこと、普段使いにおいても満足感を得られるのでぼくは買ってよかったと感じています。

日常使う身の回りの持ち物はこだわりを持って選ぶことで、愛着もわいて長く使えますし少し高いものでも買ったほうが幸せになれるはず。

この記事を読んでいただいている皆さんもぜひLAMY2000を手に入れて、こだわりのアイテムのひとつとして愛用してもらえればと思います。

関連:こだわりの革製品

f:id:gurattoki:20190114064529j:plain

ぼくは文房具も好きなんですが、負けず劣らず革製品も大好き。

そんな革製品の中でも、最近手に入れたブライドルレザーを使った土屋鞄のカードケースが質感も最高でお気に入りなんです。

このこだわりの逸品も詳しくレビューしていますので、気になる方はぜひご一読ください。

土屋鞄「ブライドル ファスナーカードケース」をレビュー|ブライドルレザー独特の質感に惚れた - ぐらっと記