ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

防水仕様になった新型Kindle Paperwhiteがかなり魅力的。機能やスペック、発売日などまとめ。【2018Newモデル】

f:id:gurattoki:20181020070101p:plain

こんにちは、ぐらっとです。

Kindleと言えば、ちょっと贅沢とも言えるような読書専用の端末。そんなKindleが正統進化を遂げたので紹介したいと思います。

ぼくは現行の最新モデルKindleを持っているんですが、ガチで買い換えたいと思うレベルに進化してます。

その特徴やスペックなどまとめてみたので、購入の参考にしてみてください。

▽購入しましたのでレビュー記事書きました

防水仕様で薄くて軽くなった2018年新型Kindle PaperWhiteをレビュー!【旧型との比較あり】 - ぐらっと記

▽ざっくり特徴のみ知りたい方は目次をどうぞ

Kindle Paperwhite 2018Newモデル

電子書籍端末の中でも最も人気を得ているAmazonのKindleシリーズ。そのKindleシリーズの中でも人気なのがこのKindle Paperwhiteです。

f:id:gurattoki:20181020065650j:plain

参照:Amazon

単純にAmazon利用者が多いから人気になるいうのもなくはないと思いますが、やはりユーザーに取って使いやすくなければ人気はないはずです。

今回のKindle Paperwhiteは従来からのモノから正統に進化していて、さらに魅力的なアイテムになっています。

詳しくみていきましょう。

新型Kindle Paperwhiteの特徴1:防水仕様

f:id:gurattoki:20181019222517j:plain

参照:Amazon

今回の新モデル一番の特徴が防水仕様になったという点。

今までKindleシリーズでは上位機種のKindle Oasisのみが防水対応でした。それをPaperwhiteでも対応してきたのは正直言って予想外。

お風呂での使用も問題ありませんし、屋外での使用でも雨を気にする必要がなくなったのはありがたいですよね。

新型Kindle Paperwhiteの特徴2:軽量・薄型化

続いて新型Kindle Paperwhiteの大きな特徴として、軽量、薄型化が図られています。

重さは約20g軽くなりWi-Fiモデルで182gなのでiPhone XSとほぼ同じ重さ。

長時間使う読書専用の端末なので、あまり重いとスマホ以上に手に負担がかかります。軽量化はありがたいですね。

f:id:gurattoki:20181020065518j:plain

参照:Amazon

ディスプレイがベゼル(額縁)と同じ位置になったことで薄型化していますね。

f:id:gurattoki:20181020081319j:plain

現行Kindle Paperwhiteはベゼルに対してディスプレイが凹んでいる

厚みでいくと約1mm薄くなり、8mmほどになりました。あまりにも薄すぎてもここは実際に持ってみた感触が大事だと思いますので、一概には言えませんが。

新型Kindle Paperwhiteの特徴3:ストレージ容量が強化(4→8GB)

f:id:gurattoki:20181020070143j:plain

参照:Amazon

今回の新型では容量が4GB→8GBに強化されています。※32GBモデルもあり

容量は大きいに越したことはないですが、現行の4GBモデルでも容量で困ったことはありません。

マンガを読まないのであれば、8GBで十分すぎるくらいだと思いますね。

新型Kindle Paperwhiteの特徴4:高速通信が可能に(3G→4G)

最後にKindleのみで通信する際の通信方法が変わりました。

いままでの3Gから4G通信に進化していて、これでさらなる高速通信が可能となっています。

Wi-Fiモデルでは関係のない話ですが、いつでもどこでも通信量を気にせず書籍をダウンロードできるので間違いなく便利ではありますね。

新型Kindle Paperwhiteの発売日と主なスペック

f:id:gurattoki:20181020065942p:plain

新型Kindle Paperwhiteの発売日は「2018年11月8日」です。

ただし、4G通信機能つきモデルのみ「2018年12月13日」発売予定となっているのでご注意を。

最後に主なスペックを紹介しておきたいと思います。

  • サイズ:169 x 116 x 8.18 mm
  • ディスプレイ:6インチ
  • 重さ:Wi-Fiモデル:182g Wi-Fi+4Gモデル:191g
  • 本体カラー:ブラック
  • 解像度:300ppi
  • 防水性能:IPX8等級
  • バッテリー持続時間:数週間
  • 接続:Wi-Fi, Wi-Fi+無料4G
  • 価格(Wi-Fi 8GBモデル):13,980円 (広告つき) 15,980円 (広告なし) 
  • 価格(Wi-Fi 32GBモデル):15,980円 (広告つき) 17,980円 (広告なし) 
  • 価格(Wi-Fi+4G):22,980円 ※広告なしモデルのみ 

まとめ:2018年11月7日発売!防水機能も備えたKindle、かなり売れそう。

f:id:gurattoki:20181020070101p:plain

こんな感じでKindle Paperwhiteの新型について紹介してみました。

防水仕様になってさらに活躍の場所が増えそうなKindle。

いちはやく手に入れて使ってみたい気持ちもありますが、もしかするとAmazonのセール期間に安くなるかもしれないので、そこは少し考えてみようと思います。

▽結局サイバーマンデーで購入しました

防水仕様で薄くて軽くなった2018年新型Kindle PaperWhiteをレビュー!【旧型との比較あり】 - ぐらっと記

 

ちなみに旧型となる現行モデルも在庫限りで割引して販売されています。

▽旧型のレビュー記事も書いてます

Kindle Paperwhiteレビュー|電子書籍を読むならKindleしかないと思った4つのワケ - ぐらっと記