ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

【レビュー】iPhone XS スペースグレイ ファーストインプレッション|iPhone SEから乗り換えて思ったこと

f:id:gurattoki:20180922062518j:image

こんにちは、ぐらっとです。

ついにiPhone XSが自分のもとにやってきました。

この記事ではファーストインプレッションということで、iPhone SEを愛用していたぼくがiPhone XSを使ってみて感じたことなどをさらっと書いてみました。

現在iPhone SEを使っていて、iPhone XSの購入を検討しているという方には参考になれば幸いです。

 

iPhone XS スペースグレイ 外観レビュー

というわけでさっそく届いたiPhone XSを開封していきます。

f:id:gurattoki:20180922062632j:image

このいつも通りの白い箱を開ける瞬間のドキドキが新しいモノを買った時の醍醐味。

f:id:gurattoki:20180922062629j:image

「Designed by Apple in California」ここもいつもと同じApple製品。

f:id:gurattoki:20180922062642j:image

その下についにiPhone XSが…!はやく触りたい気持ちを抑えつつ中身を見ていきます。

f:id:gurattoki:20180922062637j:image

イヤホン(EarPods)とUSB電源アダプタですね。その下にはライトニングケーブルもあり、この辺はいつもと同じです。

f:id:gurattoki:20180922062623j:image

全部並べてみました。まとめると以下のとおり。

  • iPhone XS本体
  • EarPods
  • ライトニングケーブル
  • USB電源アダプタ
  • 簡易マニュアル

f:id:gurattoki:20180922070717j:image

続いてiPhone XS本体を詳しくみていきましょう。

ぼくが選んだiPhone XSはスペースグレイの64GBモデル。

ゴールドやシルバーもいい色ですが、落ち着いた色合いのスペースグレイが気に入りました。

f:id:gurattoki:20180922070720j:image

最新のテクノロジーがこの小さな筐体に詰まっていると思うとワクワクしちゃいます。

f:id:gurattoki:20180922062652j:image

写真を撮りながら惚れ惚れしてしまう外観。

とにかくガジェット好きには新しいモノはたまりません。その中でもやっぱりiPhoneは特別ですね。

f:id:gurattoki:20180922062634j:image

背面のカメラ部分。ここはかなり凸になっていて、裸の状態で背面を下にして置くとアンバランスなかんじになっちゃいますね。

f:id:gurattoki:20180922062650j:image

f:id:gurattoki:20180922062619j:image

サイドのボタン類はこんな感じ。スペースグレイだとサイドラインが鈍く輝いているのもまたカッコイイ。

f:id:gurattoki:20180922062648j:image

本体下部のライトニングケーブル差込口とスピーカー。スピーカー穴は左右非対称になっていて珍しいデザインです。

f:id:gurattoki:20180922062639j:image

サイドにはアンテナラインがありますが、意識しないとわからないレベルで同化しています。そこまで目立たないので気にする必要はないかなと思いますね。

ちなみにディスプレイにはAnkerのガラスフィルムを貼ってます。

iPhone XS/8/SEを見比べてみる

f:id:gurattoki:20180922062625j:image

自宅にあるiPhoneを並べてみました。※iPhone8は借り物です

左からiPhone SE(シルバー)、iPhone8(スペースグレイ)、iPhone XS(スペースグレイ)です。iPhone8のスペースグレイとは少しだけ色合いが異なっているのがわかります。

大きさは言わずもがな他の2機種と比べると大きくなっていますね。

 

iPhone XSで容量64GBを選んだわけ

f:id:gurattoki:20180922070717j:image

今回ぼくはiPhone XSの64GBモデルを購入しました。

ストレージサイズは64GB、256GB、512GBの3モデルが用意されています。

その中でも最小となる64GBを選んだわけを少しだけ書いてみます。

ぼくの場合は以前使っていたiPhone SE 128GBを使っていました。そのときから写真・動画などのデータはiCloudにあげているので実際使っているのは30GBほど。

そんなわけで今回のiPhone XSでも64GBで運用できると判断しました。

ちなみにぼくはiCloudの50GBコースを使っていますが130円/月なので、本体のストレージ違いによる価格の差を考えればこっちのほうがオトクです。

ケースはApple純正のレザーケース

ケースはApple純正のレザーケースを購入しました。詳しくは別記事でレビュー予定。

▽レビュー記事書きました

iPhone XSとiPhone SEの比較(外観・使用感)

f:id:gurattoki:20180922070754j:image

次にiPhone SEからiPhone XSに乗り換えた筆者が感じたことについて。

ざっくり言うと以下のような感じ。

  • サイズ感はやはり大きいが大画面のメリットがでかい
  • 処理速度は体感できるレベルで早くて快適
  • 顔認証は想像以上にいい
  • ディスプレイの視認性が向上している
  • 大画面過ぎて慣れるまでは逆に違和感も

サイズ感の違いは大きいがそれに見合うメリットあり

f:id:gurattoki:20180922070752j:image

まず大きな違いはサイズ感。iPhone SEと比べるとiPhone XSは大きくて、正直片手操作は落としそうで正直怖いです。

そういうわけで携帯性の面ではiPhone SEに軍配を上げざるを得ません。

しかし、iPhone XSのディスプレイの大きさに加えて、有機ELの視認性の高さはかなりのモノ。

ぼくの場合、スマホの用途のひとつとしてブログを書くというものもあり、大画面なのはやはり魅力的です。

また、処理速度の面でもかなりの進化を感じます。

iPhone XSの処理速度向上はすばらしい

iPhone SEもiOS12へのアップデートでかなり快適に使えると感じていましたが、iPhone XSはその上をいっていることが体感できました。

いつも使うものだからこそ、この違いはとても大きくてこの点だけでもやはり最新機種の強みを感じます。

iPhone XSの顔認証は思っていたより正確で早い

気になっていたことのひとつだった指紋認証→顔認証へ変わる点。

実際に使ってみるとスピード感もあるし、暗い部屋の中でもちゃんと認証してくれたので、今のところ問題は感じられません。

ここで悩まれている方もいるかもしれませんが、ぼくの場合は許容できる、むしろ快適になった気さえしますね。

 

まとめ|iPhone XS最高でした。

こんな感じでiPhone XSのファーストインプレッションを書いてみました。

いまの所で言えば欠点は見当たらず、あえて言えばやはりサイズ感が慣れるまでは落下に気をつけたいという感じ。

それでも実際に日常生活で使うことで見えてくるいいとこ、気になるとこがあると思います。その辺の詳しいレビュー記事はまた後日。

▽実際に2か月使ってみた感想をまとめました

【iPhone XS 2ヶ月使用レビュー】iPhone SEもよかったけどiPhone XSのほうがもっといい。 - ぐらっと記