ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPad mini 5(2019モデル)レビュー|iPad mini 4ユーザーが買い換えてみた感想を語る

f:id:gurattoki:20190416065109j:image

こんにちは、ぐらっとです。

さっそくですがiPad mini 5買いました。というわけで実際に2週間ほど使ってみた感想をつらつらと書いてみたいと思います。

ぼくはiPad mini 4も所有していて今回は買い替えという形。そんなわけでiPad mini 4とiPad mini 5を比較しながらレビューしてみますね。

結論を言うとスペックアップの恩恵はしっかり感じられるし、Apple Pencilにも対応して使い勝手は向上しているしで、買ってよかったと思っています。

同じように買い替えを検討されている皆さんの参考になれば幸いです。

 

iPad mini 5 レビュー

f:id:gurattoki:20190415215049j:image

さっそく開封するわけですが、この瞬間が一番ワクワクしますよね。新しいモノを手に入れるたびに味わえるこの感覚はなんとも言えません。

f:id:gurattoki:20190415215058j:image

包装シールをペリペリと剥がして…。

f:id:gurattoki:20190415215040j:image

開封するとiPad mini 5が登場。

f:id:gurattoki:20190415215106j:image

内容物はiPad mini 5本体とライトニングケーブル、電源アダプタとなっています。

iPad mini 5 外観

f:id:gurattoki:20190415221028j:image

ここからはiPad mini 5の外観をみていきましょう。ぼくが買ったのはゴールドのWi-Fiモデルになります。

なお、ストレージは64GBのものを選択しました。iCloudもありますし、iPadになんでも詰め込むわけではないので64GBで十分。

f:id:gurattoki:20190415215113j:image

ベゼル(縁)があるので、フルディスプレイになった最新のiPad Proと比べると垢抜けなさは感じるものの、実使用には特に問題ありません。

ホームボタンも従来どおりでTouch IDを搭載しています。

個人的にはこのあたりにコストをかけて高額になるくらいなら、ベゼルありのこのデザインのままで十分ではないかと思いますね。

f:id:gurattoki:20190415215052j:image

iPad ProではUSB Type-Cを採用していたAppleですが、今回のiPad mini 5はライトニング端子のまま。

正直これは残念なポイントなんですが、iPad mini 4から端子を変更することによるコストアップを避けたのでしょうかね。

f:id:gurattoki:20190415215126j:image

ボタン周りに関しては本体側面に音量ボタン。

f:id:gurattoki:20190415215118j:image

本体上部に電源ボタン。背面カメラは出っ張っていません。

f:id:gurattoki:20190415215136j:image

同じく本体上部に3.5mmイヤホンジャックという構成です。

詳細スペックは公式ページをご覧ください。

iPad mini - 仕様 - Apple(日本)

ストレージ 64GB 256GB
価格
(税別)
Wi-Fi 46,800円 62,800円
Wi-Fi+Cellular 60,800円 77,800円
カラー シルバー、スペースグレイ、ゴールド
備考 AppleCare+:8,400円(税別)

 

iPad mini 4とiPad mini 5を比較

f:id:gurattoki:20190415221050j:plain

左:iPad mini 5 右:iPad mini 4

iPad mini 4とiPad mini 5を比較してみての感想としてはざっくり以下の通り。

  • 処理速度の違いは体感できるレベルで明らか *iPad mini 4比で3倍
  • 同じゴールドでも色合いは違う(iPad mini 5はピンクゴールドっぽい)
  • デザインはほぼ同じ

やはり処理速度の向上はかなりポイント高いですね。今までiPad mini 4でもっさりしていたアプリを開いたり、スワイプしたりするときの動作がサクサクなのは嬉しい限り。

iPad mini 5を使ったあとにiPad mini 4を使うのはちょっと...ってなります。笑

ただデザイン面では外観はiPad mini 4とほぼ同じなので新鮮さはナシ。サイズも重さもほぼ変わらず、でも処理速度は上がっているので、正当に進化していることがわかります。

ひとつ言うならカラーは同じゴールドでも少し違いますね。iPad mini 5は少しピンクがかったゴールドといった感じです。

アクセサリーもひと通り揃えました

f:id:gurattoki:20190415215102j:image

iPad mini 5を買うにあたって揃えたアクセサリー類も一通り紹介させてください。

f:id:gurattoki:20190415215140j:image

まずはディスプレイを保護する、なくてはならないガラスフィルム。

f:id:gurattoki:20190415215113j:image

NIMASOという最近よく聞くメーカーのモノを買ってみました。

貼り方はごく一般的でキレイに貼れました。表面はガラスフィルムらしく、スベスベだったので不満はありません。

f:id:gurattoki:20190415215035j:image

続いてiPad全体を守ってくれるケース。まだまだ種類が少なくてとりあえずAmazonで目に入ったESRというブランドのケースを買ってみました。

2,000円しない安価なケースで質感は値段なり。良くも悪くも普通なケースといった感想です。本命が出てくるまでのつなぎと考えれば不満はありませんし、気にいるケースが出てくるまではそのまま使うと思います。

f:id:gurattoki:20190415215132j:image

最後にApple Pencil。これを語らないわけにはいかないので触れておきます。

iPad mini系では初めてのPencil対応で喜んでいらっしゃる方が多いはず。ぼくもその一人で同時に買って試してみました。

実際に使ってみるとやはり便利なのは間違いない。

お絵かきするとなるとすこーしディスプレイの小ささが気になるようにも思いますが、やはりPencil対応というのは大きなメリットと言えそうです。

まとめ

f:id:gurattoki:20190415215122j:image

こんな感じでiPad mini 5をレビューしてみました。

iPad mini 4発売以降、iPadシリーズはフルディスプレイになってスペックも大きく進化を遂げていましたが、ぼくが待っていたのはiPad miniのサイズ感。

実際に手に入れて、iPad mini 4ユーザー目線でいろいろと感じたことを書いてみたのですが、このスペックであればPro用途でない限りそれなりに長く使えそう。

正当に進化したiPad mini 5を買ってよかったと感じていますので、これから使い込んでいきたいと思います。