ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPhone 12 mini用ケース「Frost Pro」レビュー|耐衝撃かつデザイン性も高い良ケース

f:id:gurattoki:20210702155527j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

今回は新たに手に入れたiPhoneケース「Frost Pro」をレビューしていきます。

iPhoneはケースの種類が豊富で、ぼくの場合は1つのiPhoneでもいくつかのケースを気分によって使い分けています。

今回買ったFrost Proもローテーションに組み込んで使っていこうと思えるデキでしたので、よいと思った点と気になった点をまとめて紹介していきます。

みなさんの購入検討の参考になれば幸いです。

iPhone 12 mini用ケース Frost Pro レビュー

f:id:gurattoki:20210626203514j:image

それではさっそく今回購入したFrost Proを開封していきたいと思います。

シンプルですが高級感のあるブラックの外箱。

Frost ProはCASEFINITEというメーカーのiPhoneケースになるのですが、このメーカーで有名なシリーズはとにかく薄いiPhoneケース「Frost Air」ですね。

ほんとはFrost Airも試してみたい気持ちはあるんですが、今はしっかりしたケースが欲しいと思っていたのでFrost  Proをチョイスしたという感じ。

f:id:gurattoki:20210626203454j:image

箱を開けるとサンクスカードが頭に入ってました。

f:id:gurattoki:20210626203444j:image

こういうのってなくてもいいかなと思ったりもするんですが、なかったらなかったで寂しくもありますよね。

f:id:gurattoki:20210626203458j:image

とまあ、前置きはこのくらいにしてケース本体をチェックしていきましょう。

Frost Pro 細部をチェック

f:id:gurattoki:20210626203508j:image

Frost Proはカラー展開は1色のみで、ホワイト系の半透明な色合いとなっています。

f:id:gurattoki:20210626203451j:image

ちなみに別メーカーの完全に透明なケースと比べてみるとこんな感じ。

こうやってみるとクリアケースとの違いが分かりやすいですね。

f:id:gurattoki:20210626203428j:image

この半透明で絶妙なカラーがiPhone 12 miniのホワイトとはマッチしそうな気がして、このFrost Proを買ってみました。

つや消しマットの雰囲気もかなり好みですね。

f:id:gurattoki:20210626203431j:image

ここからは細部をみていきたいと思います。

サイドの電源ボタンはうっすらと電源マークが刻印されていますが、マークがあること自体わからないくらいですね。

ちなみに写真右側にある2つの穴はストラップホールのようです。

f:id:gurattoki:20210626203425j:image

逆サイドはこんな感じ、サウンドオン・オフボタンだけは露出しますがその他ボタンはカバーされるという形になります。

f:id:gurattoki:20210626203434j:image

ケース下部はLightningコネクタ部分は広めに開口しているので、ある程度太めのケーブルでも問題なく差し込めそう。

f:id:gurattoki:20210626203511j:image

あと大事なのは重さ。公称はメーカーホームページでも記載がありませんが、実測で23gでした。

Apple純正のレザーケースが22gだったので比較的しっかりとした重みがあります。

Frost Proは耐衝撃仕様なのでこのくらいの重量感は当然といった感じでしょう。

iPhone 12 miniにFrost Proをとりつけてみる

f:id:gurattoki:20210626203447j:image

ここからは実際にiPhone 12 miniにFrost Proを取り付けてみての感想をつらつらと。

まずは全体像。半透明のカラーリングとiPhone 12 mini ホワイトはめっちゃマッチしてると思いますね。

半透明な感じがちょっと幻想的な雰囲気でかなり気に入りました。

f:id:gurattoki:20210626203505j:image

手に持った感触としては、若干大きさを感じるかなというのが正直なところ。

ホールド感は良好でサラサラしているようで、しっかり握りやすい素材なので滑って落とすリスクは低いと思います。

耐衝撃性を確保するために全体的に厚みがあるわけで、そこで薄手のケースがいいという方はFrost Airを選ぶべきということでしょうね。

f:id:gurattoki:20210626203517j:image

f:id:gurattoki:20210626203437j:image

iPhone本体とのフィット感はまったく問題なくて、ボタンの押し心地も違和感ありません。

f:id:gurattoki:20210628123909j:image

写真でうまく表現できなかったんですが、カメラ部分よりケース側が高くなっているので、カメラはしっかりと保護されます。

f:id:gurattoki:20210626203413j:image

ひとつだけ細かい点をいうと、精度の問題なのかiPhoneを表向きで置くとガタつくのが少し気になります。

このガタつきに実害があるのかと言われるとそこまで問題ないわけで、そのくらいしか悪い点がないということですね。

厚みを許容できて、このカラーが好みの方には間違いなく刺さるiPhoneケースだといえるでしょう。

まとめ

f:id:gurattoki:20210626203419j:image

こんな感じでiPhone 12 mini用ケース「Frost Pro」をレビューしてみました。

デザインもカラーも機能的にも想像を上回る満足感を得られるデキだったので、ほんとに買ってよかったと思っています。

ぜひみなさんもこのケースの良さを感じてみてほしいですね。

次はこちら:ガジェットポーチはかっこよく

f:id:gurattoki:20210408173324j:plain

iPhoneだけではありませんが、ガジェット類を収納するポーチをご紹介させてください。

ワンポイントに革があしらわれたアイテムで、メーカーは革製品で有名なGANZO。

とにかくかっこよくて、そのうえ機能性も優れた所有欲を満たしてくれるアイテムです。

ガンゾ「NALYA スクエアポーチ」レビュー|レザーとポリの組み合わせは新境地でした - ぐらっと記