ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

Apple Watch Series 5外観レビュー&ファーストインプレッション【初スマートウォッチ】

f:id:gurattoki:20191103131129j:image

こんにちは、ぐらっとです。

ついに、ついに買ってしまいましたApple Watch。

この記事では、人生で初めてのスマートウォッチとして購入したApple Watch 5の外観レビューとともに、数日使ってみた感想をまとめてみました。

正直気になるガジェットであることは間違いなかったんですが、実際のところどこまで必要なのか迷っていたのが事実。

でもそういった方の参考にもなるように記事を書いてみましたので、ぜひ最後までチェックしてみてください。

 

Apple Watch Series 5 外観レビュー

f:id:gurattoki:20191103131337j:image

まずはガジェットを買ったらお決まりの開封レビュー。

一面真っ白な外箱。

f:id:gurattoki:20191031224506j:image

初めてのスマートウオッチ、わくわく。

f:id:gurattoki:20191031224455j:image

さっそく開封。箱の中に箱のパターンですね。

f:id:gurattoki:20191031224502j:image

Apple Watch本体とバンド、2つに分かれてます。

Apple Watch本体を開封

f:id:gurattoki:20191031224524j:image

まずはApple Watch本体の方からチェックしていきましょう。

開けてみるとさっそくApple Watch本体とご対面。

f:id:gurattoki:20191031224441j:image

内容物はApple Watch本体と充電用のプラグ、あとはApple Watch専用のケーブルですね。

f:id:gurattoki:20191031224536j:image

Apple Watch本体は起毛素材のカバーにくるまれていました。普段使うことはないんだろうけど、柔らかくてよい。

f:id:gurattoki:20191031224517j:image

バンドのついていないApple Watch。こじんまりしてます。

f:id:gurattoki:20191031224431j:image

普段、ガジェットを買っても付属のケーブルを使うことはないんですが、今回ばかりはWatch専用のケーブルを使うことになります。

ケーブル長は1mということで、ひとまずは必要十分かと。

f:id:gurattoki:20191031224434j:image

続いて保護カバーを取り外し、Apple Watch本体をチェック。

今回ぼくが買ったのはスペースグレイのアルミケースで40mmのモデルになります。ほぼ黒一色でシックな印象ですね。

f:id:gurattoki:20191031224600j:image

裏面はこんな感じで、電気心拍センサーが搭載されています。

これによって心電図計測も実質可能ではあるものの、現時点では日本では心拍数のチェックのみにとどまっています。

f:id:gurattoki:20191031224513j:image

側面をみるとデジタルクラウンとサイドボタンがありますね。ディスプレイをタッチする他、こちらの2つのボタンでも操作可能です。

f:id:gurattoki:20191031224604j:image

もう側面はボタンはなくすっきりしています。

f:id:gurattoki:20191031224448j:image

ディスプレイは縁が曲面になっているので、フィルム類はつけにくそうな印象です。

Apple Watch本体はこんな感じですね。

初Apple Watch、バンドはスポーツバンドに

f:id:gurattoki:20191031224438j:image

続いてはバンド側をみていきますね。

f:id:gurattoki:20191031224557j:image

ぼくがセットで買ったのはスポーツバンドのブラックになります。

今回Amazonで購入したので選択肢としてはスポーツバンドしかなく、カラーもApple Watch本体と紐付けて指定されている状態でした。

本体がスペースグレイならブラック、本体がシルバーならホワイトのようになっていたので、その選択で問題ないのであれば、ポイントも付きますしAmazonでの購入はけっこうおすすめ。

f:id:gurattoki:20191031224510j:image

スポーツバンドの素材は「フルオロエラストマー」というなんのことだか分からないような素材ですが、これがとても強靭でありながらソフトな使い心地とのこと。

実際の使用感はまたあとで説明していますので、そちらを参照ください。

Apple Watchを使うまでの準備

ディスプレイ保護シール、ひとクセあります

f:id:gurattoki:20191031224521j:image

こちらはディスプレイを保護してくれるフィルムです。

どのブランドもレビューをみると良し悪しあったので、とりあえず買ってみたのがこのタイプ。

f:id:gurattoki:20191031224527j:image

フィルム自体はTPU素材で、やはり曲面のあるディスプレイにスマホで定番のガラスフィルムを使うのはなかなか難しそうで、ひとまず買ってみたのがこのフィルムってわけです。

f:id:gurattoki:20191031224544j:image

がしかし、このフィルムを貼ってみるとこんな感じで気泡と汚れのようなものだらけ。

5枚入りで1枚目がこの状態になったので、2枚目を貼ってみたらまたしても同じような状態に。

これはどうやってもきれいに貼れないやつじゃないかと思いつつ、ひとまずそのまま使って別のフィルムを買って貼り直そうと思っていましたが…。

f:id:gurattoki:20191031224443j:image

1日後にはほぼほぼ気泡が消えていました。

f:id:gurattoki:20191031224553j:image

そして2日後には気泡はゼロに。とりあえず捨てずに貼っておいて良かった。

Apple WatchをiPhoneと同期

f:id:gurattoki:20191031224427j:image

ひと通り外観をチェックしたところでさっそくiPhoneと同期していきます。

といっても、同期はApple WatchとiPhoneを近づけるだけで勝手にすすめてくれるのでらくちん。

数分で同期作業は完了しました。

Apple Watchを充電

f:id:gurattoki:20191031224550j:image

あとはフル充電するだけ。Apple Watch専用のケーブルを使って充電します。

スピードはそこまで速いって訳でもないですが、2時間ほどで0から100%まで到達するとのスペックなのでまあまあでしょう。

これで使用準備はできました。

Apple Watch 5 ファーストインプレッション

というわけでここからは、初めてのスマートウオッチ、Apple Watch 5を使ってみて感想をつらつらと書いていきます。

時計としての装着感はよし

f:id:gurattoki:20191104191051j:image

まずはなんといっても時計なので、装着感は大事ですよね。

その点に関してはかなり満足しています。

バンドはスポーツバンドにしたんですが、これが腕にフィットしていて、デザインとしては優れているとまでは言いませんが装着感は抜群です。

通知はとにかく便利

f:id:gurattoki:20191103202045j:image

Apple Watchを買うに当たって一番重視した。というわけではないんですが、通知のチェックをiPhoneを取り出さずに行えるのはほんと強いです。

LINEとかメールとか通知をApple Watchで確認できるので、すぐに対応必要なのか、後でも大丈夫なのかiPhoneを取り出さずに判断できるって当たり前だけど便利。

アラームで自分だけ起きられる

f:id:gurattoki:20191103202108j:image

アラームは個人的に最も重要視していた点でここ。スマートウオッチを買いたいと思った理由のひとつです。

自分だけが起きられるというのを重要視していました。実際にアラーム機能を使ってみた感想としては、とりあえず起きられます。

ただ誰しもが起きられるくらいにバイブが強いかというと、正直そうでもないというか人によってはこれだと起きないかもというレベル。

アラームをメインで考えている方はできるなら実機で一度体感してみることをおすすめします。

電池持ちは及第点、丸一日は持つ

f:id:gurattoki:20191103202126j:image

あとは誰もが気になるであろう電池持ちについて。

ぼくが数日使った感じだと、画面常時点灯の設定でとりあえずは24時間は持ちました。だいたい24時間後に30%前後残るかなっていう感じです。

これを長いとみるか短いとみるかは、既存Apple Watchユーザーかどうかで意見が分かれそうですが、個人的には及第点だと思っています。

とりあえず毎日充電が必要なのはスマホと一緒で個人的には苦になりませんし、風呂に入る前後で充電してしまえばいいわけですからね。

まとめ

f:id:gurattoki:20191103131129j:plain

こんな感じでApple Watch Series 5の外観レビューとファーストインプレッションとしてまとめてみました。

初めてのスマートウオッチということもあり、まだまだ使いこなせてはいませんが、それでももう離れられないような気がするアイテムだと感じています。

iPhoneユーザーであれば、スマートウオッチはApple Watchで決まりでしょう。これだけシームレスに連携できるなら文句ありません。

スマートウオッチ初心者のファーストインプレッションとして、参考にしていただければ幸いです。

ちなみにもうちょっと使いこなせるようになったら、また記事を書くつもりです。

【2019年最新】アラサー男子がAmazonで買って本当によかったもの10選!【随時更新】 - ぐらっと記