ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

Apple Watchの純正バンド「モダンバックル」を買ったのでさくっとレビュー

f:id:gurattoki:20191228172316j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

みなさん、AppleWatchのバンドなにを使っていますか?

ぼくはいろいろと探してみた結果、Apple純正の「モダンバックル」に行き着きました。

このモダンバックル、やはりさすがの純正でとにかく最高の一言。

ということでこの記事ではAppleWatchの純正バンド「モダンバックル」をレビューしていきたいと思います。

同じくAppleWatchのバンドを何にしようか悩まれている方の参考になれば幸いです。

Apple Watch 純正バンド モダンバックル レビュー

f:id:gurattoki:20191228172305j:image

まずはじめに触れておかないといけないのは、今回レビューするモダンバックルのサイズについて。

このモダンバックルというタイプのバンドは、Apple Watchの40mmサイズにしか適合しない点ははじめにコメントしておきたいと思います。

なぜ44mmの仕様があるにも関わらず、40mmのモデルにしか展開されていないのか不明ですが、モダンバックルを購入検討されている方はご注意ください。

f:id:gurattoki:20191228172309j:image

ここからは本題のレビューに入っていきます。

このシールをペリペリ剥がしていくの結構好きなんですよね。ガジェット好きの性でしょうか。

f:id:gurattoki:20191228172323j:image

開封すると中身はこんな感じ。

モダンバックルのバンドのみが入っており、非常にシンプルです。

モダンバックルのレザーは質感よし

f:id:gurattoki:20191228172313j:image

ぼくが購入したのはモダンバックルのブラック。

グラナダレザーという革を使っていてしなやかな素材感が特徴です。

f:id:gurattoki:20191228172337j:image

ごつごつしている感じではなくて、薄手の革。

トップグレインレザーを空打ちしてタンブラー加工されたもので、なかなかの高級感です。

 

実際にモダンバックルをとりつけてみる

f:id:gurattoki:20191228172316j:image

さっそく取り付けてみました。

AppleWatch本体はアルミのスペースグレイで、バンドはモダンバックルのブラックという組み合わせ。

f:id:gurattoki:20191228172320j:image

元々スポーツバンドをつけていて、それはそれで悪くはなかったんですが、シックな雰囲気のバンドも欲しいなと思っていたところで、こちらのモダンバックルと巡り合いました。

f:id:gurattoki:20191228172330j:image

バンドの長さは、打ち抜き穴の移動である程度は調整できますが、バンドサイズ自体が3種類(S~L)あるのでそこは自分の腕にあったサイズを選んでくださいね。

f:id:gurattoki:20191228172249j:image

バックルはマグネットになっているので、2つのバックルをカチッとはめ合わせれば完成。

f:id:gurattoki:20191228172344j:image

こんな感じでとまります。

マグネット仕様になっているんですが、外れそうな感じは全くなく安定していますね。

f:id:gurattoki:20191228172252j:image

バックル横の中央にあるボタンを押すとロックが解除されます。

てか、ブラックの質感、なかなかいんじゃないでしょうか。

f:id:gurattoki:20191228172340j:image

腕につけてみました。このバックルのデザイン、他のモデルにはない感じでなかなかよい。

また実際につけてみると締めつけ感もなく、しっくりと肌に馴染んでくれるので基本つけっぱなしのAppleWatchにはぴったりのバンド素材です。

敢えて1つだけ難点を挙げるとすれば価格でしょうか。17,000円ほどという価格はやはり安くはないので、ここを許容できるかどうかですね。

一般的な時計を考えればめちゃくちゃ高いというわけではないんでしょうが、やはりバンドのみでこの価格というのは結構強気かなと言った感じはします。

まあエルメスモデルに比べれば安いもんですし、この質感なら十分に満足できるはずなので、迷ってるなら買いだと思いますよ。

f:id:gurattoki:20191228172327j:image

ご覧の通り、やはりモダンバックル&アルミスペースグレイの相性はかなりいい感じ。

スポーツバンドとかだとちょっとカジュアル過ぎるって方には、間違いなくおすすめできるバンドだと思いますね。

サードパーティ製のどこぞのメーカーのものを買って安物買いの銭失いになるよりは、はじめからこちらのモダンバックルを買ったほうが満足度が高いことは間違いないでしょう。

40mmケース用ブラックモダンバックル - M - Apple(日本)

まとめ:やっぱり純正最強

f:id:gurattoki:20191228172320j:plain

こんな感じで、AppleWatch用の純正バンド「モダンバックル」をレビューしてみました。

今までスポーツバンドを使っていたんですが、このモダンバックルを使ってしまうともうスポーツバンドには戻れません。

実際には革製ですので、夏場に使うのは難しいかもしれませんがそう思わせるくらいにはこのモダンバックル、いいものだと思いますよ。

やはりバンドを買うなら、当たり外れのない純正モデルが最強というのが結論です。

次はこちら:ガジェットの強い味方

f:id:gurattoki:20190927203657j:plain

関連して、ガジェットを持ち歩くときは常に気になるバッテリー周りをこれ一つで解決してくれるAnkerのモバイルバッテリーです。

10,000mAhでPD対応なので、ストレスなく充電できるのはもちろんのこと、さらにこのコンパクトなサイズ感。

まさにちょうどいい、が詰まったモバイルバッテリーなので、ぜひレビュー記事をご一読いただければと思います。

Ankerの「PowerCore 10000 PD Redux」は最強のモバイルバッテリーだと思う。 - ぐらっと記