ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

スティック型でコンパクトなモバイルバッテリー|Anker PowerCore 5000レビュー

f:id:gurattoki:20180917175724j:image

こんにちは、ぐらっとです。

今回はAnker(アンカー)のスティック型モバイルバッテリー「PowerCore 5000」を簡単に紹介したいと思います。

こちらは妻用に買ったもので、コンパクトなサイズ感で普段の持ち歩き用にはピッタリですよ。

ぜひ参考にされてみてください。

 

スティック型モバイルバッテリー PowerCore 5000レビュー

f:id:gurattoki:20180917175755j:image

外箱はAnkerおなじみの白と青を基調にしたシンプルなもの。

f:id:gurattoki:20180917175752j:image

さっそく開封すると、モバイルバッテリー本体が入っていました。

この見せ方最近多いですが、やっぱりいち早く見れる方がウケがいいんだろうなと思いつつ、さらに付属品も取り出します。

f:id:gurattoki:20180917175747j:image

f:id:gurattoki:20180917175801j:image

本体はマットな質感でキズなどは目立ちにくそうな感じ。このレッド、いい色合いで気に入りました。自分用ではないけど。笑

カラー展開はこのレッドの他、ブラックとブルーの計3色の展開となっています。

f:id:gurattoki:20180917175750j:image

充電の残量はLEDランプで3段階で通知してくれます。

容量は5,000mAhでiPhone 8なら約2回充電可能。持ち歩き用と考えれば十分と言えるレベルでしょう。

主な仕様

  • 大きさ:約 108 x 33 x 33 mm
  • 重さ:約 134 g
  • 容量: 5,000mAh
  • カラー:ブラック、ブルー、レッド
  • 付属品:Micro USBケーブル、トラベルポーチ

f:id:gurattoki:20180917180152j:image

接続端子は一般的なUSB端子(Type-A)とMicro USBとなります。

エクスペリアなどのAndroid端末であれば付属ケーブルで充電可能ですが、iPhoneなどApple端末の場合は別途ライトニングケーブルなどが必要です。

サイズ感はiPhone SEより少し小さめな感じ

f:id:gurattoki:20180917175803j:image

PowerCore 5000のサイズ感はiPhone SEと比べるとこんな感じ。

もちろん横幅は狭く、厚みは厚くなります。

もっと小さいのがいい!と言う場合は、容量は小さくなりますがもう一回り小さいタイプをどうぞ。

もう一つ比較ということで、コンセント直結可能なモバイルバッテリー「PowerCore Fusion 5000」と比べてみます。

f:id:gurattoki:20180917175757j:image

細身でスティック型なので、バッグに入れていてもかさばらない大きさです。

「小さめのバッグでもモバイルバッテリーは持ち歩きたい」そんな時はこのサイズ感が重宝しそう。

まとめ

f:id:gurattoki:20180917175801j:image

こんな感じでAnkerのスティック型モバイルバッテリー「PowerCore 5000」をレビューしてみました。

Ankerの製品は安定感高いのでめっちゃ気に入っていて、ぼくはスマホ・タブレットの充電器周りをすべてAnker製にしています。

もちろん今回紹介したモバイルバッテリーもデザインやサイズ感含めて評価は高いですね。

まだモバイルバッテリーを持っていない方、サブ用にコンパクトサイズのモバイルバッテリーを探している方にはオススメできるモノですよ。