ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPhone 12 miniでエアージャケットケースを使ってみたらさすがの使い心地でした。

f:id:gurattoki:20210204173911j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

今回はiPhone 12 mini用のめちゃめちゃシンプルなケースを手に入れたので紹介してみたいと思います。

そのケースはパワーサポートのAir Jacket(エアージャケット)。

長くiPhoneケースの定番品として選ばれてきたメーカーなので、ガジェット好きな方ならその名を聞いたことがある方も多いはず。

今回のケースも正にシンプルイズベストなアイテムでした。

そんな老舗メーカーのiPhoneケースを使ってみた感想をまとめてみたので、参考にしてみていて頂ければと思います。

iPhone 12 mini Air Jacket レビュー

f:id:gurattoki:20210131192124j:image

それではさっそく届いたケースを開封していきます。

今回ぼくが購入したのは、パワーサポートのエアージャケットというケース。

ちなみにカラーはクリアを選択。もともとはApple純正のレザーケースでブルー系のものを使っているので、iPhone本体のカラーが楽しめるクリアけーすがひとつ欲しかったというのが購入の動機です。

f:id:gurattoki:20210131192052j:image

さっそく開封して思ったのは、とにかくシンプルだということ。

クリアケースだからという点も多分に影響しているとは思うんですが、ロゴも装飾もなく本当に無駄のないデザインなんですよ。

f:id:gurattoki:20210131192110j:image

各ボタン類の位置はケースがくり抜かれていますね。これがいいか悪いかについては、のちほど触れています。

f:id:gurattoki:20210131192046j:image

質感はツルッとしていて少し滑るような感触ですね。引っかかりがある感じではありません。

f:id:gurattoki:20210131192134j:image

Lightningケーブルの部分はディスプレイ側がくり抜かれています。この点、個人的には結構いいなと思っているんですがその理由は後ほど。

f:id:gurattoki:20210131192059j:image

カメラ部分は少しだけ凸になっているので、カメラ周りがしっかり保護される形状になっています。

f:id:gurattoki:20210131192128j:image

エアージャケットという名前の通りに軽量なケースで、iPhone 12 mini用だと実測で16gでした。

これならケースをつけてもそこまで重さを感じなさそう。

f:id:gurattoki:20210131192104j:image

そして実際に取り付けてみるとこんな感じ。クリアケースのよさはiPhone本体のカラーをそのまま楽しめる点ですよね。

このケースはまさにそのメリットを存分に発揮してくれます。

f:id:gurattoki:20210131192114j:image

そのひとつの特徴として、iPhone本体と接する面に細かく凸凹があるんですよ。

上記写真のリンゴマークの部分を見ていただければ分かると思いますが、細かく模様が見えると思います。

これによってケースとiPhoneの張り付きを防止して、クリアな背面を実現しているわけですね。

f:id:gurattoki:20210131192146j:image

ディスプレイ側にはわずかにツメ出ているのでそこが引っかかるような感じで、ディスプレイ側にせり出す感じではないので、ガラスフィルムとの相性は気にしなくてもよさそうです。

f:id:gurattoki:20210131192108j:image

気になる点としては、各ボタン部分がくり抜かれているためにボタンが沈み込んだ位置になってしまう点。

これによって少しだけボタンが押しにくくなってしまいます。

f:id:gurattoki:20210131192120j:image

めちゃくちゃ不便というほどではありませんが、ケース側にボタンのあるタイプと比べるとやはり多少気になりますね。

f:id:gurattoki:20210131192056j:image

もうひとつ、これは仕方ないんですがMagsafeには対応していないため、関連アイテムは使えません。

ぼくが持っているMagsafe対応MOFTは一応磁力でくっつきはしますが、接着力が弱くて実用できるレベルではないかなといった感じです。

f:id:gurattoki:20210131192138j:plain

個人的にいいなと思ったのはこのライトニング端子部分のケース形状。

ディスプレイ側が縁取られていないことによって、iPhoneロック解除するときの上スワイプがケースに引っかからなくて済むんですよね。

「分かる」と思ってくれる方がどのくらいいるか分かりませんが、この点は評価したいポイントです。

f:id:gurattoki:20210203081734j:image

ちなみにぼくはこのエアージャケットをApple純正のレザーケースと2刀流で運用していくつもりです。

どちらもいいところがあって1つには絞りきれないので、気分によって付け替えて楽しんでいきたいですね。

まとめ

f:id:gurattoki:20210131192043j:image

こんな感じでパワーサポートのiPhone 12 mini用ケース「エアージャケット」をレビューしてみました。

定番アイテムなだけあって、細部の造りは満足のいく完成度の高さでした。ぼくは純正のレザーケースと併用していくつもりです。

クリアケースを探している方にはおすすめできるアイテムですよ。

次はこちら:レザーケースならやっぱり純正

f:id:gurattoki:20201115162529j:plain

今回のレビュー記事でも触れていましたが、ぼくは純正レザーケースも使っています。

これは本当にレザーケースなら安定の存在で、過去のiPhoneシリーズでも純正のレザーケースを使っていたんですが、iPhone 12 miniでももちろん購入して結果、満足しています。

革好きな方はぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

iPhone 12 mini Apple純正レザーケース レビュー|純正ならではの安心感 - ぐらっと記