ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

iPhone 13 mini ファーストインプレッション|12 miniから乗り換えてみた感想など

f:id:gurattoki:20210926151035j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

毎年恒例の新型iPhone、今回はiPhone 13 miniのファーストインプレッションをお届けしたいと思います。

ぼくの場合はiPhone 12 miniからの買い替えで、iPhone 13 miniを購入。

12 miniから13 miniだとマイナーアップデートのような感じもしますが、実際に使ってみた感想をファーストインプレッション的に書いてみました。

購入検討されている方の参考になれば幸いです。

iPhone 13 mini ファーストインプレッション

f:id:gurattoki:20210926101746j:image

届いた段ボール箱を見てはじめに思ったのは箱ちっちゃいなという感想。

環境への配慮を全面に打ち出してきている昨今のAppleらしい変化ですね。

f:id:gurattoki:20210926101751j:image

段ボール箱を開けると、iPhone 13 miniの箱と対面。今回から外装にあったペリペリのビニールが撤廃されています。

f:id:gurattoki:20210926101800j:image

いよいよ開封、iPhone開封は毎年恒例のイベントなんですが、いつやっても楽しみというかワクワクです。

f:id:gurattoki:20210926101756j:image

外装のビニールがない代わりにこんな感じで紙で封がされていますね。こいつを剥がしてiPhone13 miniとご対面。

f:id:gurattoki:20210926101737j:image

今回ぼくが購入したのはiPhone 13 miniのスターライト、ストレージは最小の128GBモデルになります。

今回発売されたiPhone13の最安モデルということになり価格は86,800円。

最も高いiPhone 13 Pro Maxの1TBモデルと比べれば半分以下の価格なので、そう考えれば安いもんです。

f:id:gurattoki:20210926101807j:image

内容物はiPhone13 miniとUSB-C - Lightningケーブル、あとは取説やSIMピン類です。

先代の12シリーズから充電器の付属はなく、非常にミニマルな仕様になっていますね。

f:id:gurattoki:20210926101753j:image

今回の新色スターライトですが、色味としてはほぼほぼホワイトという感じ。

f:id:gurattoki:20210926160957j:plain

左:12 mini    右:13 mini

背面のカラーをみるとiPhone 12 miniのホワイトは少しピンクがかっていたんですが、今回のiPhone 13 miniは青っぽいホワイトというか、よりホワイトっぽさが増している感じです。

ぼくは今回のカラーの方が好みで、色味に関してはかなり満足しています。

f:id:gurattoki:20210926101744j:image

側面は明るめのシルバーでさらっとした感触です。

f:id:gurattoki:20210926101748j:image

側面からみて感じたのはカメラの出っ張り具合。平らな場所に置くと明らかに傾いているのがわかると思います。

ぼくはケースをつけて運用するのでこの出っ張りはそこまで気にならないですが、ケースなしで運用するとなるとかなり気になりそうではありますね。

最近のスマホはカメラが進化するのはいいんですが、その部分だけ出っ張りすぎててデザイン的には微妙な感じがします。

f:id:gurattoki:20210926101803j:image

miniシリーズはボタン類の配置は12 miniから全く変わっていません。

f:id:gurattoki:20210926101741j:image

今回もケースはApple純正のレザーケースを購入。詳しくは個別で記事を書くつもりですが、さすが安定のレザーケースです。

ということで、ここまで簡単に外観について確認してきました。これからは3日ほど使ってみて感じたことをまとめていきたいと思います。

iPhone 13 mini の使用感

f:id:gurattoki:20210926161614j:plain

iPhone 12 miniからの乗り替え視点がメインになりますが、やはり大きく変わったのはカメラですね。

というかむしろカメラ以外は、今のところ体感できる違いはないくらいな感じです。

ただそのカメラの進化具合がすごくて、話題のシネマティックモードは面白いですね。

f:id:gurattoki:20210926101753j:plain

最も使う広角カメラのセンサーシフト式手ブレ補正で、手ブレも抑えてなめらかに撮れるのに加えて、ピント送りができるので手軽にそれっぽい動画が撮れるのはうれしいですね。

ぼくの場合はこのシネマティックモードで気軽にこどもを撮れるので、使用頻度はかなり高め。

一部ではこのシネマティックモードは4K非対応でフルHDまでという点が微妙とも言われています。

ただ、別にそこまでの高画質にこだわらなくても、動画に関してはそこそこでキレイに撮れれば満足しちゃう派なので、気軽にスマホで撮れるというのは評価したいですね。

f:id:gurattoki:20210926101758j:plain

その他、重量は12 miniから若干増しているのですが、体感できるくらいの差は感じませんし、mini同士の乗り替えは稀かもしれませんがその点は気にする必要はなさそうです。

電池もちに関しては明らかに違うというわけではないものの、夜寝る前の電池残量は12 miniなら30−40%だったのが、13 miniで40−50%くらいで気持ち多く残っているような気がします。

これはある程度使ってみないとなんとも言えないので、さらに気づいた点があればまた長期レビューで書きたいと思います。

現時点ではiPhone 13 miniで期待していたカメラ性能はかなり満足していて、その他は12 miniと大きく変わらないかなという感じですね。

iPhone 13とiPhone 13 mini - Apple(日本)

iPhone 13 miniとともに購入したアクセサリ

ここからはiPhone 13 mini用に購入したアクセサリを紹介しておきますので、こちらも参考にしていただければと思います。

NIMASO iPhone 13 mini ガラスフィルム

f:id:gurattoki:20210926161614j:plain

毎度お世話になっているNIMASOのガラスフィルム、今回も購入させてもらいました。

上部のノッチ部分もすべて覆っているのでホコリがたまりにくそうなのはありがたい。カメラ部分も覆われていますが、顔認証も全く問題なく使えるので満足です。

Apple iPhone 13 mini 純正レザーケース

f:id:gurattoki:20210926101741j:image

こちらも毎回購入しているApple純正のレザーケース。さすが純正だけあって造りは文句なしです。

カラーは今回の新色であるミッドナイト、ほんの少しだけ青みがかっているのですが、ほぼほぼブラックという印象ですね。

詳しくは個別のレビュー記事を書く予定です。

まとめ

f:id:gurattoki:20210926101758j:plain

こんな感じでiPhone 13 miniのファーストインプレッションを書いてみました。

カメラ性能はハード面、ソフト面それぞれ明らかに進化していてこの点だけでもiPhone 13シリーズを買う価値はあると感じています。

もちろんProシリーズであればProMotionで120Hz対応していたり、マクロ撮影もできるようになっていたりと魅力があるんですが、miniを選ぶのはサイズ感と軽さの圧倒的な魅力があるから。

Proシリーズにはないminiの魅力が少しでも伝えられていれば幸いです。

長期レビューの記事も作成する予定なので、よろしければブックマークやツイッター(@gurattoki)のフォローよろしくお願いします!

次はこちら:ガジェットポーチの中身

f:id:gurattoki:20210917065802j:plain

iPhoneやiPadなどのガジェット好きな方なら周辺機器も持ち歩いていると思います。

もちろん、ぼくもそのうちの一人。そんなガジェットポーチの中身をまとめて紹介していますので、少しでも気になった方はこちらの記事もチェックしてみてくださいね。

ブロガーのガジェットポーチの中身を紹介してみる【2021年9月版】 - ぐらっと記