ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。

ぐらっと記

2020年上半期に買ってよかったモノ8選【ほぼガジェット】

f:id:gurattoki:20200625072533j:plain

こんにちは、ぐらっとです。

ついこの前に年が明けた気がしていましたが、2020年も早くも半年が経過するということに気づき軽くビビリつつも、今回は半期に一度の恒例行事である買ってよかったモノ紹介をしてみたいと思います。

今回は8種類のモノを選んでみました。みなさんの物欲を少しでも刺激できれば幸いです。笑

2020年上半期買ってよかったモノ

iPhone  SE(第2世代)|Apple

f:id:gurattoki:20200505102219j:plain

まずひとつ目の買ってよかったモノ、iPhone SE(第2世代)です。

これはもう説明不要かもしれませんが、最新チップ搭載・指紋認証・小型軽量、そして安い。

とにかく、今求められているものをほぼ全て詰め込んだスマホといっても良いくらいです。

f:id:gurattoki:20200627204504j:image

手に馴染むサイズ感で、これくらいの大きさがベストだとiPhone SEを使ってあらためて感じることになりました。

サクサク動いて不自由を感じる場面もありませんし、とにかくこれで十分だなというのが実際に使ってみての感想です。

唯一バッテリー持ちが悪い点は否定できませんが、ぼくの普段の使い方であれば一日は持ってくれますし、とにかく上半期買ってよかったものの中でも一番と思えるのがこのiPhone SEですね。

iPhone SE - Apple(日本)

Rakuten Mini|Rakuten

f:id:gurattoki:20200627204619j:image

iPhone SE最高みたいな話をしたあとにまたスマホを紹介するのもどうかと思いますが、Rakuten Miniも気に入って使っています。

こちらはいい意味でも悪い意味でも話題になったスマホなわけですが、実際に使ってみるとこれが結構使えるんです。

ぼくはこのRakuten Miniをサブスマホとして使っていて、用途としてはブラウジングやらSNS、それとWi-Fiルーターとしての使い方です。

f:id:gurattoki:20200627204559j:image

見ての通り、手にすっぽり収まるくらいめちゃめちゃ小さいので、スマホ2台持ちでも苦になりません。

もちろん小さいが故に文字入力は誤タッチもそれなりにあって、かなり厳しいのは事実ですが、持ち運びやすさとのトレードオフといった感じでサブスマホとして考えれば必要十分だと言っていいでしょう。

Rakuten Mini|楽天モバイル

iPad Pro 11インチ(第1世代)|Apple

f:id:gurattoki:20200622065348j:image

スマホに続いてタブレットも買っちゃいました。

買ったのはiPad Pro 11インチ(第1世代)です。

こちらのモデルは2020年春に発売された最新モデルからの型落ち品になるのですが、最新モデルとの違いはカメラの数やLiDARスキャナなどで、個人的には正直そんなに使わないであろうもの。

さらにこのiPad Pro 11インチ(第1世代)はApple公式で整備済品が出品されているので、そのタイミングを狙えば格安でiPad Proが手に入るんです。当然ながら、ぼくも整備済品を手に入れました。

今回買ったiPad Pro 11インチのスペックは64GBのWi-Fiモデルで、整備済品だと価格は税込で60,000円ちょっと。

この価格でiPad Proのほぼ新品が手に入るとなれば、かなりお買い得だと思います。

f:id:gurattoki:20200622065402j:image

実際に使ってみると、さすがProという感じでディスプレイがとにかく綺麗。

もともとiPad mini 5を使っていたのですが、リフレッシュレート120Hz(iPad mini 5は60Hz)のパワーは相当なものだと思いますね。

サイズ的には何をするにしても快適で、ぼくの使用用途は電子書籍閲覧やYou Tubeを見たりのインプットメインであとはブログを書くくらい。

それくらいの用途でProが必要なのかという話は置いといて、これは買ってよかった納得のアイテムです。

気になる方はApple公式の整備済品ページをマメにチェックしてみてください。

iPad整備済製品 - Apple(日本)

iPad mini 5 Wi-Fi+Cellular|Apple

f:id:gurattoki:20200425164912j:plain

続いてもiPadなんですが、こちらはiPad mini 5になります。

iPad Proだけでなく、iPad mini 5も買ってよかったものに入っているのは、当然ながらちゃんと理由があります。

まずぼくの場合、iPad miniは持ち運び用でiPad Proは自宅用という棲み分けで使っています。

iPad mini 5は外出時のことを考えてCellular+Wi-Fiモデルの整備品を購入。

このiPad mini 5に関して言うと、現行モデルが整備品で買えるって正直めっちゃお得だと思います。

f:id:gurattoki:20200316212850j:plain

ちなみにUQモバイルのSIMを挿して使っているんですが、これまた非常に快適に使えて大満足。

用途としては読書やブラウジング、あとはApple Pencilでノートをとったりするくらいのものですが、このサイズ感はとにかく外出時にはもってこいだと思います。

GR III|RICOH

f:id:gurattoki:20200224160747j:plain

続いてはApple製品から離れて、いつも持ち運んでいるカメラをご紹介。

高級コンデジ界隈ではおなじみ、GRシリーズ最新モデル「GRIII」です。こちらはぼくが使っているメインカメラ「EOS RP」のサブ機として使っているものになります。

APS-Cセンサーを搭載しているにも関わらず、恐ろしいくらいコンパクトにまとまっていて、スマホで撮れる写真との差別化を考えれば、このクラスのコンデジに落ち着くのかなという感じがしますね。

f:id:gurattoki:20200531140403j:plain

中途半端なコンデジを買ってもスマホカメラとの違いがわかりにくい気がしていて、それなら思い切ってGRIIIやフジのX100シリーズを買ったほうが満足感は得られるはず。

そこはこのGRIIIやフジのX100Fを実際に使ってみて感じたことですね。

f:id:gurattoki:20200301195458j:plain

このGRIII、普段からずっと持ち運んでいて、特に荷物が多くなりがちな出張時なんかはこのサイズ感が真価を発揮してくれます。

荷物にならないコンパクトさで写りも非常に満足。

ぼくはサブ機として使っていますが、これ1台で運用している方もいらっしゃるくらいに満足感の得られるカメラというのは、間違いないと思いますね。

Momentum True Wireless 2|Sennheiser

f:id:gurattoki:20200419095305j:plain

こちらはゼンハイザーの完全ワイヤレスイヤホン「Momentum True Wireless 2」です。

名前のとおり、ゼンハイザーから発売される完全ワイヤレスイヤホンとしては2代目で、初代から順当な進化を遂げているモデルです。

このイヤホン、価格は3万円台後半とかなり高価ではありますが、その価格に見合った価値を提供してくれます。

まずはなんと言っても音質、ここは完全ワイヤレスイヤホンの中では上位であることは疑いようがありません。

ぼくもよく使っているAirPods Proと比べると音質は明らかにいい。

f:id:gurattoki:20200418210655j:plain

あとは操作性の高さも評価のポイントで、外郭のロゴ部分がボタンになるのですが、これが押し込むごとに「ポンッ」という音でキチンと反応したことを知らせてくれるのが地味にいいんです。

総じて満足度の高いイヤホンで、個人的にはMomentum True Wireless 2とAirPods Proは双璧だと思いますが、音質重視ならおすすめのアイテムですね。

Presso Noir|Drip

f:id:gurattoki:20200119132138j:plain

こちらはぼくがメインで使っている財布。

Drip社より発売されている「Presso Noir」というコンパクトな財布で、コードバンという革の中でも最高級な素材を使ったモノ。

このPresso Noir、一番の特徴はなんといってもこのサイズ感です。カード類が入る最低限の大きさにすることで最小クラスの財布を創り上げています。

f:id:gurattoki:20200530163830j:plain

このサイズ感だと、どうしても安っぽくなりそうな気もするんですが、最高級の革であるコードバンを使うことで高級感も感じられるアイテムになっていますね。

写真でも分かる通り、光沢感が感じられます。もうこれがとにかく良くて、革好きにはたまらない。

それと革製品はガジェットとは違って、長く使うごとに自分の中で価値が高まっていくアイテムなので、長く愛用していきたいと思います。

Presso Noir|Drip

City Dot Backpack|INCASE

f:id:gurattoki:20200315092350j:plain

最後に、ぼくの大好きなガジェットや革製品を収納しているバッグパックを紹介したいと思います。

INCASEの「City Dot Backpack」という、コンパクトなサイズ感が魅力のアイテム。

13インチのMacBook Pro/Airがぎりぎり収納できる感じで、ぼくは以下の写真のようなものを入れていつも持ち運んでます。

f:id:gurattoki:20200314205244j:plain

このCity Dot Backpack、見た目以上の収納力で満足しているのと、裏起毛素材のポケットが豊富なのでガジェットを入れるには最適なんですよね。

f:id:gurattoki:20200309132132j:plain

出張ともなると、容量的に厳しいんですが普段使いであればなんの問題もなく使えます。このコンパクトさは何者にも代えがたい魅力です。

まとめ

f:id:gurattoki:20200625072533j:plain

こんな感じで2020年上半期に買ってよかったものを紹介してみました。

どのアイテムも見た目もさることながら、機能的にも優れたアイテムばかり。

いずれのモノにも言えるんですが、買ってよかったなと思えるモノはやっぱり最初からなんかビビッときたモノなんですよね。

こう考えると、自分の感性が少しずつ磨かれているような気がしていてちょっとうれしい気分になったりします。

今後も自分にとって、よりいいモノを見つけられるように、そして皆さんにいいモノをお伝えできるように日々暮らしていきたいと思います。

【2020年】ガジェットと革製品好きなアラサー男子のカバンの中身。 - ぐらっと記