ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。その他気になることもたまに書きます。

店員の声かけについて考えてみた話。

こんにちは、ぐらっとです。

今回は、服や家電などを店頭で見ているときに店員さんが「声かけ」してくる事に関して書いてみます。

店員の声かけ

f:id:gurattoki:20171010231530p:image

店員さんの声かけってみなさんはどう思いますか?
ぼくは、必要なときはこちらから声をかけるので、正直そっとしておいて欲しい派です。実際の所、声かけして欲しい派とそうでない派でいけば、声かけせずそっとしておいて欲しい人の方が多そうなイメージです。
しかし、お店側の立場からすれば、声かけを嫌がられるデメリットより、声かけすることによるメリットが大きいと判断しているからこそ声かけがあるわけでその理由を考えてみました。

 

 

声かけを行う理由は?

と言うわけで、お店側として声かけを行うメリットを考えてみます。

客あたりの単価アップ

おそらくは、これが1番の目的なのでしょう。アパレル店員で考えてみると、店員がついたお客さんが1つ商品を買った場合、その店員がさらにその購入した商品に合う商品を勧めてきます。

そこでさらに1つでも2つでも商品を買ってくれれば、店側としては店員が付いていない場合より多く商品が売れるわけですから、それはやりますよね。

万引き防止

これはなるほどと思いました。商品を売るだけでなく、盗まれるリスクを考慮して声かけをしているわけです。確かに声かけをすれば、私はあなたがいることを見ていますよ、と言っているのと同じ事ですからね。

お客さんが得する情報を伝えるため

これは客目線としては、ありがたい話ですね。店側としてもそこまで買う気のなかったお客さんでも、こんなに得するのであれば買おうかなと思わせることができるかもしれないわけです。

そう思わせることが出来たなら、店員さんの勝ちと言うことでしょうね。

声かけがイヤな人向け 声かけ不要バック

こんなものがあるとは全く知らなかったのですが、今回このブログを書くにあたって、少し調べてみたらとあるアパレルメーカーでは、声かけ不要な人は店頭で専用バックを持ち歩いてもらうそうです。こんな企画もやっているのですね。

賛否両論あるようで、今も行っているか不明ですが、ぼくも使ってみたいです。笑

「URBAN RESEARCH」が試験導入 「声かけ不要」バックに賛否 - ライブドアニュース

まとめ

こんな感じで、店員の声かけについて書いてみました。結局、声かけする方が得られる結果は大きいというのがメーカーの結論なのでしょうから、声かけ自体がなくなるって事はなさそうですね。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。