ぐらっと記

ガジェット・家電と革製品のレビューブログ。その他気になることもたまに書きます。

【財布】コンパクトな「L字ファスナー」が欲しくて調べてみた話。【革製品】

こんにちは、ぐらっとです。

今回は、最近いいなと思っている「L字ファスナー」の財布について調べてみたので、紹介してみます。

L 字ファスナーとは?

 L 字ファスナーとは言葉のまま、L字型のファスナーがついた財布のことです。

大きさとしては、長財布と同じサイズで紙幣を折らずに使用出来る大きめのモノと、小さめの携帯性に優れたタイプのモノがあります。

 今回紹介するのは、僕が欲しいと思っている小さめのタイプのものです。

今は長財布を使用しているのですが、それが初の長財布で持て余している(大きすぎる)気がしていて、買い換えを検討する中で、L字ファスナーを見つけました。

以下、個人的に欲しいなと思ったモノをいくつか紹介していきます。

まだ実際に購入はしていませんが、こうやって調べているうちにどんどん欲しくなってきたので、近いうちに購入してしまいそうです。笑

 

 

 土屋鞄 ナチューラ ヌメ革Lファスナー

こちらは革製品で有名な土屋鞄の製品です。

  • サイズ:縦 9.8×横 12.6×厚さ 1.7cm
  • 重さ:約80g
  • 材質:ヌメ革(本牛革)
  • 価格:5,500円(税込)
  • カードポケット:特になし

価格もリーズナブルで、とても人気の商品のようです。なんといっても土屋鞄製なので、安心して買うことが出来そう。

ヌメ革なので、革製品独特のエイジング(経年変化)も楽しめそうですね。

かなりコンパクトで、カードポケットはありません。その点を許容出来るのであれば、このLファスナーがよさそう。

 

土屋鞄 ディアリオ ハンディLファスナー

www.tsuchiya-kaban.jp

こちらは、先ほど紹介したナチューラ ヌメ革Lファスナーと同じく土屋鞄の製品です。

  • サイズ:縦 8.8×横 11.6×厚さ 1.9cm
  • 重さ:約85g
  • 材質:オイルメロウレザー
  • 価格:12,000円(税込)
  • カードポケット:2ヶ(各々に複数枚入れることが可能)

こちらは、ナチューラとは材質が違い高級感があるような気がしますね。

また、ナチューラには無かったカードポケットがついています。どちらかというと、僕はこちらの方が好みですね。

ただ、こちらの商品かなり品薄なのでなかなか手に入れるのも大変のようです。

 

追記:このディアリオ ハンディLファスナーを買おうかと思いましたが、品薄すぎて断念しました。

 

PORCO ROSSO L字ZIP財布 

こちらは、PORCO ROSSO(ポルコロッソ)というブランドの製品です。

  • サイズ:縦 8.5×横 12.0×厚さ 2.0cm
  • 重さ:約120g
  • 材質:オリジナルレザー(牛革)
  • 価格:16,200円(税込)
  • カードポケット:6ヶ

 このメーカーは土屋鞄と比べるとマイナーな気がしますが、個人的に好きなブランドで、コインケースやキーカバーはこちらのモノを所有しています。

カードポケットに1枚ずつ入れられて、小銭入れの部分も飛び散らないようにフラップがついている点が気に入りました。

今のところはこれが一番の候補ですね。

 

追記:こちらのポルコロッソL字ZIP財布を購入しました。結果として質感もよくてかなり満足しています。

f:id:gurattoki:20171208060047j:image

▽詳細なレビュー記事はこちらからどうぞ。

 

kissora L字ファスナー KIPT-037

 こちらもkissora(キソラ)というブランド、土屋鞄と比べればそこまで有名では無いと思いますが、僕はキーケースを持っており、とても気に入っていますのでL字ファスナーに関しても調べてみました。

  • サイズ:縦 9.0×横 15.0×厚さ 1.5cm
  • 重さ:約78g
  • 材質:牛革
  • 価格:10,260円(税込)
  • カードポケット:13ヶ(フリーポケットを含む)

こちらはたまたま、実際に店舗で見ることが出来たのですが、少しサイズ感が僕の求めているモノより大きかったですね。ただしその分、カードポケットも多く大容量になっています。

ちなみに、こちらのブランドはレディース向けのモノが多いのですが、男性でも全然使うことが出来ると思います。(実際に僕はキーケースを使ってますので)

 

まとめ

こんな感じで、「L字ファスナー」の財布について紹介してみました。おそらくこの中のいずれかを購入しますので(笑)、またその時にはレビュー記事を上げたいと思います。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 あわせて読みたい!

gurattoki.hatenablog.com