ぐらっと記

ガジェット、革製品、家電、旅行など。いろいろ自由に書いてます。

手軽にカメラをWiFi化!東芝製SDカード「FlashAir」を使ってみた感想。

こんにちは、ぐらっとです。

今回は、僕がカメラに使用している東芝SDHCメモリカードFlashAir(フラッシュエアー)」について話してみたいと思います。

このカードには、カード自体に無線(WiFi)機能が備わっており、カメラ本体にWiFi機能がなくても、カメラからスマホなどに直接写真を取り込むことが出来るという便利なものです。

購入から数か月間、実際に使ってみた感想などを紹介していきたいと思います。

 

 

FlashAirとは?

冒頭でお話しした通り、無線機能をもったSDカードです。カメラに無線機能がないと、スマホに写真を取り込みたいと思っても毎回カメラからSDカードを取り出して、パソコンに取り込んで…と手間のかかる作業が必要になってしまいます。

それを解消できるということで人気のあるSDカードになっています。

f:id:gurattoki:20170916184810j:image

僕が使用しているCanon EOS kiss X7というカメラは、WiFi機能がありませんのでこのSDカードの存在を知ったときにこれは買うべき!ということで即決しました。笑 

なお、僕の持っている「W-03」という型番では、容量が8GB,16GB,32GBとあります。僕は32GBを購入しました。写真を撮るうえでは、容量はできるだけ気にせずに撮りたいですからね。

使い方

あらかじめ、写真を取り込みたいスマホなどの端末に専用アプリをダウンロードします。

iPhone(iOS)の場合はこちらからインストール。

FlashAir™ iOSアプリ|東芝:パーソナルストレージ

Androidの場合はこちらからインストール。

FlashAir™ Android™アプリ|東芝:パーソナルストレージ

どちらの場合も使い方の詳細情報も載っています。

実際に使ってみての感想

 というわけで実際に使ってみた感想です。

Wifi接続できる便利さ

この「FlashAir」を購入する前は、パソコンにデータを取り込んでそこからスマホへと面倒だった作業が、カメラから直接取り込めることによりめちゃくちゃ便利になりました。

僕のような面倒くさがり屋には最適なアイテムだと感じました。笑

転送速度は?

あくまで体感ですが、僕の使用環境では1~2MB/sくらいのような感じがします。スピードはそれなりかなって感じです。もっと早いに越したことはないですが、WiFi化できているだけで満足ですし、この点は不満ありません。

WiFi接続ができない時がある(不安定?)

 僕はiPhoneで使用しているのですが、体感として3~4回に1度くらい、WiFi接続時にFlashAirが接続先として現れない(下記画像のネットワーク選択画面に現れない)という現象が起きます。

東芝ホームページから引用しているため、画像ではosのバージョン自体が古そうですがこの点は無視してください。

f:id:gurattoki:20170916195038j:plain

何度かiPhone側のネットワーク選択画面を立ち上げなおすと、選択可能になり、その後は安定して接続するのでいいのですが、少しだけストレスですね。

まとめ

こんな感じでカメラを手軽に無線化できる東芝SDHCカード「FlashAir」を紹介してみました。最新のカメラであれば、WiFi機能を備えていますが、僕の使用しているEOS kiss X7のような少し古い機種には、最適なSDカードでおすすめですよ。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

 

あわせて読みたい

gurattoki.hatenablog.com