ぐらっと記

ガジェット、革製品、家電、旅行など。いろいろ自由に書いてます。

Mr.Childrenファンが映画「君の膵臓を食べたい」を観た感想。

こんにちは、ぐらっとです。

今回は、映画「君の膵臓を食べたい」(キミスイ)を観てきましたので、その感想を少しだけ書きたいと思います。本編の内容には予告されている内容程度しか触れませんので、一応ネタバレはないと思います。

kimisui.jp

 主題歌 Mr.Children 「Himawari」

これが、この映画を見た最大の理由です。僕はMr.Childrenのファンなので、映画館の大音量で「Himawari」を聞きたいなと思ったわけです。

出演者に関しては、高校生役の方などは正直ほとんど知らなかったものの、映画自体の評判はそこそこ良さそうだったので、期待して観に行きました。

実際に見た感想

実際に見た感想としては、 「Himawari」はこの映画に描き下ろしされた曲なので当然ではありますが、まさしくぴったりな曲だと感じました。僕は、この曲に主人公とヒロインの関係性が見事に描かれているように感じました。僕の中ではもともと先日のCD発売当初から「Himawari」が好きな曲になっていたのですが、今回映画を見てさらにこの曲を好きになりました。是非、映画館に足を運んで頂いて体感してもらえればと思います。

映画の内容自体もキャッチフレーズである「ラスト、きっとこのタイトルに涙する」の言葉通りで、僕は感動することが出来ました。

なおこれ以上の詳細はネタバレになるので避けたいと思います。

 

 

まとめ

 こんな感じで、僕はMr.Childrenのファンだという理由で観に行ったわけですが、そんな人でも楽しめる作品だと感じました。もしミスチルのファンで、行くのを迷われているという方は観に行かれてはいかがでしょうか?